サバイバルファミリー。kumashanさんの映画レビュー(感想・評価)。評価2.5。みんなの映画を見た感想・評価を投稿 ところがサバイバル生活で義之はてんで役に立たない。 行く先々で水が売っているが値段は高騰している。 「もう少し先に行けば安くなってるだろ」という義之の甘い予想を裏切って1.5リットルのペットボトルはあっという間に一本一万円! 『サバイバルファミリー』は、2017年 2月11日公開の日本の映画作品。ある日突然訪れた原因不明の電気消滅により廃墟寸前となった東京を脱出した一家のサバイバルコメディ。 脚本、監督は矢口史靖。 主演は小日向文世 。 第1回マカオ国際映画祭・コンペティション部門出品作品 。 ※映画ネタバレを含みます。※リンクは、amazonへと飛びます。前書きもうとっても面白かった!定期的に観て危機感を思い起こしたいし、人間がその地に根を下ろし培ってきた知恵、文化や文明の偉大さに魂を静かに震わせたい傑作。私が一番気になったのは