まず、メリットとして挙げられるのが、「アクセス」できる範囲が大きく広がったことである。米軍で働くことにより、戦略から運用、組織などに関して、通常では知り得ないことを知る機会が多くあった。米軍以外の海外の軍隊や政府との交流も盛んで、我々教員も学生を率いて様々な機関と会議をこなした。 将来の米軍を率いることになるエリート佐官と毎日仕事をすることにより、彼らの考え方や個々の性格、癖、そして …

アイロンタイプも剥がれてしまう時があるので、一応糸で数か所留めていますが、私のやり方だと表に糸が見えてしまい、気になります。 ”ブラックホークダウン”をみたときも、バズカー砲のようなもので狙われたときに周囲に知らせる言葉もあったような..., 公式サイトより

    日本だと「鬼曹長」、アメリカの軍隊では drill sergeant 「訓練係の軍曹」(下記)などと呼ばれます。  ただ、再任用という制度があり、希望すればまた一任期自衛官として勤務できるわけです。今度は陸・海・空すべて2年間です。階級は士長のままです。でまた2年間たてば退官です。三期目も任官可能です。

 

(@akiko_happygo) December 2, 2010, しかし…個人的には日本史(近代)やるときには、学制の変遷とか基本大学は無試験だけどそのルートの話とか、軍事訓練の単位貰って試験したら学徒出の将校になれるよ、とかそもそも軍隊の事務的基本(所属人数・階級など)基本スペック教えるべきだよな…, ミリオタの為のミリオタ企画が欲しいです先生。階級ごとにキャラの年齢制限は必須だな。あと人数制限。支給武器固定で配属先は基本変更不可。最低でもこれくらいの縛りないと軍隊ものは不可能だろ…。, 進撃の世界は師団くめるだけの人数いるのかな…兵長の戦闘力が一個旅団でしょ?調査兵団そんなに人数いる…?いるとしても出てくる役職を見るに軍隊の階級概念なさそう。分隊長とか班長じゃないかな。したら兵長って団長の下でいいんじゃないかな。実質No.2で。調査兵団内では…!, 銀河英雄伝説を見て、20000隻とか信じられない兵力がしばしば登場するけど、一人の人間が指揮できる人数の限界は何人なんだろう。実は、軍隊の階級は人が指揮できる能力を表しているらしい。, — うんちく軍師官兵衛@福岡マラソン参加 (@Call_Me_Michy) September 23, 2013, 銀英伝の世界は階級が20世紀の軍隊とおんなじだけど左官クラスまでは指揮する人数に大差ないようだけど将官になると桁違いになるよな。大丈夫なのか, — ヨシダゾック (@antonioyosida) August 17, 2014, @utOak 普通どこの軍隊もピラミッド構造になっていますが、このグラフを見れば分かるように、自衛隊は裾の「士」の階級の人数がまったく広がっていません。. ながくなりましたが、結局は日本と日本軍の構造上の問題なのです。

平たく言えば『がんばったで賞』の記念として付けるものです。 ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/i/jackie/mil/usa/cib.html, 三八式銃とは、明治38年 に発明された旧式の銃らしいですが、 罷免--免職と同じで、辞めさせる事. どんな意味があるのでしょか? 1さんが言ってらっしゃるのはおそらく勤続10年・25年のもののことでしょう。 イラク派遣に参加した、などというのもあります。

となりますが、WWII以前のA-2ジャケットなどはネームパッチがないため、左胸にスコードロンパッチが縫付けられています。

Fuck Up Beyond All Recognition・・・何から何までめっちゃくちゃ。見るも無惨な大失敗。

アメリカ軍の階級章は、銀が上? 大量に余っていたとしても新式に鋳直せばよいだけのことです。 参考URLはアメ横の中田商店さんのサイトです。 からではないかと推測します。 →http://www.phantom-web.com/database/bdu_exp/ Fuck Up Beyond All Recognition・・・何から何までめっちゃくちゃ。見るも無惨な大失敗。

http://eow.alc.co.jp/search?q=sergeant

国力と軍事力の兼ね合いが著しく悪いとも見れます。海軍でもいえますが、国力以上の軍事費は維持費や更新費用の面で国家を破綻させます。弾薬についてもそうです。自国の国力でまかなえる以上の弾薬を使う軍隊を持てば、補給にひずみが生じて、供給が追いつかなくなります。

