監督・脚本:フランソワ・オゾン 映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』は2020年7月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次ロードショー! フランス映画界の最前線に立つフランソワ・オゾン監督が実話に基づいた物語に初挑戦、大きな物議を醸した問題作『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』。 深い眠りからの目覚めは更なる痛みを与える 投稿レビュー(3件) グレース・オブ・ゴッド 告発の時は星3 つ. 「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」に関するTwitterユーザーの感想。満足度87%。総ツイート57件。妻と子供たちと共にリヨンに住むアレクサンドルは、幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため過去の出来事の告発を決意する。 映画が描いたカトリックの宗教的性犯罪カトリック教会での児童への性虐待事件をモデルにした映画『グレース・オブ・ゴッド告発の時』が公開された。カトリックに行ける性虐待事件は世界の複数の国で問題視されてお… 目に映る現実は、内心の真実をしばしば裏切る。カトリック司祭による児童への性的虐待を描く実話ベースの本作は、幼少期に受けた心の傷と向き合う3人の中年男性が主人公となる。すでに家庭と社会的地位を築いた男たちが数十年前の虐待を告発する過程では、予想外の葛藤と周囲からの反発とが次々に押し寄せる。親や親類から「そんな昔のことをほじくり返してどうする」「お前は何でも混乱させる」と責められ、信頼を寄せ相談した司教さえ教会の組織防衛へと動き始め、告発者のほうが孤立しだす展開は胸締めつけられる。, 本作監督は、現代フランス映画を牽引する名匠フランソワ・オゾンである。2002年にカトリーヌ・ドヌーヴほか綺羅星のごとき女優陣が演じた『8人の女たち』で一世を風靡して以降の彼は、練り上げられたプロットと映像美により新作ごと独自の作品世界を深化させてきた。その名匠が固有の幻惑的な作風を封じてまで質実に映画化した本作だが、製作段階ではフランス国内の多くの教会からロケーション使用を禁じられ、ベルギーやルクセンブルクで撮影したという。またあろうことか、当該の被告プレナ神父から上映差し止め訴訟を起こされてもいる。これらが示唆するものは考えるほどに重い。, 映画中盤で、登場人物の1人は語る。「主題は〝赦し〟ですね」と。しかし老いたプレナ神父の、犯した過ちへの無自覚さも露わな態度に直面した1人目の主人公アレクサンドルが陥る苦悶は、赦せるか否か、すなわち個人の内面へなど到底回収し得ないほどに深い。この回収し得なさを、アレクサンドルとは異なる被害者男性を新たに中盤の主人公へ据えることで表現し切るフランソワ・オゾンの手つきは唸らされる。アレクサンドルの勇気と2人目の主人公フランソワの奮起があってこそ、傷ゆえの脆さ弱さを抱え人生をただ耐え忍ぶのみだった3人目の主人公エマニュエルは立ち上がれた。そのように心の連帯は描かれる。また監督の意図に十全と応える役者たちの、絶えず両義的な表情演技は終幕まで緊張感を途切らせない。かつて神父の罪を看過した母へと宛てた手紙にアレクサンドルは記す。「恥や恐れと決別する時がきた」, ジャーナリズムの本質探る 神父の性的虐待を追う米紙調査報道 映画『スポットライト 世紀のスクープ』 2016年3月26日, 神父による児童への性的虐待を扱う映画としては、4年前日本公開の『スポットライト 世紀のスクープ』も話題となった。こちらはハリウッドスター演じるジャーナリストが、ローマ教会のもつ隠蔽体質を鋭くあぶり出す過程に主眼があり、明るみに出た事実の想像を絶する被害規模が物語の衝撃を裏付けていた。米国内で起訴された神父のみでも6千人に及ぶ圧巻の終幕へ向け、一気呵成に突進する『スポットライト~』を大向こうに回したフランソワ・オゾンの戦略、それは他の誰でもないこの己への回帰と言える。救いの道たるべき信仰の場、神の家に裏切られたと感じたあと、自己はどのようにして生きられるか。, 映画の終盤、最後の主人公エマニュエルの妻が、自身も幼少時に性的虐待を受けていたと夫へ打ち明ける。しかし加害者はもう死んでしまったし、誰も悲しませたくないから何も言わずに生きてきたと涙する。神懸かり的なフランソワ・オゾンの鬼才がここでほとばしる。エマニュエルはこの場面で何も言わない。弱々しく震える瞳はこのとき静止し、強さと優しさを宿らせ妻を見つめる。神父の小児性愛など遥かに超えた真実こそ本当のテーマであることが、こうしてほのめかされる。本物の表現は、目に見える表層をむしろ裏切る。(ライター 藤本徹), 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 > グレース・オブ・ゴッド 告発の時 var login_f = false; 下記フォームにペンネーム、評価、感想をご記入の上「投稿を確認する」ボタンを押してください。 沈黙の先には赦されざる者が閉ざした堅い扉がある, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』子供の頃に受けた性的虐待を、大人になって告発する。すでに妻子もいたりで、家族も守らないといけないし、改めて苦悩する事になるし。教会の闇は深い。これが実話だってのがつらい。オゾン監督作をシネコンで!, アメブロを更新しました。 『「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」聖職者による児童性的虐待を続けさせないために立ち上がる人々。』, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』子供に性的虐待を繰り返す神父をやり玉にあげる作品かと思ったらその背景にある教会、果ては復讐に燃える被害者の会の人間たちの心の闇まで描く深い作品だった。そして一番恐ろしいのはこれが実話だと言う事。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』鑑賞。 神に仕える身ならば即、神の元へ送ってやりたいぐらい虫唾が走る。まだ自分で判断できない純粋無垢な子は護られるべき存在だしそんな子に手を出すとか無間地獄に堕ちるがいい。. 映画の時間では「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」を見た感想・評価などレビューを募集しています。. プライバシーポリシー│ グレース・オブ・ゴッド 告発の時 感想・レビュー投稿. 広告掲載│ あの悪夢を忘れるため懸命に生きてきた者たち 妻と子供たちと共にリヨンに住むアレクサンドルは、幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため過去の出来事の告発を決意する。最初は関りを拒んでいたフランソワ、長年一人で傷を抱えてきたエマニュエルら、同じく被害にあった男たちの輪が徐々に広がっていく。しかし、教会側はプレナの罪を認めつつも、責任は巧みにかわそうとする。アレクサンドルたちは信仰と告発の狭間で葛藤しながら、沈黙を破った代償─。社会や家族との軋轢とも戦わなければならなかった。果たして、彼らが人生をかけた告発のゆくえは─?, ©2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』9/12鑑賞 すごくよかった。小児性愛、男性の性被害について社会はもっと真剣に考えるべきだと思う。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』「スポットライト 世紀のスクープ」でも取り上げられていた聖職者による少年たちへの性的虐待事件。プレナ事件だけでなく世界各国で起きている事実に暗澹たる気持ちに。オゾン監督は毒を抑えて毒を描き出す。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』「清」「濁」丁寧に描かれていると思う。「父さんはまだ神を信じてる?」父の答えは聞けなかったけど。信仰を持たぬ人間からは推し量れない。深く、日常的な事なのだ。現在も係争中と知り現実を突きつけられる。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』(19/仏) } else { オゾン映画『2重螺旋の恋人』あらすじと感想。マリーヌ・ヴァクトに見る二項対立の... 2重螺旋の恋人|動画フル無料視聴!オゾンおすすめ映画をDVDレンタルより快適に見る. 聖職者による児童への性的虐待事件の実話。「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。グレース・オブ・ゴッド 告発の時の上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。 特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針│ 受けた心の傷に時効などあるわけない。公に声を上げることが必ずしも正と言えなくともこの作品が、あることを無かったことにされ続けた者たちの苦しみを少しでも和らげるきっかけになれば。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』神父による子ども達への性的虐待を扱った作品というと、ジャーナリストの視点による「スポットライト 世紀のスクープ」を思い出すが、本作は被害者である人々に寄り添いながら彼らの視点でその罪深さを描く。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 目に映る現実は、内心の真実をしばしば裏切る。カトリック司祭による児童への性的虐待を描く実話ベースの本作は、幼少期に受けた心の傷と向き合う3人の中年男性が主人公となる。すでに家庭と社会的地位を築いた男たちが数十年前の虐待を告発する過程では、予想外の葛藤と周囲からの反発とが次々に押し寄せる。親や親類から「そんな昔のことをほじくり返してどうする」「お前は何でも混乱させる」と責められ、信頼を寄せ相談した司教さえ教会の組織防衛へと動き始め、告発者の方が孤立し出す展開は胸締めつけられる。, 本作監督は、現代フランス映画を牽引する名匠フランソワ・オゾンである。2002年にカトリーヌ・ドヌーヴほか綺羅星のごとき女優陣が演じた『8人の女たち』で一世を風靡して以降の彼は、練り上げられたプロットと映像美により新作ごと独自の作品世界を深化させてきた。その名匠が固有の幻惑的な作風を封じてまで質実に映画化した本作だが、製作段階ではフランス国内の多くの教会からロケーション使用を禁じられ、ベルギーやルクセンブルクで撮影したという。またあろうことか、当該の被告プレナ神父から上映差し止め訴訟を起こされてもいる。これらが示唆するものは考えるほどに重い。, 映画中盤で、登場人物の1人は語る。「主題は〝赦し〟ですね」と。しかし老いたプレナ神父の、犯した過ちへの無自覚さも露わな態度に直面した1人目の主人公アレクサンドルが陥る苦悶は、赦せるか否か、すなわち個人の内面へなど到底回収し得ないほどに深い。この回収し得なさを、アレクサンドルとは異なる被害者男性を新たに中盤の主人公へ据えることで表現し切るフランソワ・オゾンの手つきは唸らされる。