11 r 第67回ダイヤモンドs(g3) 芝左3400m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45 過去のダイヤモンドs. 毎週重賞データ予想をお届けします♪. 受取方法は友達追加後にお知らせがくるよ♪ 過去10年のデータ(年度と馬場状態、枠順、性齢、斤量、馬名と所属、人気、前走の着順と着差)をもとにダイヤモンドs2020の予想をしています。表を色分けして、視覚的にも分かりやすくしています。 サラ系4歳上オープン (国)[指] ハンデ  2020/2/22(土)東京競馬場で行われるのは、天皇賞・春へと繋がる長距離重賞。第60回ダイヤモンドS(芝3400m)。長距離のハンデ戦と、少し難しい一戦。まずは過去10年を振り返ります。, 距離があるぶん、枠の有利不利はさほどありませんが、8枠が4勝7連対と好成績。脚質別では差し~追い込み馬に注目。, 過去10年のダイヤモンドSにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は7勝8連対と高アベレージ。連対を外した2年も2番人気が連対しており、上位人気が崩れることはなさそう。, ハンデ戦とはいえ、軽ハンデ馬よりも重ハンデ馬が好成績。トップハンデ馬は6連対で、崩れたのは昨年のルミナスウォリアー1頭だけ。, ハーツクライ産駒が4勝6連対で頭ひとつ抜きん出た感。今年もタイセイトレイル、レノヴァールの2頭が出走予定。, 単勝人気別の傾向から→1番人気が7勝と断然。崩れた年も2番人気がカバーと上位人気は信頼できる。, -データ分析 では前走どういった結果やローテの馬が活躍しているのか。 これも調査しましょう。 まず、 前走2着の馬は高い複勝率と回収値を持ってます。 また、大敗した馬も活躍できるようなので、すぐには成績だけで切らない方が無難。 上がり:4F 46.7 - 3F 34.4, ペース:スロー (+1.9)テン:4F 50.7 - 3F 38.2/ 2020/2/22(土)ダイヤモンドSの予想です。過去の傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走)から好走データに該当する注目馬をピックアップ。東京芝3400mのコース分析やリーディング上位種牡馬のデータ分析も行なっています。

サラ系4歳上オープン (国)[指] ハンデ  レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。, ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 曇 良・芝3400m 16頭, 【ダイヤモンドS】ぶつかる芦毛の意地と意地!波乱の決着はミライヘノツバサが制す! - トピックス, 【ダイヤモンドS】飛躍狙う4歳馬が連勝でタイトル奪取へ!…土曜特注情報 - トピックス, 【ダイヤモンドS】過去10年で勝率70%!"荒れそうな重賞"で信頼できる軸馬! - トピックス, ペース:スロー (+3.8)テン:4F 49.1 - 3F 36.8/ サラ系4歳上オープン (国)[指] ハンデ  ダイヤモンドS(G3) ダ2100 12 重 2:14.50 ロングアイランドサウンド ヘファナ [外]オブライ 2016/02/20 1東京7 雨 11 ダイヤモンドS(G3) 芝3400 16 稍 3:37.8 38.2-37.1 トゥインクル 勝浦正樹 [西]牧田和弥 フェイムゲーム ファタモルガーナ 1東京7 ダイヤモンドs データ [単勝人気馬の傾向] 過去10年のダイヤモンドsにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は7勝8連対と高アベレージ。連対を外した2年も2番人気が連対しており、上位人気が崩れることはなさそう。 ダイヤモンドs(g3)連対馬の過去結果を「血統」の視点でまとめた中央競馬重賞レース予想支援データ。過去10年・過去5年・近年・任意年など、自由にレース傾向や予想のヒントが検討できる長所がありま …

All rights reserved. サラ系4歳上オープン (国)[指] ハンデ  ダイヤモンドsの過去10レースにおける三連単の平均配当金額は473,582円で、これは重賞レース140戦の中で127番目の数字。 上がり:4F 47.2 - 3F 35.2, ペース:スロー (+2.3)テン:4F 51.5 - 3F 38.7/ Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 上がり:4F 49.7 - 3F 37.1, ペース:スロー (+5.1)テン:4F 50.3 - 3F 37.5/ ダイヤモンドSの歴史と概要 2014,15年の優勝馬フェイムゲーム 東京競馬場における最長距離の3400mで争われるマラソンレースで、その時代を代表するステイヤーたちがしのぎを削る。 サラ系4歳上オープン (国)[指] ハンデ  Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. -10年, 2020, ダイヤモンドS, ダイヤモンドステークス, データ, 予想, 傾向, 出走予定馬, 分析, 台頭馬, 穴馬, 過去, 騎手, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 2020/2/22(土)東京競馬場で行われるのは、天皇賞・春へと繋がる長距離重賞。