ソ連軍の被服ではコットンの板紐をボタン留めする物が殆どですが、ゴルカでは初めから両端を縫い付けられた幅広のゴム紐で出来ています。 ズボン用サスペンダーはコットン製で、サイズ調整金具類は一切なく、背中側のゴムの伸縮と、ボダンループの位置で調整します。 ソ連兵はドイツ兵と違い、一般的な48時間休暇のような短期間の休暇さえ滅多に認められていなかった。 入浴できたり、髭を剃れたり、制服を洗って修繕できたりしただけでも兵士にとって大きな喜びの種だったというのは、こういう事情があったからだ。 戦争序盤、赤軍が壊滅の危機に瀕した悲惨な時期、ソ連兵は常に前線に配置され、彼らに休息や保養の暇はなかった。, 特に前線の兵士の間では、基本的な衛生上の規則はほとんど遵守されていなかった。ソ連兵はドイツ兵と違い、一般的な48時間休暇のような短期間の休暇さえ滅多に認められていなかった。入浴できたり、髭を剃れたり、制服を洗って修繕できたりしただけでも兵士にとって大きな喜びの種だったというのは、こういう事情があったからだ。, 適切な衛生環境の欠如は、病気や感染症の蔓延につながった。ドイツ兵とは異なり、ソ連兵には命に関わる別の敵がいた。シラミだ。兵士の時間と注意の多くが、この小さく恐ろしい寄生虫との戦いに割かれた。戦争中、96パーセントものソ連兵がシラミの寄生に苦しんだ。, 退役軍人のアレクサンドル・シュミリン氏はこう回想する。「包帯の下でシラミが這い、肉や傷を食った。負傷兵は絶叫し、発狂した。包帯を外すこともできないのだ。」, シラミと戦うため、消毒効果のある風呂を備えた特別列車が送られた。しかし、兵士らは自分でシラミ退治をすることを強いられることが多かった。火の明かりで縫い目を探し、小さな虫を殺すため服を煮沸した。, 通常ソ連兵は一日に2度食事をとっていた。日の出の後と日没後だ。しかしこれは主に後方軍にしか当てはまらなかった。特に1941年から1942年まで、敵と戦っている最中の前線軍は数日間空腹に耐えることを強いられた。, 軍の指揮を高めるため、兵士に一日100グラムのウォッカが配給された。しかし1942年の半ばを境に、この習慣もなくなった。酒が与えられたのは、出撃前の兵士やパイロット、後方で働く一部の人員だけだった。, 熾烈で劇的な戦闘の間でさえ、しばしば俳優や歌手がソ連軍の慰問に訪れた。士気を高めるために企画された娯楽だった。一部の幸運な兵士は、ソ連の銀幕や舞台のスターの演技を見る機会に恵まれた。, 有名なロシア人フォークソング歌手のリディア・ルスラーノワは、戦略的に最も重要な戦闘の間、しばしばソ連軍を慰問した。ドイツ軍の攻撃が始まった時でさえ、彼女はコンサートを中断しなかった。1945年5月2日、彼女はドイツ国会議事堂の階段で演奏を披露した。, クラウディア・シュリジェンコとそのジャズバンドは、900日に及んだレニングラード包囲のさい何度も慰問に訪れ、多くの防衛者たちを鼓舞した。彼女はレニングラード防衛記章を授与された。, ソビエトの象徴的な銀幕のスターで歌手のリュボーフィ・オルロワは、ほとんどすべての戦線で兵士らのためにコンサートを開いた。, ソ連の人気歌手レオニード・ウチョーソフとそのバンドは、軍の前で演奏を披露しただけでなく、彼らが出資して作られた2機のラボーチキンLa-5戦闘機を軍に贈与した。, 静寂のひと時(そのような時間はごく稀だったが)には、ソ連兵らはチェスやドミノ、チェッカーをして時を過ごした。, 読書も人気の気晴らしだった。自分の本を持っている者もいたが、多くの兵士は、新聞を読んでいる者の周りに集まるのを好んだ。誰かが故郷から届いた個人的な手紙を音読したいと言えば、いつでも大歓迎された。 第二次世界大戦中のロシア兵の生活についてもっと知るにはこちら。, このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。, 開戦後の悲惨な数年間、ソ連兵には僅かな喜びを得る時間や機会さえなかった。空腹で疲労困憊した兵士らにとって、入浴と温かい食事だけが喜びの種ということもしばしばだった。, Chelyabinsk State Museum of Local History/russianphoto.ru. ソ連兵はドイツ兵と違い、一般的な48時間休暇のような短期間の休暇さえ滅多に認められていなかった。 入浴できたり、髭を剃れたり、制服を洗って修繕できたりしただけでも兵士にとって大きな喜びの種だったというのは、こういう事情があったからだ。 また、装備を集めるにあたりソ連~最新fsb装備についてご質問・疑問点・お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。 会員登録につきまして、登録料や年会費は一切かかりません。無料でございます。 tip18からは標準装備となっていた。機種は異なるが、防弾装備に乏しいSu-2が「空飛ぶガソリンタンク」などと言われている事を考えると、このセルフシーリングも一定の効果はあったのだと考えられる。, ソ連のセルフシーリングタンクは、30年代後期のタイプは7.62 mm弾まで対応、41年に開発された新型では12.7mmが貫通しても燃料漏れを防ぐ事が出来たという。