行定勲(ゆきさだ いさお)監督. 原作:島本 理生「ナラタージュ」(角川文庫 刊). 横から見るか?』、共にフジテレビ)の助監督、林海象監督のインディーズ系映画の助監督等を経て、岩井俊二監督の劇場映画『Love Letter』(1995年、ヘラルド・エース)・『スワロウテイル』(1996年、日本ヘラルド)、ハル・ハートリー監督の『フラート』(1995年)等に助監督として参加。, 『OPEN HOUSE』(1997年、松竹)で長編映画初監督(第2回みちのく国際ミステリー映画祭 in 盛岡で新人監督奨励賞グランプリ 2017年10月7日公開、2時間19分の恋愛映画です。 監督. All Rights Reserved. 配給:東宝=アスミック・エース. 脚本:堀泉 杏 音楽:めいなCo. All Rights Reserved. 映像が綺麗で静かなトーンなのが心地良い原作読んでいないですが柚子ちゃんの話は省略されてるんだろうなーと。そこをもう少しし... 映像は綺麗で、音も心地よく、映画館で見たくなるしっとりとした雰囲気。全体的な演出は好きなテイストだった。ただ&helli... 高校時代に恋した教師と再会し、熱い思いがよみがえる……。切なくも危ういラブストーリー『ナラタージュ』でヒロインを演じた有村架純が、女優としての成長も実感したという本作について、思いを語った。, 「Yahoo!映画」はYahoo! クレジット. ナラタージュ(2017年10月7日公開、監督) リバーズ・エッジ (2018年2月16日公開、監督) [13] 劇場 (2020年7月17日公開、監督) [14] Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 「アンダスタンド・メイビー」「夏の裁断」などで知られる島本理生による小説を、行定勲監督が映画化したラブストーリー。高校教師と生徒として出会った男女がおよそ1年後に再会し、純粋に愛し合っていくさまを切な... 制作プロダクション:東映東京撮影所. Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. 監督:行定 勲. 有村さんは『ナラタージュ』で行定監督とともに招待された Photo by Getty Images 2020.05.02

制作協力:ザフール 企画協力:KADOKAWA. ナラタージュ: 製作年度: 2017年: 上映時間: 140分: 製作国: 日本; ジャンル: ロマンス; ドラマ; 監督: 行定勲; 原作: 島本理生; 脚本: 堀泉杏; 音楽: めいなCo. 第28回日本アカデミー賞優秀賞を獲得した2004年の『世界の中心で、愛を叫ぶ』でも監督・脚本をつとめました。 『ナラタージュ』を観た人なら、きっとあのシーンを思い出すのではないか。, 冒頭、大学生になった工藤泉(有村架純)が葉山先生(松本潤)から母校の演劇部に呼ばれ、久しぶりに顔を合わせたときのこと。葉山先生は、泉がずっと慕い続けており、卒業のときにたった一度だけ唇を重ねた相手だった。様々な思いが去来し、会話が出てこないときに泉から出てきた言葉は、「最近なに映画、見ましたか?」。様々な思いを抱えすぎて、言葉が出ないからこその、ひと言だった。, 2017年10月に開催された釜山国際映画祭にて。有村さんは『ナラタージュ』で行定監督とともに招待された Photo by Getty Images. 熊本県[1]熊本市出身[2]。小学生の時、熊本城で黒澤明監督の映画『影武者』が撮影されている現場を見て映画を作る人になりたいと思い[1]、熊本県立第二高等学校卒業後[3]、映像系の専門学校である東放学園映画専門学校[4]在学中より製作会社へ入社[5]。岩井俊二監督のテレビドラマ(『GHOST SOUP』・『打ち上げ花火、下から見るか? 島本理生が20歳の時に執筆した鮮烈な書き下ろし作『ナラタージュ』を、『世界の中心で愛を叫ぶ』から『ピンクとグレー』までの感情を揺さぶるラブストーリーを発表し続ける行定勲監督が …

続きをみる. 製作:「ナラタージュ」製作委員会. 主題歌:「ナラタージュ」adieu (ソニー・ミュージックレコーズ)/作詞・作曲:野田 洋次郎. JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. 行定勲監督と有村架純さんといえば、思い出すのが2017年に公開された映画『ナラタージュ』。直木賞作家・島本理生さんの小説を映画化したもので、松本潤さんと有村さんが主演の作品だ。, 「『ナラタージュ』は2016年に撮影した作品で、私が23歳の時に出会いました。この作品は私にとって、映画という世界でもっと生きていきたい、映画という世界をもっと深く知りたい、と強く感じさせてくれた作品となりました。行定さんはとにかく映画へのリスペクトが素晴らしいです。『ナラタージュ』の作品を持って釜山映画祭に行かせていただいた時、映画を愛する皆さんが行定監督を信頼し愛していることがすごく伝わる素敵な日になりました。個人的には釜山映画祭にてアジアスターアワードをいただけた作品でもあり、とても心に残る作品となっています」, 「映画へのリスペクトがあり、そして映画を愛する人たちに愛されている」――そんな行定監督が作った『きょうのできごと a day in the home』にも、まさに映画愛が込められている。他愛もない会話から、「どんな映画見た?」と言い始める男性陣。 映画「ナラタージュ」作品情報. この頃から一部業界関係者から注目され始める[5]。