第60回ダイヤモンドS(芝3400m)。長距離のハンデ戦と、少し難しい一戦。まずは過去10年を振り返ります。, 距離があるぶん、枠の有利不利はさほどありませんが、8枠が4勝7連対と好成績。脚質別では差し~追い込み馬に注目。, 過去10年のダイヤモンドSにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は7勝8連対と高アベレージ。連対を外した2年も2番人気が連対しており、上位人気が崩れることはなさそう。, ハンデ戦とはいえ、軽ハンデ馬よりも重ハンデ馬が好成績。トップハンデ馬は6連対で、崩れたのは昨年のルミナスウォリアー1頭だけ。, ハーツクライ産駒が4勝6連対で頭ひとつ抜きん出た感。今年もタイセイトレイル、レノヴァールの2頭が出走予定。, 単勝人気別の傾向から→1番人気が7勝と断然。崩れた年も2番人気がカバーと上位人気は信頼できる。, -データ分析 サラ系4歳上オープン (国)[指] ハンデ  上がり:4F 47.5 - 3F 35.3, ペース:スロー (+4.2)テン:4F 50.5 - 3F 37.8/ 長距離重賞、ダイヤモンドステークス2020です。長距離G1天皇賞春に向けた一戦ですが、過去10年では、ダイヤモンドステークスをステップに天皇賞春で好走したのは、フェイムゲーム(2015年)のみです。本番には結びつかないレースと言って良いかもしれません。, 過去10年のダイヤモンドステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。以前は波乱傾向のハンデ重賞という印象でしたが、近年は大きな波乱がなくなり、順当な決着が続いています。, では過去10年のダイヤモンドステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。, 過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中13頭を占めます。馬券圏内に来なかった年がありません。, 過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中6頭を占めます。軽ハンデ馬の穴馬の好走が目立ちます。, 3レースを合わせると、過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中16頭を占めます。前走の着順や人気に関係なく、好走例の多いローテとなっています。, 過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中10頭を占めます。好走例が多く、例年好配当を演出しています。, 今年のダイヤモンドステークス2020は、ほぼ例年並みのメンバー構成だと思います。上位争い中心は、好走例の多い万葉ステークス組や日経新春杯組になるでしょうか。過去、穴をあける傾向にある前走2勝~3勝クラス出走馬の取捨も馬券のポイントになりそうです。, 2走前のセントライト記念で狙って14着。重馬場で勝ち時計2:11.5という高速決着も合わなかったかもしれません。休養明けの前走迎春ステークス(3勝クラス)は、勝ちっぷりも良かったですし、ゆったりとした流れになる長丁場も合いそうです。ここで伏兵扱いなら…。, 過去好走例の多い万葉ステークス組。レノヴァールと迷って、タガノディアマンテを選びました。前走楽勝した力を考えれば、勝ち負けがあっても良さそうです。, 前走オリオンステークス(3勝クラス)を完勝。近年は、前走3勝クラス(旧1600万クラス)勝ち馬の好走がありませんが、今年のメンバーなら無くは無い感じでしょうか。過去8枠の好走が目立つレースですし、波乱の演出があっても…。, 過去好走例の多い日経新春杯組。前走日経新春杯は、ハナ差4着で馬券が外れることになりましたが、懲りずに再度狙いたい一頭です。前走は、プラス14kgの馬体重の影響もあったかもしれません。なかなか勝ち切れなタイプに見えますが、長丁場では大崩れしていないのは魅力です。, 簡潔なまとめです。馬券的には、3着、5着、7着、16着でした。本命◎オセアグレイトは、3着でした。, 3連単3,555,600円の大波乱決着でした。単勝も32,550円…これは買えないです。, 道中インコースでじっと脚を溜めていた本命オセアグレイトが直線抜け出す中、外からミライヘノツバサとメイショウテンゲンが突っ込んで来る決着でした。オセアグレイトは期待していた通りの騎乗だったので、個人的にはこれで負けたら仕方ないと思っています。, ミライヘノツバサとメイショウテンゲン。過去7~8枠の好走が目立つレースですが、ミライヘノツバサは手が回らないです。難しい…。, そして圧倒的1番人気だったタガノディアマンテ。かなり離れた最後方…。向こう正面から徐々に進出して、大外に出す追い込みでした。直線では既に脚色が悪く…。残念でも何でもなく、不可解という印象を受けました。, Please enable JavaScript!Bitte aktiviere JavaScript!S'il vous plaît activer JavaScript!Por favor,activa el JavaScript!antiblock.org.