アレクサンドルの勇気と2人目の主人公フランソワの奮起があってこそ、傷ゆえの脆さ弱さを抱え人生をただ耐え忍ぶのみだった3人目の主人公エマニュエルは立ち上がれた。そのように心の連帯は描かれる。また監督の意図に十全と応える役者たちの、絶えず両義的な表情演技は終幕まで緊張感を途切らせない。かつて神父の罪を看過した母へと宛てた手紙にアレクサンドルは記す。「恥や恐れと決別する時がきた」, ジャーナリズムの本質探る 神父の性的虐待を追う米紙調査報道 映画『スポットライト 世紀のスクープ』 2016年3月26日, 神父による児童への性的虐待を扱う映画としては、4年前日本公開の『スポットライト 世紀のスクープ』も話題となった。こちらはハリウッドスター演じるジャーナリストが、ローマ教会のもつ隠蔽体質を鋭くあぶり出す過程に主眼があり、明るみに出た事実の想像を絶する被害規模が物語の衝撃を裏付けていた。米国内で起訴された神父のみでも6千人に及ぶ圧巻の終幕へ向け、一気呵成に突進する『スポットライト~』を大向こうに回したフランソワ・オゾンの戦略、それは他の誰でもないこの己への回帰と言える。救いの道たるべき信仰の場、神の家に裏切られたと感じたあと、自己はどのようにして生きられるか。, 映画の終盤、最後の主人公エマニュエルへ、自身も幼少時に性的虐待を受けていたとアレクサンドルの妻が打ち明ける。しかし加害者はもう死んでしまったし、誰も悲しませたくないから何も言わずに生きてきたと涙する。神懸かり的なフランソワ・オゾンの鬼才がここでほとばしる。エマニュエルはこの場面で何も言わない。弱々しく震える瞳はこのとき静止し、強さと優しさを宿らせ彼女を見つめる。神父の小児性愛など遥かに超えた真実こそ本当のテーマであることが、こうしてほのめかされる。本物の表現は、目に見える表層をむしろ裏切る。(ライター 藤本徹), *本稿最終段落に関し、役柄名を取り違え表記しておりました。お詫びして訂正いたします。本サイトを通じてのご指摘に感謝申し上げます(筆者・編集部)。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 document.write(' [ マイページ / 登録情報ログアウト ] '); 2019年/フランス/2時間17分/カラー 閉ざされた心の扉には幾重にも鍵が掛けられている お問い合わせ. > フランス映画界の最前線に立つフランソワ・オゾン監督が実話に基づいた物語に初挑戦、大きな物議を醸した問題作『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』。, 神父による児童への性的虐待事件をもとに、被害者からの告発の真相に迫る物語。オゾン監督はこのテーマに対してそれまで発表してきた作品の作風を封印、実話をベースにフィクションを構成した異例の作品を作り上げました。, キャストには、オゾン監督とは3度目のタッグとなるメルヴィル・プポーを主演に迎えるほか、ドゥニ・メノーシェ、スワン・アルローら実力派の俳優が名を連ね、作品のテーマとなる複雑な社会問題に深く切り込みます。, (C) 2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE, 【原題】 沈黙の先には赦されざる者が閉ざした堅い扉がある, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』子供の頃に受けた性的虐待を、大人になって告発する。すでに妻子もいたりで、家族も守らないといけないし、改めて苦悩する事になるし。教会の闇は深い。これが実話だってのがつらい。オゾン監督作をシネコンで!, アメブロを更新しました。 『「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」聖職者による児童性的虐待を続けさせないために立ち上がる人々。』, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』子供に性的虐待を繰り返す神父をやり玉にあげる作品かと思ったらその背景にある教会、果ては復讐に燃える被害者の会の人間たちの心の闇まで描く深い作品だった。そして一番恐ろしいのはこれが実話だと言う事。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』夫は告発できたけど自分はそれを夫にも言えないけど同じ告発する仲間にふと告げるシーン。オゾン監督の丁寧な描写が光っている。癲癇持ちのこの被害者は、かつては両親は全く理解してくれなかった。が、今では離婚した息子と暮らす母が被害者の会の電話番に。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』これもフランスのゲイのエイズ訴訟を描いた草の根運動映画の『BPM ビート・パー・ミニット』と似た感動を受けたが、『兄弟のわだかまり(ゲイの兄は信者で神父を信じている)やかつて自身も神父から性的虐待を受けた今はカトリック学校の教師をしている妻の姿, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』二人目に現れた無神論のドラムを叩いて怒るおっさんが被害者の会を作る過程が面白い。一人のストーリーではなく個々の被害を受けた人の家族関係や告発する「被害者の会」が拡大していく過程をオゾン監督は描く。家族と友に戦う姿を通して見えてくる信仰よりも信頼. ★★★☆ 配給:キノフィルムズ、東京テアトル 公式サイト:https://graceofgod-movie.com/, 信仰否定せず対話で事件明るみに 映画「スポットライト」のR・マクアダムス氏来日 2016年5月7日, 皮膚が映しだす宇宙、皮膚に映し返される視線。 《瞬く皮膚、死から発光する生》展 足利市立美術館 2020年11月1日, 【映画評】 身にまとう自由の奥行き、絹布の祈り。 