アメリカ独立戦争は、1781年に独立軍がイギリスに勝利し、1783年のパリ条約でイギリスはアメリカと講和条約を結んで13植民地を正式に「アメリカ合衆国」として認めました。. 1763 2月10日 パリ条約。フレンチ・アンド・インディアン戦争終結。イギリスはカナダ、ミシシッピ川以東のルイジアナ、フロリダ、西インド諸島の一部を獲得1763 5月7日 ポンティアック戦争(~11月28日)1763 10月7日 国王宣言発布ジョージ1764 4月5日 砂糖法制定1765 3月22日 印紙税法制定1765 3月24日 軍隊宿営法制定1765 8月 「自由の子供たち」印紙税法反対運動を展開1765 10月7日 9植民地代表による印紙法会議で反対宣言「権利と苦情の宣言」を採択。この後、イギリス製品不買運動広がる1766 3月18日 印紙税法撤廃。植民地に対するイギリスの主権確認を声明した宣言法制定1766 8月 チャールズ・タウンゼンド、チャタム内閣の蔵相に就任1767 6月29日 タウンゼンド法制定1768 2月11日 マサチューセッツ議会、タウンゼンド諸法を非難する「マサチューセッツ回状」を出す1770 3月5日 ボストン虐殺事件1770 4月12日 タウンゼンド関税、茶条項を除き廃止。軍隊宿営法の満期廃止を承認1772 11月2日 ボストンで通信連絡委員会が結成される1773 5月10日 茶法制定1773 12月16日 ボストン茶会事件1774 3月31日 懲罰諸法の最初としてボストン港閉鎖法制定1774 5月20日 マサチューセッツ統治法によりマサチューセッツの特許状を停止。裁判運営法により国王官吏の裁判権を本国に移管1774 6月2日 全植民地に軍隊宿営法制定1774 6月22日 ケベック法制定1774 9月5日 第一回大陸会議1774 10月18日 イギリス製品に対する大陸不買同盟結成1775 3月23日 ヘンリー、バージニア議会で、「自由か死か」の演説1775 4月19日 レキシントン・コンコードの戦い。独立戦争開始1775 5月12日 第二回大陸会議1775 6月17日 バンカー・ヒルの戦い1775 7月6日 大陸会議、「武器をとる理由と必要の宣言」を出す1776 1月15日 ペイン『コモン・センス』刊行ベストセラーとなる1776 7月2日 大陸会議、独立を決定1776 7月4日 「アメリカ独立宣言」を公布。この年、ニュー・ハンプシャーなど8邦で邦憲法制定1777 6月14日 星条旗を国旗とする1777 10月17日 サラトガの戦い。バーゴイン将軍指揮下のイギリス軍敗れる1778 2月6日 フランスと和親・通商条約米仏を締結1778 7月10日 フランス、対イギリス宣戦布告1778 12月29日 イギリス軍の南部作戦開始(~1779年6月)1779 6月21日 スペイン対イギリス宣戦布告1781 3月1日 連合規約発効1781 8月30日 ヨークタウンの戦い(~10月19日)。アメリカの勝利確定1782 9月27日 パリで和平会談開始1783 1月20日 平和予備条約発効1783 9月3日 パリ平和条約。独立戦争終結1786 1月16日 バージニア信教自由法制定1786 8月 シェイズの反乱(~1787年2月)1787 5月25日 連邦憲法(アメリカ合衆国憲法)制定会議開催1787 7月13日 北西部土地条令制定1787 9月17日 連邦憲法(アメリカ合衆国憲法)草案成立1787 10月27日 『ザ・フェデラリスト』刊行開始1788 6月21日 ニュー・ハンプシャーが9番目に連邦憲法を批准し、憲法が発効1789 1月7日 第一回大統領選挙開始1789 3月4日 第一回連邦議会開会, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例. ‚éƒCƒ“ƒfƒBƒAƒ“‚Ƃ̊Ԃōs‚í‚ꂽBŒÝ‚¢‚ÉŒˆ’è‘Å‚ðŒ‡‚¢‚½‚Ü‚Ü—¼‘‚͔敾‚µA1814”N12ŒŽ‚ɍu˜a‚µ‚½BƒAƒƒŠƒJ‚̓Cƒ“ƒfƒBƒAƒ“‚©‚çL‘å‚È“y’n‚ð’D‚Á‚½B, yƒAƒƒŠƒJ‘‰ÌiStar-Spangled BannerF¯‚Ì‚«‚ç‚ß‚­Šøjz@ƒƒŠ[ƒ‰ƒ“ƒhBƒ{ƒ‹ƒ`ƒ‚ƒA‚̃}ƒbƒNƒwƒ“ƒŠ[—vÇ‚É—§‚Ä‚±‚à‚Á‚½ƒAƒƒŠƒJŒR‚ɁAƒCƒMƒŠƒXŒR‚ÍŒƒ‚µ‚¢ŠÍ–CŽËŒ‚‚ð‰Á‚¦‚½BƒAƒƒŠƒJŒR‚Í‚±‚ê‚É‘Ï‚¦‚½B—‚’©AÔ‚̏ã‚ɂЂ邪‚¦‚鐯ðŠø‚ð–Ú‚É‚µ‚½ƒXƒRƒbƒgEƒL[‚́A¯ðŠø‚ðÌ‚¦‚鎍‚ð‰r‚ñ‚¾BŒã‚ɃƒƒfƒB‚ª‚‚¯‚ç‚ê‚ăAƒƒŠƒJ‘‰Ì‚Æ‚È‚Á‚½B. 