A列に枠連の番号...続きを読む, 申し訳ないのですが私は EXCEL の知識が全くないんです。 私がよく使っているサイトです。 20080823  3    3   3 【2】http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/ 過去の参加R、競馬場、距離、ダートか芝か、タイムなどのデータが つまり各レースの結果をそれぞれのレース別に分けたシートの指定のセルに貼り付けるということを、自動取得で出来ないでしょうか? マクロコードにはどんな動作をさせてるコードなのかも書いて頂けるとありがたいです。       .Cells(i, 7).Value = Time Next i, w

 もしこのプログラムが理解できないのであれば、私にはお手伝い出来ません。

Ozz(n, 2) = Format(Wozz, "#.0") ・『指数』って分かりますか?   Dim iKai As Variant ある範囲のせるを検索して、その隣のセルの値を取得するという関数を探しています。 Private myTime As Date  競馬の予想ソフトを作ろうとしている方が、これを EXCEL に移植出来ない。なんて信じられません。 エクセルのスケジュール表やカレンダーなどで土曜日と日曜日のセルにだけ色を付ける方法を初心者にもわかりやすく解説。日付・曜日・書式(色分け)を自動設定する超便利ワザを紹介します。 【4】http://www.yahoo.co.jp/  QueryTables の操作は、当該シート を離れると、記述が厄介になりますので、Sheet2 に 実行マクロ を書いて、その マクロ を CommandButton*_Click() で呼び出すようにしました。 初歩的な質問だと思いますが、検索しても分からなかったので、よろしくお願いします。, 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません     For Each sh In Worksheets エクセルの表では連番を作成することは非常に多いです。 表が長くなればなるほど連番がないと件数などが把握しずらくなるので、表を作ることは連番を作る作業とセットだと思ってもいいんじゃないでしょうか。 その連番はオートフィルなどを使え... 表に入力した連番は行削除などで連番が崩れてしまい、連番の再入力が必要になります。そんな時には、オートフィルター、削除、非表示行があっても正しい連番を自動入力してくれるSUBTOTAL関数を使ってみましょう!, SUM関数で小計を合計しようとすると、小計の位置を1つずつ指定する必要があるので結構面倒で間違いやすいです。今回は小計を簡単に合計できる関数を紹介します。小計が増えても範囲の再指定も必要ないので、かなり便利ですよ。, エクセルで表を作ってオートフィルターをかけたりすると、見えてない行まで含めて計算されてしまいます。今回はオートフィルターや行の非表示によって『見えている行だけ』を計算する方法を紹介します。.     .WebFormatting = xlWebFormattingNone       .Activate 自分の好きな様に表示を変えてください。(有効オッズで0になる事はありません!) 可能ですし、オートフィルタで、さまざまなデータが即、集計出来ますよ。       End With End Sub, こんにちは。 最新のオッズをオッズ道楽などで取得してエクセルのマクロボタンなどでセルにコピーするにはどうしたらよいでしょうか? Uozz = Val(Mid(馬Data(uma1), 6 * (uma2 - 1) + 4, 6)) / 10           Exit Sub

    .RefreshOnFileOpen = False  2.43×0.0000000000000000001だから、 01:------000151000055000234000524000036000235 枠連(馬連)1-1=オッズなし(------) ※SUMPRODUCT(ROW(A1:F200)*(A1:F200=X1)) ⇒ A1:F200で値がX1と一致するセルの行番号     .FillAdjacentFormulas = False       Else For uma1 = 1 To tousu - 1 最大3場開催なので、36シートあります。