『パピチャ 未来へのランウェイ』 2020年11月1日, 【オンライン試写会】 『アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌』 ヒット曲誕生の裏に込められた想い 2020年10月21日, 【映画評】 沈黙を破ること、その代償と得がたき果実 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 2020年7月21日. Grâce à Dieu(英題:BY THE GRACE OF GOD), 【キャスト】 var stT = 0; var downloadTime = 0; TOP document.write('ゲスト さん [ ログイン ] '); if (document.cookie.indexOf("LOGIN_SPID=") >= 0) { 2019年/フランス/2時間17分/カラー 「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」に関するTwitterユーザーの感想。満足度87%。総ツイート57件。妻と子供たちと共にリヨンに住むアレクサンドルは、幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため過去の出来事の告発を決意する。 if (location.pathname != '/login/') { url = encodeURIComponent(top.location.href); } else { url = 'https://' + encodeURIComponent(top.location.host) + '/'; } カトリック神父から少年時代に性的虐待を受けた男性たちが、癒えぬ心の傷を抱えながら神父や教区を相手取っての戦いを描く社会派ドラマ。しれっと自分は幼児性愛者と言ってのける神父が怖い。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』本来は救いの場になるはずの教会での犯罪。しかも幼児への性的虐待。人生を狂わされた人々の苦悩と告発の勇気を讃え、権威ある組織ゆえの隠蔽体質なのかと憤り。わりと最近の実話でその後が気になりました。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』東アジアはハグ文化がないのでコロナ感染が少ないという説がある。しかしこの映画を見て、ハグはなんと大きな慰めと力を与えてくれるものなのだろうと、ハグ文化がうらやましかった。, 『グレース・オブ・ゴッド』オゾン監督らしからぬ、というかカトリック教会の性的虐待をストレートに告白する。被害者側が生涯背負わされた苦しみが様々だという事を丁寧に描いているのが印象的。社会とキリスト教の結びつきの強さも日本人としては驚かされる。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』@シネスイッチ銀座♪わりと最近のところまで描かれてはいるけど、その先まで見たかったなぁというのが本音かな。現実にはこのままうやむやにされちゃうんじゃないかという気がしている。。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』被害者一人一人の人生が深く描かれている。子ども時代の性的虐待によって誰の人生も壊されるが、その壊され方はさまざまである。そのことが作品を、抽象的な虐待告発のスローガンではない深いものにしている。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』宗教は人を幸せにするもの。指導者は神の代理で厳かで尊敬を集める。それがこの事実と隠蔽。人生を狂わされトラウマとなった将来ある子供達。告白がリアル。話して神父と対峙、映画化は問題提起で重大である!, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 var url; All Rights Reserved. 上映中の映画作品を探す login_f = true; 出演:メルヴィル・プポー、ドゥニ・メノーシェほか カトリック教会の神父により幼少期に受けた性的虐待。そのトラウマに苦しむ男たちが大人になり、告発の決意を固めるまでの葛藤とともに、告発によって被る代償と相反して得られる希望の光景を、彼らの表情とともに描きます。, 出演は、第一の告発を行う男性アレクサンドル役に『わたしはロランス』(2013)のメルヴィル・プポー、第二の告発者フランソワ役に『ブラッディ・ミルク』(2017)のスワン・アルロー、そして第三の告発者エマニュエル役に『ジュリアン』(2018)のドゥニ・メノーシェら。, 本作ではこのメインキャラクターを演じた三人が揃ってセザール賞にノミネートされており、作品としては合計7部門で8ノミネートされ、アルローが助演男優賞に輝きました。, さらに第69回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品され銀熊賞を受賞したほか、2020年のリュミエール賞では最多の5部門にノミネート、本国フランスでは91万人を動員する大ヒットを記録しました。, 彼はある日、幼き頃の友人より幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父がいまだに子供たちに聖書を教えており、自身の身近に戻りつつあることを知ります。, かつてその被害を告発し、プレナ神父を自身から遠ざけてもらったことで沈黙を守っていたアレクサンドルでしたが、教会がプレナ神父に処罰を与えなかったことを改めて言及。