〒350-0493 埼玉県入間郡毛呂山町中央2丁目1番地 , tel:049-295-2112(代表) fax:049-295-0771 E-mail:hisyo@town.moroyama.lg.jp, 業務時間:月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日及び年末年始を除く), ※毎月第1土曜日の午前中、高齢者支援課・住民課・子ども課・福祉課・税務課で「土曜開庁」を実施しています(年末年始を除く)。, 親子で学ぶ基礎学習 ~うごいてまなぶ~, 語呂合わせ 世界史 (YouTube埋め込み), 歴史 語呂合わせ世界史25 1775 アメリカ独立戦争, 歴史 語呂合わせ世界史25 1776 アメリカ独立宣言, 歴史 語呂合わせ世界史25 1783 アメリカ独立達成, 歴史 語呂合わせ世界史25 1788 アメリカ合衆国憲法施行, 歴史 語呂合わせ世界史25 1806 米英戦争, 語呂合わせ 世界史25 アメリカ独立戦争. 株式会社ゆうちょ銀行および日本郵便株式会社が発行するプリペイドカード・デビットカード。国際的なクレジット決済ブランドであるVisaの加盟店で利用できる。年会費は無料で、満12歳以上(小学生を除く)のゆ... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 アメリカ独立戦争( The American Revolution) 年表に戻る 1776年7月4日、独立宣言が読み上げられたマサチューセッツ州会議事堂(ボストン) 1775年年4月、ボストン郊外のレキシントン(Lexington)とコンコード(Concord) でイギリス軍と植民地軍が衝突、独立戦争が始まった。 アメリカ独立戦争 (アメリカどくりつせんそう、 英: American War of Independence )は、 1775年 4月19日 から 1783年 9月3日 までの、 イギリス 本国( グレートブリテン王国 )とアメリカ東部沿岸のイギリス領の 13植民地 との 戦争 である。. アメリカ建国のきっかけは、本国イギリスが植民地に様々な税金をかけたことでした。15世紀にコロンブスがアメリカ大陸を発見して以降、アメリカ大陸にはヨーロッパ各国からの移住者が増え、植民地での支配を巡って何度も戦争が繰り返されます。 1776年7月4日、独立宣言が読み上げられたマサチューセッツ州会議事堂(ボストン) 1775年年4月、ボストン郊外のレキシントン(Lexington)とコンコード(Concord) でイギリス軍と植民地軍が衝突、独立戦争が始まった。「1発の銃声が世界を変え … アメリカ独立戦争のきっかけと流れをわかりやすく!フランス革命にも大きな影響を? 公開日 : / 更新日 : この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。 フランス革命に大きな影響を与えたアメリカ独立戦争についてお伝えします。 No reproduction or republication without written permission. 今回はアメリカ独立戦争についてです。このアメリカ独立戦争の原因は、簡単に言ってしまえば、本国イギリスの税金のとり方などに不満を抱いたアメリカの人々が立ち上がったのがきっかけですが、その経過を少し詳しく見てみましょう。 独立戦争開始 1775 5月12日 第二回大陸会議 1775 6月17日 バンカー・ヒルの戦い 1775 7月6日 大陸会議、「武器をとる理由と必要の宣言」を出す 1776 1月15日 ペイン『コモン・センス』刊行ベストセラーとなる 1776 7月2日 大陸会議、独立を決定 1776 7月4日 「アメリカ独立宣言」を公布。 アメリカ大陸諸国の独立年表(アメリカたいりくしょこくのどくりつねんぴょう)とは、北アメリカ、南アメリカ諸国の独立に関する年表である。 1775年 アメリカ独立戦争勃発 レキシントン・コンコードの戦い 植民地側の軍事物資を押収する為に、イギリス軍が出動したのを機に、戦闘が開始された。 植民地とイギリスの最初の武力衝突で、独立戦争の始まりとなった。 1776年 アメリカ独立宣言 アメリカ独立戦争( The American Revolution) 年表に戻る. ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 歴史 語呂合わせ世界史25 1775 アメリカ独立戦争 [2012年2月10日 登録] 歴史 語呂合わせ世界史25 1776 アメリカ独立宣言 [2012年2月10日 登録] 歴史 語呂合わせ世界史25 1783 アメリカ独立達成 [2012年2月10日 登録] また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。