・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000         iKaisai = Format$(.Cells(i, 4).Value, "00")       .AdjustColumnWidth = False マクロで出来るならそのマクロコードを教えてください。 枠番(ban) = w 【作業の段取り】 End Sub  For Each セル In 検査範囲 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。後は、下方向、右方向にコピー。 '元データ ダミーシートから切り分けることの問題ではなく、受け取る側のシートの配分なのです。ビジネスの場合、同じような質問は、それは、ほとんどが、月度とか、明確に分類が知られていているので出来るのです。     '2行目からです。   Dim myURL As String 【クエリ デーブル の最終行の取得】 =IF(COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)>=ROW(A1),INDEX(Sheet1!A:A,LARGE(INDEX((Sheet1!$C$1:$C$500=$A$1)*ROW(Sheet1!$C$1:$C$500),),COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)-ROW(A1)+1)),"")     Next i Sub ImportKeibaData() IPAT Entry2 5.6.0 フリーソフトでJRA IPATに自動ログイン、投票時も金額等自動入力でワンクリックに解決 (15.06.16公開 981K) ; エクセルで競馬予想JRA出馬表&成績読み込み 7 エクセルでmdbデーターを読み込む競馬予想ソフト (12.07.17公開 742K) ; 資金配分電卓 OzzCalc 競馬版 2.03 オッズによって配当が均 …   End With   Sheets("Sheet2").Select 枠連(馬連)1-2=15.1 上記すべてのwebページの内容をコマンドボタンワンプッシュでSheet2のA1セルから下へ順に反映させたいといった感じです。 というような コード が現われます(「*」の部分は数字)ので、その2行の「間」に     myURL = Sheets("Sheet1").Cells(i, "B").Value     .WebSelectionType = xlSpecifiedTables 回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが ・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む, Excelの関数について質問します。   Dim a As Range     .WebDisableRedirections = False      取消し、除外馬の箇所のオッズは Val関数で変換された時点で0になります。 ・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍 ・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10     .SavePassword = False       Call SeparateData お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, エクセルシート1にWEBページの文字列貼付け⇒その『リンク』をシート2にもコピーする関数, エクセル データの入力規則の設定 今作成しているデータでは セルに数字とコンマ以外は入力できないよう, エクセルvbaの質問です。 エクセルにデータを入力後、クリアボタンを押すと、入力されたデータがクリア, エクセル2003で年月を入力すると自動的に縦書きの日付と曜日が表示されるような関数を, ある行(の各セル)に入力されたデータが、自動的に別の行(の各セル)に表示されるようにしたい。, ある範囲のセルから任意の値を検索して、その隣のセルの値を取得するという関数はありますか?. そんな時はこのような表示になります。   With Worksheets("Sheet1") 参考URL:http://db.netkeiba.com/, 競馬で、データ分析のプログラムを作っています。作成にあたって、中央競馬で実施されたレースごとの情報が必要なのです。よくスポーツ新聞に出ていますよね。全着順と全馬の最終オッズ、配当などです。週刊誌のギャロップを買っているのですが、毎回購入するのはお金がかかりますよね。有料サービスでもいいのですが、G1レースも含め、過去のデータを閲覧できるサイト、情報機関などご存知でしたら教えて下さい。なお、必要なのは、前述のとおり、全着順と全馬の最終オッズ、配当、人気です。, まだ大丈夫ですか?

Next uma2  最初にHITしたセルについて、右隣のセルの値を返す。 当方VBA初心者ですので、できるだけわかりやすくご教授頂けると助かります。 ・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては? ・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98 ・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。

  Next   If セル = 検査値 Then Exit For       .Refresh BackgroundQuery:=False ダミーシートから切り分けることの問題ではなく、受け取る側のシートの配分なのです。ビジネスの場合、同じような質問は、それは、ほとんどが、月度とか、明確に分類が知られていているので出来るのです。       End If 参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90, ★回答   For Each qt In Worksheets(nSh).QueryTables       End If