, そんなアレクサンドルに対し、現在の教会側責任者であるバルバラン枢機卿はプレナ神父に厳正な対処を行うことを約束します。, ところがその経過は思わしくないどころか、実は枢機卿がプレナ神父の過去の失態を知りながら見て見ぬふりをしていたことが発覚。家族を守るため過去の出来事の告発を決意しました。, その告発では、最初は関わることを拒んでいたフランソワに加え長年一人で傷を抱えてきたエマニュエルらと、同じくプレナ神父から虐待を受けた男性たちの輪は徐々に広がり、教会への抗議の声は高くなっていきました。, しかし教会側はプレナ神父の罪を認める一方で、自身の責任を巧みに避けようとします。さらにアレクサンドルたちは長い間の沈黙を破った代償として、彼らを蔑(さげす)む社会や家族との軋轢とも戦っていかなければならないのです。, カトリック教会の性的虐待行為は、2002年にアメリカのメディアが大々的に取り上げて以来さまざまなケースが発覚し、一部では訴訟問題にまで発展するという事態になっています。, 2018年にはアメリカのペンシルベニア州で、1940年代以来少なくとも300人の司祭が1000人余りの子供たちに性的虐待を行ってきたと結論づけた起訴陪審報告書が、該当する司祭の名前とともに発表されました。, 日本でも2019年4月に日本カトリック司教協議会から、全国の協会で起きた小児性的虐待の実態調査を行うことが発表されるなど、その問題意識は世界中で急速に広がりつつあります。, そんな世界情勢の中で、本作は今現在も続いているフランス国内での事件にスポットを当てたタイムリーな視点を持っており、まさしく注目すべき作品なのです。, 本作の特徴は、作品の主眼の置き場所にあります。この物語はかつてカトリック教会の神父に性的虐待を受けたという3人の男性それぞれの視点で展開する群像劇です。, ここでは聖職者からの性的虐待というショッキングな事実の印象よりも、むしろ虐待を受けた人たちがその行為によって自身のその後の人生にどのような変化をもたらされたか、という点について強く言及しています。, この3人には過去に性的虐待を受けたという共通点があるものの、個々の性格やその生まれ育った境遇など、それぞれに異なる人生を歩んできました。, それゆえに、この問題に対する向き合い方や事態に対しての反応も三様に異なり、実在の人物をモデルとしながらも緻密な視点でイマジネーションを膨らませて構築したバックグラウンドにより、性的虐待が長い間被害者を苦しめるありさまをさまざまなケースで描きます。, 近年ではフランスを代表する映画作家として非常に高い評価を得ているオゾン監督ですが、本作はそんな彼の作品の中でも、彼が物語を作るにあたり考える着眼点、視点を推し量るカギであるといえるでしょう。, またこの3人の役柄の中で、特にメルヴィル・プポーが演じた主人公のアレクサンドルが、家族と教会そして2人の被害者と、さまざまな人々との接触に迷いの表情を見せるシーンがあります。, この表情こそ物語の主題を強く表したものであり、アレクサンドルという役柄が本作の最も大きなポイントを明確に表す重要な役割を果たしているのです。, その意味でプポーの演技は、セザール賞で助演男優賞を獲得したスワン・アルローの演技と並んで、本作の注目すべき点となっています。, プレナ神父は2020年の3月に有罪判決を下され、さらにその判決に上告がされるなど、その審議は継続した状況にあります。, そんな中で作られた本作は、シーンによって撮影の許可が下りなかった場所があったり、一時上映差し止めの申し出が出されたりするなど、教会側としても大きな物議を醸す作品となりました。, 対して本作を「この映画が教会側で受け止められることで、教会内部の問題が撲滅されるチャンスになるかもしれない」と好意的に受け止めている司祭がいることを、オゾンは明かしています。, タイトルの「Grâce à Dieu」は慣用句でもある「BY THE GRACE OF GOD」(神の庇護により)という言葉に起因しているようですが、この言葉にはこうした教会の問題点に関する風刺と、その正常化を願う切実な願いにも見えます。, また本作はあくまでも宗教、カトリックというテーマに沿った物語ですが、これに限らず古くから常識とされ見過ごされているような、常態化したさまざまな問題に対する意義のあり方を問うているようにも感じられることでしょう。, 映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』は2020年7月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開されます!, Tags : フランス映画 / フランソワ・オゾン / 2019年公開 / キノフィルムズ/東京テアトル, 舞台版のコンビ、監督・三浦大輔と主演・松坂桃李が再び! 過激な性描写と濃厚な人間ドラマが映し出される、R18指定の話題作。 4月6日(金)TOHOシネマズ他全国ロードショーの『娼年』をご紹介します。 …, 紀元67年、皇帝ネロがキリスト教徒たちを迫害していたローマ時代。 ローマの街の放火の首謀者として捕まり、獄中から非暴力の愛を叫び続けた使徒パウロのことを、同じ牢の中で寄り添い、彼の言葉を民衆に伝えるた …, 映画『王様になれ』ネタバレ感想と評価。岡山天音演じる主人公を通してみたアーティスト「the pillows」との共感, 夢うつつ手懐けて、自由自在、気分次第。 脳細胞の支配下で世界を創れ。 「the pillows」の結成30周年プロジェクトの一環として製作された映画『王様になれ』。 リーダーの中山さわおの原案を、俳優 …, Netflix映画『ローマROMA』あらすじと評価解説。アカデミー賞監督のキュアロンが最も自伝的ヒューマンドラマを描く, 2019年、アカデミー賞授賞式が近づいてきました。 