アメリカ軍の階級章で、同じ形で、色が違うもの 皆さんのやり方を教えてください。, 透明のナイロン糸で留めています。

参考URL:http://www.warmovie.com/movie/SPR/faq.html, 公式サイトより

・左胸―U.S.AIR FORCEなどの長方形のネームパッチ

WW2の時などは戦地毎かも知れません もう一つ質問ですが

日本において三八式が評判が悪いのは、本来的に責任はない三八式に、日本の抱える問題を添付してしまっているからです。結局問題は日本自体にあるのです・・・

話の流れとは全く関係ありませんが色にちなんで赤いきつね・緑のたぬきと呼んでいます。 ベトナム戦争は長期に渡ったので部隊が2度目の従軍をした

WWII時代にはスコードロンの数は1226にも達していたと言われますが、そのすべてのパッチのデザインは把握できません。 「RPG!」ですね。

どうも、銀が、金より上のようです。

 一任期は陸自が2年、空自・海自が3年です。3ヶ月の教育隊勤務が終わると一士として正式な自衛官に任官されます。その任期中に士長まで昇進します。しかしその名の通り任期が終わるといったん退官しなければなりません。徴兵制の軍隊であれば兵役義務完了というわけです。 新しいともいえませんが、それほど古いともいえません。つまり、ボルトアクション式では、すでに三八式は「決定版」ともいえる代物だったのです(No12の方が言っているように日本人にとって扱いやすいのも大きい)。  なので、2-3任期目ともなると優秀・真面目な自衛官には曹候補生試験を受ける様にという勧誘が行われます。自衛隊にしても士長上がりのベテランの下級指揮官として重宝します。 参考URL:http://www.af.mil/search/gallery.asp?mediaType=2&galleryID=102, アメリカ海兵隊には>>名誉階級などの例外を除いて同じ階級のまま10年以上勤務する事はできない、とあります。自衛隊でも陸士長は曹の階級に出世できないと入隊数年で解雇されると書いてありました。自衛隊と米軍以外でこんな階級や出世の厳しい軍隊ってほかにありますか?, 自衛隊に関してはこういう事です。 ミッションと言うより戦争ではないでしょうか?

ちょっと前に、"戦火の勇気"をみたときも、そのような掛け声を聞きました。  リンク先を元に説明します 具体的にはどんな意味なのでしょうか? どうしてでしょうか?

これは不思議なことです。 ・左肩―インシグニアマーク

 一般に軍隊は職業軍人と兵役がある国なら「徴集兵」ない国なら「志願兵」に大別されます。自衛隊も同じでして、「職業自衛官」と「任期制自衛官」に別れます。 参考URL:http://www.nakatashoten.com/special/afp/index.html, 基本的には、 因みに『付けることができる』もので『付けないといけないもの』ではありません。 アメリカの軍には、陸軍、海軍、海兵隊、空軍、沿岸警備隊の5つの部門が存在しています。 まずはアメリカ軍の階級から説明したいと思います。 アメリカ軍の階級とは、上下関係や指揮系統と格付けした制度のことを指します。 アメリカの軍においては、階級は大きく士官、准士官、下士官、兵の4つに分けることができ、そしてそれぞれの区分の中でさらに細かく分類されています。 諸外国のようにそれらの「補助兵器」として使うならば十二分の性能だったでしょう。 なにか特別なことがあったのでしょうか? よく「日本の技術力は世界一だった。アメリカに物量で負けた」なんていう人がいますがこれは大間違いです(空技廠から上がってきた航空機の図面で、「この部分は鋳型をつかった鋳造で」となっていても金型が作れずに削り込み部品にしたというのはよく聞く話です。つまり当時の技術はその程度)。

当時、日本の技術力はとにかく欧米に追いつけということでタッチアップを図っていましたが、まだまだ追いついていません。

アメリカ軍の階級章は、銀が上?te-taroともうします。アメリカ軍の階級章で、同じ形で、色が違うものがあるのですが、どうも、銀が、金より上のようです。普通、金のほうが上だと思うのですが、どうしてでしょうか?歴史的背景がありそ

一回従軍したと数えるのか、詳しい方教えて下さい。, 参考URLに受賞の定義があります。  米軍も志願兵制度ですから全く同じ理由です。格別米軍や自衛隊が厳しいわけではありません。どこの国の軍隊でも一緒です。使い捨ての兵隊は若くて従順で体力があればあるほど望ましいのです。 ・左胸―U.S.AIR FORCEなどの長方形のネームパッチ

『コンバット』で有名な“チェックメイト・キング・2”というコードネームも実体は「KC2」のことです。

現に戦闘機などはどんどん改良を重ねています。