しかしながら41年初期の機体達はまだ37年タイプを使用しており、41年の新型の初使用はTB-7(Pe-8 4発重爆撃機)からであった。, セルフシーリング機構はゴムとкорда(破損しても形状をとどめる為の布製生地と思われる)の異なる層によるゴム製覆いであった。それぞれの層は以下の通り。, 戦いの途中でYakやLaの系列機には防弾ガラスが実装されるようになった。防弾は大事だが、視界は出来るだけ狭めたくない。そんな時に用いられる装備である。主に風防正面とパイロットの頭の後ろ辺りに装備され、Yak機辺りでは良好な視界を得ながらもパイロットの生存率を向上させることに成功している。これらは少なくとも小口径の徹甲弾を防ぐことが出来たとされる。, 最初の機体であるYak-1は先に述べた通り、防弾鋼板とセルフシーリングタンクを備えており、40年代戦闘機の最低限のパイロット保護を備えていたと言えるだろう。座席鋼板厚は8 mm。資料によっては9 mmとしているものもあった。, 燃料タンクの方はゴムで覆われたもので、厚さはそれぞれ、上部4 mm、側面6 mm、下部8 mmとなっていたというが、他のセルフシーリング関連の記述とやや異なる。燃料タンクは最初金属製であったが、不具合が出たので後に繊維性の素材のものとなっている。これには柔軟性、熱やガソリンへの耐性があり、また軽量という利点もあった。, 102番バッチ(1942年9月~)以降の生産機は、エンジン排気を冷却し不活性ガスとしたものを燃料タンクに充満させ、気化したガソリンが爆発する事を防ぐ機構が実装されている。セルフシーリングタンクと合わせる事で、出火や爆発のリスクはかなり抑えられるものと思われる。, (Yak-1の欄に記述しているが、時期的に次のYak-1bと同時期であるかもしれない), Yak-1の改良型であるYak-1b(※1)では風防が突出型となり、これに合わせて新たに防弾ガラスが装備されるようになった。前方と後方にそれぞれ64 mm厚の防弾ガラス(資料によって値は異なる事がある)を配置。これは7.62 mmの徹甲弾を完全に防ぐ事が出来た。これにより視界を確保しながらもパイロット保護能力を向上させることに成功したと言える。, ※1:この名称は正式なものでは無いのだが、どの型かを指すのに便利なので使用している。, 具体的な数値はいまだ見つけられていないが、Yak-1に準じた装備を有していたと思われる。, 戦闘機の際に燃料タンクはセルフシーリング化が行われており、座席は防弾鋼板となっている。, 余談だが、練習機型であるYak-7Vなどはセルフシーリングではなく、通常の燃料タンクであった。 その為これらの機体は戦場で用いられる事は無かった。, Yak-9もそれまでとほぼ同じ防弾装備を備えていた。座席は8 mm防弾鋼板。正面及び後方に64 mm防弾ガラスがあった。防弾ガラスはYak-9Mのもので16 kgという情報があるが、これは1個なのか2つ合わせてなのか不明。(2つ合わせてという事なら軽すぎる気もする), D, TD型やDD型のように複数の燃料タンクを持つ機体も、それらのタンク全てがセルフシーリング化により保護されていた。ゴム厚さに変化があったかは現在調査中である。, なおごく一部のYak-9Uは、正面に曲面で形成された無防弾の風防(Yak-3の物と似ている)を備えていたが、その理由は不明である。正面からの攻撃の防御より視界の方が重要と考え試験したのだろうか?, Yak-1系列のは派生機であるYak-3、この機体だけは前方の防弾ガラスがオミットされ、枠が少なく視認性に優れる曲面整形の風防に置き換えられた。軽量化作業の一環であり、対戦闘機空戦能力に特化する為かと思われる。, 8 mm防弾鋼板と64 mm後部防弾ガラス、セルフシーリングタンク、不活性ガス充填システムは引き続き搭載されていた。, これに加えて、コクピット左側側面――スロットルの上部の辺りを保護するように長さ500 mm:高さ100 mmの3.5~4 mm厚の装甲板が追加されおり、これは斜め後方からの攻撃から左手を保護する為だと考えられる。, 防弾鋼板 8.5 mm/後部防弾ガラス 64 mm/左側面装甲板 3.5~4 mm, ラヴォチキン・ゴルヴノフ・グドコフらによって開発された木製戦闘機LaGG-3。これも他機と同様、座席が鋼板で作られていた。資料によって8, 9, 10 mmとそれぞれ違うらしい。, これは生産時期によって厚さが変化していたのか、工場によって仕様が異なっていたのか、または他の理由によるものなのかは不明である。, 燃料タンクはマグネシウム-アルミニウム合金製で、それらは厚さ8 mmのゴムなどの防漏剤でカバーされていた。これも他機と同様最初から備えられているものである。, いくつかの文献やサイトでは、最終生産ロットのシリーズ66でのみ防弾ガラスが装備されたとされているが、実際に装備されている機体は確認出来ていない。確かにこのシリーズ66では風防がLa-5系列と同じ物になっているのだが、どの機を見ても55 mmとするものもある)さらにLaGG-3と同様エンジン排気を燃料タンクへ送る機能も追加されていた。排気は機体左側排気管の2・3番目から引かれており、外見からでも識別可能となっている。