その後『OPEN HOUSE』を観たプロデューサーからの依頼で、『ひまわり』(第5回釜山国際映画祭批評家連盟賞[1])で劇場公開監督デビュー[5]。『GO』(第25回日本アカデミー賞作品賞・最優秀主演男優賞・最優秀助演男優賞・最優秀助演女優賞)の成功で一躍脚光を浴び、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『北の零年』、『春の雪』などの監督作品でヒットメーカーとなった。, 2002年には、ミュージシャンで小説家の辻仁成原作の『サヨナライツカ』が、行定監督、坂本龍一の音楽、ワダエミの衣装、中山美穂と大沢たかおの主演で、フジテレビ製作、全国東宝系にて映画が公開される予定だったが、クランクイン直前に行定が降板した[6]。, 2006年4月からは、生まれ故郷のFM局(エフエム熊本)で月1回の生放送ラジオ番組『月刊行定勲』をスタートさせた[1]。2007年から舞台演出も手掛ける[3]。, 2010年、映画『パレード』が第60回ベルリン国際映画祭において国際批評家連盟賞を受賞。2018年、映画『リバーズ・エッジ』で2度目の国際批評家連盟賞を受賞した[7]。, 2020年は4月17日公開予定だった『劇場』と6月5日公開予定だった『窮鼠はチーズの夢を見る』が、新型コロナウイルス感染症流行の影響で相次いで公開延期の憂き目に遭う。感染予防のために外出自粛が呼びかけられる中、「落ち込んでも何も生み出せない。困難な状況だからこそ作品作りを諦めてはならない」という決意のもと、伊藤ちひろとの共同脚本でリモートでの映画製作に取り組み、4月24日、YouTube Liveにて新作短編映画第1弾『きょうのできごと a day in the home』を配信。企画立ち上げから2週間弱での公開という異例の早さだった[8]。リモート映画は1作にとどまらず、第2弾『いまだったら言える気がする』も製作。こちらは5月17日に同じくYouTube Liveで配信された[9]。, 『サヨナライツカ』はその後イ・ジェハン監督により、中山美穂主演という形は変わらず製作され、2008年に公開されている。, http://www.zakzak.co.jp/people/news/20141225/peo1412250700001-n1.htm, http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/17/0008998289.shtml, https://next.rikunabi.com/proron/1248/proron_1248.html, 映画『うつくしいひと』チャリティー上映会と行定勲監督トークショー、忘れらんねえよミニライブを開催!, https://mainichi.jp/articles/20180224/k00/00e/040/284000c, https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005010000895.html, http://www.sankei.co.jp/enak/2007/glace/jun/kiji/20cinema_closednote.html, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/22/kiji/20170321s00041000351000c.html, “行定勲監督「ステイホーム」映画第2弾に中井貴一×二階堂ふみ×BiSHアイナ・ジ・エンド”, https://archive.is/20150422233259/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150423-OHT1T50014.html, http://mantan-web.jp/2015/10/03/20151003dog00m200027000c.html, MOROHA『MOROHA BEST〜十年再録〜』リード曲「革命」、行定勲が手がけたMVが解禁, 玉木宏さんと木村文乃さんが兄妹役で共演 新シリーズ『妹は魔法使い』を2月15日より放送開始, 筧利夫と平幹二朗の、セリフとセリフのケンカ!行定勲演出の舞台『テイキング サイド』開幕, http://www.sankei.com/entertainments/news/150829/ent1508290015-n1.html, http://web.archive.org/web/20121114141615/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121114-OHT1T00015.htm, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/26/kiji/K20160626012855260.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=行定勲&oldid=80249641, Tears「サンタクロースがいっぱい」(1998年12月24日、テレビ朝日、演出), A SIDE B counseling 登校拒否の先生(2001年10月14日、BS-i、演出), A SIDE B counseling もうひとりの自分(2001年12月9日、BS-i、演出), にっぽんの名作〜朗読紀行 井上靖 猟銃(2003年1月28日、NHK BSハイビジョン、演出), キェシロフスキ・コレクション〜ゆらめく愛の輪郭/ワルシャワからパリへ〜(2006年公開、演出)(.