今回ピックアップするのはNetflix製作のヒューマンドラマ映画『ROMA/ローマ』です。 静粛な映像美で綴られる本作がなぜこんなにも心を揺さぶるの …, 『ブラック・クランズマン』感想と内容解説。スパイク・リーというニューヨーク派映画監督の孤高と才能, 映画『ブラック・クランズマン』は2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開 1970年代後半、アメリカコロラド州のコロラドスプリングズで黒人として初めて警察官に採用されたロン …. 【映画評】 沈黙を破ること、その代償と得がたき果実 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 2020年7月21日 カトリック司祭による児童への性的虐待を描く実話ベースの本作は、幼少期に受けた心の傷と向き合う3人の中年男性が主人公となる。 【映画評】 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 沈黙を破ること、その代償と得がたき果実, ジャスティン・ビーバーに洗礼を授けたカール・レンツ牧師、「道徳的過ち」のためヒルソング教会を解雇, 【 米クリスチャニティ・トゥデイ】有権者はジョー・バイデン候補の信仰にどう反応するのか(後半), NHK連続テレビ小説「エール」とキリスト教(1)日本基督教団・福島教会と日本聖公会・福島聖ステパノ教会, NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(4)Go Toトラベルで行きたい細川ガラシャゆかりの地, 【訃報】 佐藤東洋士さん(桜美林学園理事長・学園長、日本私立大学協会会長) 2020年10月18日, NHK連続テレビ小説「エール」とキリスト教(6) 特高ににらまれていたクリスチャン, NHK連続テレビ小説「エール」のキリスト教考証(4)薬師丸ひろ子さんなどにまつわる裏話 西原廉太(立教大学文学部長、立教学院副院長、キリスト教学校教育同盟理事長), NHK連続テレビ小説「エール」のキリスト教考証(1)聖歌隊裏話 西原廉太(立教大学文学部長、立教学院副院長、キリスト教学校教育同盟理事長). 妻と子供たちと共にリヨンに住むアレクサンドルは、幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため過去の出来事の告発を決意する。最初は関りを拒んでいたフランソワ、長年一人で傷を抱えてきたエマニュエルら、同じく被害にあった男たちの輪が徐々に広がっていく。しかし、教会側はプレナの罪を認めつつも、責任は巧みにかわそうとする。アレクサンドルたちは信仰と告発の狭間で葛藤しながら、沈黙を破った代償─。社会や家族との軋轢とも戦わなければならなかった。果たして、彼らが人生をかけた告発のゆくえは─?, ©2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』9/12鑑賞 すごくよかった。小児性愛、男性の性被害について社会はもっと真剣に考えるべきだと思う。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』「スポットライト 世紀のスクープ」でも取り上げられていた聖職者による少年たちへの性的虐待事件。プレナ事件だけでなく世界各国で起きている事実に暗澹たる気持ちに。オゾン監督は毒を抑えて毒を描き出す。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』「清」「濁」丁寧に描かれていると思う。「父さんはまだ神を信じてる?」父の答えは聞けなかったけど。信仰を持たぬ人間からは推し量れない。深く、日常的な事なのだ。現在も係争中と知り現実を突きつけられる。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』(19/仏) あの悪夢を忘れるため懸命に生きてきた者たち グレース・オブ・ゴッド 告発の時の映画レビューを投稿する 対峙する時 (投稿日:2020年8月8日) こういった問題に時効があって良いのか。 “Grâce à Dieu” “By the Grace of God” if (login_f) { 深い眠りからの目覚めは更なる痛みを与える 出演:メルヴィル・プポー、ドゥニ・メノーシェほか カトリック神父から少年時代に性的虐待を受けた男性たちが、癒えぬ心の傷を抱えながら神父や教区を相手取っての戦いを描く社会派ドラマ。しれっと自分は幼児性愛者と言ってのける神父が怖い。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』東アジアはハグ文化がないのでコロナ感染が少ないという説がある。しかしこの映画を見て、ハグはなんと大きな慰めと力を与えてくれるものなのだろうと、ハグ文化がうらやましかった。, 『グレース・オブ・ゴッド』オゾン監督らしからぬ、というかカトリック教会の性的虐待をストレートに告白する。被害者側が生涯背負わされた苦しみが様々だという事を丁寧に描いているのが印象的。社会とキリスト教の結びつきの強さも日本人としては驚かされる。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』被害者一人一人の人生が深く描かれている。子ども時代の性的虐待によって誰の人生も壊されるが、その壊され方はさまざまである。そのことが作品を、抽象的な虐待告発のスローガンではない深いものにしている。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』宗教は人を幸せにするもの。指導者は神の代理で厳かで尊敬を集める。それがこの事実と隠蔽。