, また、この後期型で防弾ガラスを実装したという情報があるが、実際に実装されている事は確認されていない。MiG-3の風防は曲面で形成されたタイプであり、La-5FやYak-1bの様に防弾ガラスを実装するには、風防形状そのものを変更する必要がある。, OSPREYのMiG-3 Aces of World War 2において、防弾ガラスと思われるものを装備した写真があるが、どうやらいつ、どこで、誰を撮影した物であるかは分かっていないらしい。後期型で他に装備しているものが見つからないことや、取り付けが応急的なように見えることから、これは防空軍で現地改修によって作られた防弾強化型ではないかと考えている。[独自研究] ソ連軍装備一式(軍服からヘルメット、帽子等)が販売してあるウェブサイトはありませんか? ソ連軍と言っても革命当時から冷戦終結のソビエト崩壊まで70年近く存在し、制服や野戦服も時代により変遷 … ソ連軍歩兵。チュラグレイカ野戦用防寒服を着用した典型的な冬季姿の歩兵。 ... とした作品作りを行うにあたって、当時の人物、特に軍関係者を描く際には、服装や装備のディテールを描くことが欠かせま … 断面からするとかなり厚さがあり、YakやLaと同じような厚さの物を2枚重ねているのかもしれない。そうだとすれば相当な口径の弾まで防ぐことが可能と思われる。, MiG-3は機種統合の流れもあり42年末には生産終了なので、これ以上の防弾性の発展はない。, ソ連主力戦闘機の防弾性能はこのような感じである。ソ連は37年から防弾鋼板を備え、39年にはソ連なりの自動防漏タンクを完成させ、41年頃には不活性ガス供給システムを実装、42年からは防弾ガラスを完備……と言う感じだろうか。いまだ「人命軽視」などと言われるソ連であるが、パイロット保護はちゃんと考えていたのだ。パイロットの育成には時間がかかる事くらいソ連だって知っていたし、命を守る為の対策も行っていたという事である。, これだけの装備があっても、形勢が逆転するまでソ連機の損害が減る事は無かったが、パイロットの生存性はそれなりに向上したのではないか?とは思う。残念ながら年ごとのパイロットの死亡数などのデータは見たことが無いので憶測ではあるが…機会があれば調べてみたい。, 文中にもありますが、防弾装備の厚さは資料によって異なるものであるので注意して下さいまし。, I-16の防弾性能:世傑ラヴォチキン 鹵獲I-16についてのコラム&世傑I-16 P.63, 不活性ガス充填システム:Yakovlev Fighters of World War Two:P.59, Yak-7の防弾装備:Yakovlev Fighters of World War Two:P.138, Yak-3の防弾装備:http://army.lv/ru/yak-3/modifikacii/504/165, Yak-9の防弾装備:http://coollib.com/b/261705/read, LaGG系の防弾装備:http://coollib.net/b/263274/read, LaGG-3初期型について:http://wunderwafe.ru/Magazine/AirWar/68/04.htm, La-5系の防弾装備1:http://legendary-aircraft.blogspot.jp/2013/05/Konstrukcija-La-5.html, La-5系の防弾装備2:http://coollib.com/b/263275/read, La-7の防弾装備:http://pro-samolet.ru/samolety-sssr-ww2/istrebiteli/70-istrebitel-la-7, La-7のセルフシーリング:http://www.litmir.me/br/?b=190500&p=19, MiGの防弾:http://legendary-aircraft.blogspot.jp/2013/05/Modifikacii-MiG-3.html, MiG-3の防弾ガラス:MiG-3 Aces of World War 2 P.48, MiG-3パイロットフォトギャラリーにて:http://mig3.sovietwarplanes.com/mig3/personnel.html, 防弾ガラス(露Wiki):https://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9F%D1%80%D0%BE%D0%B7%D1%80%D0%B0%D1%87%D0%BD%D0%B0%D1%8F_%D0%B1%D1%80%D0%BE%D0%BD%D1%8F, 不活性化システム:http://www.warbirds.jp/ansq/11/A2002388.html, 今に残る防弾鋼板:http://vif2ne.ru/nvi/forum/arhprint/135044, 37年や41年のセルスシーリングタンク:http://litread.me/pages/513535/554000-555000?page=7, 第三・四層…ゴム製のкорд…?布だけなのか布とゴムを合わせているものかよく分からない.