ソフトバンクは2日、ウラディミール・バレンティン外野手と岩嵜翔投手を出場選手登録した。アルフレド・デスパイネ外野手が右膝痛のために出場選手登録を抹消されており、その代役として8月21日に出場選手登録を抹消されファーム暮らしが続いていたバレンティンに白羽の矢が立った。 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!.
®ã‚’算出し、, 2.ホームランが出れば同点、勝ち越し、逆転となる場面ならVDUCP(UC)打数としてカウントします。, 3.あとは通常通り安打数/打数で打率、被打率を計算します。, 補足:リードしている(投手ならリードされている)場面ではいくら打っても(打たれても)勝敗要素は変動しないため、VDUCP(UC)にはカウントされません。.

ソフトバンクは2日、内川聖一内野手と来季の選手契約を締結せず今季限りで退団すると発表した。今季1軍出場なしに終わった内川は1日のウエスタン・リーグ最終戦の阪神戦後に今季でソフトバンクから退団すると表明していた。, 【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法, 今季、開幕前の練習試合で不振に陥り、開幕1軍入りを逃した内川。開幕してからは、若手を起用し育てるというチーム方針もあって、1軍昇格は一度もなかった。「3番・一塁」でスタメン出場し、2打数0安打1四球に終わった同戦後には「今年1軍でやってダメだったらいつでも(辞める)、という気持ちでシーズンに入ったんですけど、1打席もチャンスがないということになってしまいましたので、ちょっとこのまんまじゃ終われないな、というのが正直なところ」と、退団という道を決断した胸の内を語っていた。, 現役最多の通算2171安打を放ってきたヒットメーカーも、2018年は打率.242、2019年は打率.256と結果を残せず。今季はウエスタン・リーグで42試合に出場し、打率.327、1本塁打17打点の結果を残していた。今後は他球団への移籍を目指し、オファーを待つことになる。, 「1打席も1軍でチャンスを貰えなかった」 ホークス退団の内川、最終戦セレモニー全文, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). TEL:03-3820-0831. ルーキー左腕をいきなり打ち砕いた。初回1死二塁。柳田は1ボールから左腕浜屋の甘く入った143キロを振り抜いた。左中間への打球が軽々とフェンスを越える。3試合ぶりの26号は先制2ラン。「チャンスだったし、集中して打ちに行けた」。手応え十分の一発を放ったスラッガーはベンチに戻ると、バレンティンと一緒に「L」ポーズをつくって喜んだ。, 左腕からは今季10本目のアーチ。左投手に対して打率3割9分1厘で、対右投手の3割2分5厘を大きく上回る。そのデータ通り、先発としては初対戦だった浜屋も餌食にした。, 5回には右のサイドハンド平井の直球を左前へ。10月は全6試合で安打をマークし、マルチ安打は早くも3度目。9月の月間打率は2割9分9厘に終わったが、10月は打率4割5分5厘と快音が止まらない。, シーズン最終盤に差し掛かったところで状態が上向いているのは頼もしい。10月に入って打率を8厘上昇させて3割4分3厘。リーグトップのオリックス吉田正まで6厘差と迫り、2年ぶり3度目の首位打者も再び視野に入ってきた。, 4度出塁した柳田は、追加点が欲しいところだった5回と7回に好機を演出。だが打線は7回1死一、三塁からフライ二つでチャンスをつぶすなど、流れを相手に引き渡してしまう。リードを広げるどころか、じりじり詰め寄られ、逆転負けを喫した。, 3回以降で三者凡退は逆転された後の9回だけ。工藤監督は「確かに一本出ればということになるが、それをさせないように相手もしている。そういう中で今日は出なかったということ」と語った。ただ、敗戦の中でも、柳田は打点を69として西武山川を抜いてリーグ3位となった。得点源の復調はラストスパートに向けての明るい材料だ。 (鎌田真一郎), 【毎週更新】新グッズやペイペイD観戦チケットも!ホークス今週のプレゼント応募はコチラ. ソフトバンクは2日、ウラディミール・バレンティン外野手と岩嵜翔投手を出場選手登録した。アルフレド・デスパイネ外野手が右膝痛のために出場選手登録を抹消されており、その代役として8月21日に出場選手登録を抹消されファーム暮らしが続いていたバレンティンに白羽の矢が立った。, 【写真】バレンティンの打球が直撃… 破壊された1台200万円のPepperの実際の画像, この日1軍練習に合流したバレンティンについて、工藤公康監督は「報告自体はだいぶ良くなっていると聞いています。(王貞治)会長が向こうに行ってから、ちょっと打つスタイルも変わってきましたし、少しずつ良くなっているという報告を聞いています」と語る。数日前に王貞治球団会長が筑後のファーム施設を訪れ、バレンティン本人と話したことで状態が上がり始めたという。, 一方で、開幕からファーム暮らしが続く内川聖一について指揮官は「(内川という声が)ないわけではありませんでした。ただ、9月の成績だけと考えるとちょっと、そんなにいい方ではなかった」と説明。ここまでウエスタン・リーグ33試合で打率.325を残しているものの、9月の月間打率が.206と下降していることを挙げた。, 「デスパイネというポジションと、彼に期待するところ、ということで同じように期待できる選手はという意見もありました。グラシアルの体調のこともしっかり考えれば外野を守れるというのは1つみんなが考えたところではないかなと思います」とも工藤監督は語る。バレンティンの9月の月間打率は内川を下回る.138だったが、ポジションの兼ね合いからもバレンティン昇格を決めたとしていた。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). ソフトバンクは2日、ウラディミール・バレンティン外野手と岩嵜翔投手を出場選手登録した。アルフレド・デスパイネ外野手が右膝痛のために出場選手登録を抹消されており、その代役として8月21日に出場選手登録を抹消されファーム暮らしが続いていたバレンティンに白羽の矢が立った。