人生を狂わされトラウマとなった将来ある子供達。告白がリアル。話して神父と対峙、映画化は問題提起で重大である!, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 レビュー, こういった問題に時効があって良いのか。聖職者の青少年への性的虐待は探せば探すほど見つかる。彼らは修行中の頃から性的嗜好を抑制する、皮肉にもそれ故なのか。人間の3大欲望とは言っても、全くの正統ではない。被害者と加害者の対峙。加害者は疑いなく自身の罪を認めたにも関わらず、なんとまぁ、開き直り。病気や上が何も責任をもってくれない…とか。少年期に負った傷が今もって記憶が蘇る。被害者を多く募り、メディアに晒し、公にしなくてはあの壮大なる世界に太刀打ちできない。悪夢に引き戻されようと野放しにできない。なぜ今になってしまったのだろう。なぜ周りはサポートしてくれなかったのだろう。しかしそこで足を止めてはいけない。病気であれ、何であれ、汚れた人間。聖界に存在してならず。珍しくオゾンが真っ向から社会問題を取り上げた。今なおどこかでこんなことが起こっている気がしてならない。 } > ★★★☆ 利用環境│ グレース・オブ・ゴッド 告発の時の映画レビューを投稿する. 受けた心の傷に時効などあるわけない。公に声を上げることが必ずしも正と言えなくともこの作品が、あることを無かったことにされ続けた者たちの苦しみを少しでも和らげるきっかけになれば。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』神父による子ども達への性的虐待を扱った作品というと、ジャーナリストの視点による「スポットライト 世紀のスクープ」を思い出すが、本作は被害者である人々に寄り添いながら彼らの視点でその罪深さを描く。, 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 公式サイト:https://graceofgod-movie.com/, 信仰否定せず対話で事件明るみに 映画「スポットライト」のR・マクアダムス氏来日 2016年5月7日. »ガイドライン違反報告, 互いのキャラへの愛が爆発!『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』4ショットインタビュー【後編】, 「みんな本気すぎた」アフレコ裏話を語る『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』4ショットインタビュー【前編】, 「鬼滅の刃」ヒロインにハーレイ・クインも!ハロウィンを沸かせた美麗コスプレ20連発, 会社概要│ 映画『しあわせの雨傘』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『しあわせの雨傘』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『しあわせの雨傘』の動画配信状況は2019年12月現在のものになります... NHK Eテレ『SWITCHインタビュー 達人達』より、フランソワ・オゾン監督と池松壮亮2018年6月に『2重螺旋の恋人』の日本公開に合わせて来日した、フランスの⻤才フランソワ・オゾン監督。また上手で嬉しそうにグラスを傾けるのは、『君が君で君だ』や『万引き家族』、... フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。オゾン監督が、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年の構想期間を経て放つ、極上の心理サスペンス。そんな... フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。オゾン監督はセクシャル・マイノリティの立場から、同性愛や出産などをモチーフにした死生観を描いた作風が特徴的だと知られています。一方でオゾ... 映画『2重螺旋の恋人』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『2重螺旋の恋人』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『2重螺旋の恋人』の動画配信状況は2019年2月現在のものになります。VOD... 映画『ぼくを葬る』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『ぼくを葬る』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『ぼくを葬る』の動画配信状況は2019年10月現在のものになります。VOD(ビデオ... カトリック教会の性的虐待行為は、2002年にアメリカのメディアが大々的に取り上げて以来さまざまなケースが発覚し、一部では訴訟問題にまで発展する, 作品の主眼の置き場所にあります。この物語はかつてカトリック教会の神父に性的虐待を受けたという3人の男性それぞれの視点で展開する群像劇, 聖職者からの性的虐待というショッキングな事実の印象よりも、むしろ虐待を受けた人たちがその行為によって自身のその後の人生にどのような変化をもたらされたか、という点について強く言及, 古くから常識とされ見過ごされているような、常態化したさまざまな問題に対する意義のあり方を問うている, 映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』は2020年7月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開. 