      If IsNumeric(.Cells(i, 3).Value) Then       .BackgroundQuery = False

Dim 枠頭数%(8), 枠番%(18), Ozz$(153, 4), uma1%, uma2% End Sub エクセルで欲しいのです。 『連番を入力』する方法として、直接数字を打ち込む方法から、関数を使った方法までさまざまなものがあります。, それぞれの方法のメリット、デメリットについても解説するので、ぜひ参考にしてください。, 行の状態が変更(削除、非表示、フィルター)されても、正しく連番を自動入力する超便利な方法もあるので、必見ですよ^^, といっても、手で1つ1つ数字を打ち込むのは大変なので、ここでは『フィルコピー』を使って一気に入力してみます。, そして、そのセルの右下にマウスを置いて『十字カーソル』に変わったら、マウスの右ボタンでつまんで一気に最後の行までドラッグします。, フィルコピーの操作がマウスの右ボタンなのでちょっと特殊ですが、難しいことはありません。, メリットとしては、式や関数を使わず連番の数字が入力されて『シンプル』というところと、途中の数字を削除しても他の連番には影響がないところでしょうか。, デメリットは、途中の行を『削除』したり『非表示行』にした時に、そのまま欠番になってしまうことです。, 連番の最初のセル(B4)には『1』を入力し、2番めのセル(B5)には次の演算式を入力します。, この演算の結果、2番めのセルはB4のセルの『1』に『1』を足した結果の『2』が入力されます。, 以降の行も前行の値に1が足されるように、フィルコピーで演算式をコピーすれば連番の入力が完成です。, しいていえば、最初の数字を例えば『1』から『100』に変更すれば、それ以降の数字が自動で『101』、『102』、、、ときちんと連番になることです。, こちらのデメリットも、直接数字入力と同じで、途中の行の削除や非表示の場合に連番とならないことがデメリットです。, 『=ROW()』で4(行目)が返ってくるので、そこからその前の行数(3)の分だけ引くことで、現在の行の正しい連番(1)が求まる式になっています。, フィルコピーは、『演算(足し算)』のところで書いている2つの方法(ダブルクリックかドラッグ)どちらかを使ってください。, ROW関数を使った連番の詳しい入力方法、次の記事で詳しく書いているので参考にしてください。, ROW関数の一番のデメリットは、表の前で『行挿入』や『行削除』の編集がされると、『連番がずれる』というデメリットがあります。, さきほどの例でいうと、表の行がずれることで『-3』では正しい連番にならないということです。, COUNTA関数は、『指定範囲に何か入力されているセルがいつかあるか求める』関数です。, $C$4はセル『C4』の位置を示していますが、『$』をつけることで絶対参照(位置)になります。, つまり、『=COUNTA($C$4:C4)』を次の行にコピーすると、『=COUNTA($C$4:C5)』が貼り付けられます。, この式により、『連番の最初のセル(C4)から自分の行のセル(C5)までのセルの個数』が求まります。, ROW関数と全く同じで、途中の行が削除されても連番が正しく入力されるのがメリット。, 削除は問題ないですが、途中の行を非表示にした場合に連番がずれるというデメリットがあります。, SUBTOTAL関数は引数で『計算方法』を指定することで、SUM関数やCOUNTA関数などと同じ計算ができます。(他にはMAX関数やAVERAGE関数などもあり), ここでは、連番を求めるためにCOUNTAと同じ計算方法を引数で指定することにします。, なお、SUBTOTAL関数はとても賢く便利なので、次の記事で詳しく解説しています。, SUBTOTAL関数を使う一番のメリットは、なんといっても『見えている行だけを対象に計算』することです。, デメリットはあまりないですが、しいていえばカウント計算の対象範囲のセルに、1つでも『未入力』のセルがあった場合、連番が正しく計算されないことぐらいです。(COUNTA関数も同じ), なので、SUBTOTAL関数を使う場合は、確実に入力されているセルの列を計算の対象範囲に指定することがポイントとなります。, 連番を入力する方法はバラエティに富んでいますが、結局、行削除/非表示行/フィルターによる行の変更があっても、正しく連番を入力してくれるSUBTOTAL関数がベストな方法じゃないでしょうか。, ただし、先にも書いたように、フィルターの対象外れの問題を回避するために、式がちょっと複雑になっているのがちょっとしたマイナス点ですけどね^^, それでも、行編集後の連番振り直しの可能性を考えると、やっぱり連番の自動入力にはSUBTOTAL関数がおすすめです。, SUBTOTALは日本語に訳すと『小計』という意味で、『小計』だけを合計するということが簡単にできます。, 表に小計を使っている場合には重宝する関数だと思うので、次の記事で使い方を参考にしてください。, また、SUBTOTAL関数は『今見えている行だけを合計する』ことも簡単にできます。, フィルターだけではなく、行を非表示にしたときも非表示の行を計算の対象から除外してくれるので非常に便利ですよ^^, 新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。.

ban = ban + 1  先ず、 w = i         If MsgBox(i & "行目のデータが抜けているようです。Cacel:中止", _   Dim nSh As String     .BackgroundQuery = True すっごい詳しくて、見やすいですよ。 End Sub などというように

Sub ImportData(url As String, nSh As String, nAdd As String) 本日の場合なら、シート1新潟、シート2小倉、シート3札幌という風にです     .Cells.ClearContents 'データの消去 しかし、今回のは、こちらからすると、36シートのシートへの分類自体が、分からないのです。それを、データからではなく、おそらく、最終的には、URLから、シート名の変換コードを作ることによって、分類しなくてはならないように思っています。 ・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000       Call ImportData(myUrl, "Dummy", "A1")

    .RefreshStyle = xlInsertDeleteCells ban = 0 それのシート1~3にそれぞれの開催場の結果をリアルタイムに取得できるようにしました。   nSh = StrConv(sh.Name, vbNarrow) 1-2   15.1    01-03     5.5 ・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 '枠連オッズ また、インポート用の"Dummy" というシートが必要です。 を コピペ してください。

Ozz(n, 3) = Format(uma1, "0#") + "-" + Format(uma2, "0#") Next i ・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100 URLのkai=03&basyocd=07&kaisai=04の部分が第3回(03)新潟(07)4日目(04)になっています。 For i = 1 To tousu