利用規約│ 配給:キノフィルムズ/東京テアトル G 監督・脚本:フランソワ・オゾン Copyright © 2020 クリスチャンプレス. 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 “Grâce à Dieu” “By the Grace of God” 監督・脚本:フランソワ・オゾン 出演:メルヴィル・プポー、ドゥニ・メノーシェほか 2019年/フランス/2時間17分/カラー 配給:キノフィルムズ/東京テアトル G メルヴィル・プポー、ドゥニ・メノーシェ、スワン・アルロー、ジョジアーヌ・バラスコ、エレーヌ・ヴァンサン, 【作品概要】 映画『ぼくを葬る』動画フル無料視聴!フランソワ・オゾン監督自身を投影したヒュ... 『罪の声』小説あらすじネタバレ。犯人9人は映画化キャストで誰になるのか⁈【予想解説】, 『ミッドナイトスワン』小説と映画の結末の違いをネタバレ考察!ラストまで続く内田英治監督の細かい心理描写|映画という星空を知るひとよ30, 映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!, 『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ感想とラスト考察。映画は横浜流星のキックボクシングに魅了される, 映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作, 『さくら』小説ネタバレと結末までのあらすじ解説。西加奈子原作の一匹の老犬が見守る家族のヒストリー|永遠の未完成これ完成である16, 『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】, 映画『ばるぼら』あらすじと感想。二階堂ふみがヌードの濡れ場で稲垣吾郎を相手に手塚漫画に挑む|TIFF2019リポート23, 『朝が来る』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画で母としての女性の生き方はどう描かれるか考察|永遠の未完成これ完成である7, 『ミッドナイトスワン』ラスト感想と評判解説。最後の海で世界へと飛び立っていく“二人”の美しい白鳥の姿. 閉ざされた心の扉には幾重にも鍵が掛けられている »ガイドライン違反報告, 圧倒的権力と影響力を持つ教会との戦い。三人三様の被害者たち。教会だけじゃ無く信徒も敵に回す事になるかと思うと、とても難しかっただろうなぁ‥と思う。家族が味方とは限らないし。その点、アレクサンドルは妻子に恵まれたよね。それと、皮肉だけれど信仰にも。孤児院や聖職者のこういう話は結構聞くので、本当に根深いと思う。プレナ神父の悪びれない反応が、怖い・・でも、敵が強大でも、純然たる悪事で、戦う相手がはっきりしているのはやりやすい。某妻のように、相手を、起きた事を、墓場まで持って行かなくてはいけない場合も、有る。顔を合わせても何も覚えていないふりをして。心から消える事は無いのに。個人的には薪小屋にドラムセットを持っていて、心が乱れたらドラムPLAYをするフランソワが、良し!ってシンバル鳴らすシーンが好き。ヘタクソだけどね。保身の為に身内を処分しない教会は、公務員のようだった。 } »ガイドライン違反報告, フランスで、長年数百人にも及ぶ未就学男児への性的虐待を続けてきた神父に関する訴訟、「プレナ神父事件」を映画化。ドキュメンタリーではなく、訴訟記録や証言から、再現フィルムのように作られた作品。被害者は支えてくれる人の存在があって、言う勇気がでるのだなと。そして恐怖と嫌悪感から身を守るためと、世間の好奇の目や仕事を喪う恐怖から、「なかったことにしたい」と思って沈黙する道を選ぶことが多いのだなと。沈黙は更なる被害者を増やし、犯罪に加担することであると気づくまでに、人々は2~30年かかるという現実。3人の視点で描いたのがよかった。敬虔なキリスト教徒ゆえに、自分の子供たちを守りたい気持ちと、教会を変えたいという思いで訴訟という形で告発した「0から1にした」アレクサンドル。棄教し、怒りからマスコミを使って世界に発信し、被害者の会を作った「1を100にした」フランソワ。トラウマから、パニックを起こして失神を起こす障害を抱え、仕事も家族も持てなくなった「100の中の1」エマニュエル。3人がそれぞれ、告発の<葛藤>、社会や家族との軋轢という<代償>、告発によって生まれた<希望>を表していたように思う。そして浮かび上がらせたのは、犯人のプレナ神父は、自分が小児性愛者で、レイプ依存症であることを自覚していて、隠していなかったこと。プレナは告発されるたび認め、子供に触れられないように、解任を(企業で言えば上司に当たる)地区教会の歴代枢機卿に訴えてきた。しかし、組織を守るためと、プレナが信者と寄付金を集める才能に長けていたため、教会はずっと事件を隠蔽。被害者の家族に「子供に触れさせない場所へ異動させた」と嘘をつき、町を変えただけで、プレナに同じ聖歌隊やボーイスカウトで子供に教える仕事を続けさせていた。これ、完全に教会および枢機卿による、隠蔽と犯罪拡大(幇助)。なのに、悪びれず「神が試練を与えた」「時効は神の祝福(で罪を逃れられてよかった)」と言い続ける枢機卿に、殺意に近い怒りを抱きました。別の事件ではあるが、神父の性的事件の告発に至るまでのマスコミの苦闘を描いた『スポットライト 世紀のスクープ』と併せて見ると深みが出る。映画では『スポットライト ~』のように、訴訟に持ち込んだ人達の正義感の達成で完結することが多いが、本作は訴訟が起きるまで言えなかった人々の心に、多角的・多面的に切り込んだところに意義があると思います。少々長すぎるのが難ですが。2020年7月時点で未だ係争中ゆえ、この結末は今後も見守っていきたいと思いました。 “Grâce à Dieu” “By the Grace of God”