就労ビザには有効期限があります。就労ビザの有効期限は種類によって更新までの期間が異なりますので注意が必要でしょう。就労ビザの有効期限は「経営・管理」ビザの場合は5年、3年、1年、4か月もしくは3か月。 ・手数料4,000円, ・法定調書合計表のコピー(受付印があるもの) 特定ビザには、以下の5種類があります。, 起業ビザは、日本で起業する外国人の中でも「経済産業省の定める告示に沿って地方公共団体から起業支援を受ける起業家」のみが取得するビザです。 外国人が日本に滞在するには、観光以外ではビザが必要となります。ビザの種類は数多くあり、目的にあったビザを取得する必要があります。それぞれ在留資格が許容する活動範囲が定められており、活動内容を変更したり、活動範囲を超えて活動することはできません。 外国人採用に関するお困りごとは是非お気軽に行政書士法人フォワードまでお問い合わせ下さい。. ただし、この就労ビザの取得には、その職業に該当する日本国内の資格が必要となります。, 「医療」の就労ビザは、医師・歯科医師・看護師・薬剤師など医療に関わる種類の職業が該当します。 ・雇用理由書, 在留資格の中で、日本での就労が許可される就労ビザは全部で17種類。ビザの種類によって就ける職業や業務内容が決まっていて、それ以外の仕事をすることはできません。, 外国人が日本国内で転職する場合は、就労ビザの種類を確認し、場合によっては変更する必要があります。 2019年11月現在、外国人が日本に「滞在して、特定の活動をするための資格」である在留資格は、 全部で29種類 あります。 そのうち、日本で「働くことができる」在留資格(通称:「就労ビザ」)は 19種類 です。 商用/観光ビザ; 就労ビザ; 学生ビザ; 交流訪問者ビザ; 通過ビザ/クルービザ; 宗教活動家ビザ; 使用人ビザ; 報道関係者ビザ; 貿易駐在員・投資駐在員ビザ; 婚約者ビザ; 非移民ビザの種類 就労ビザは種類ごとに就ける職種や業務内容が定められていて、資格外の活動はできません。外国人が日本国内で転職する場合は、就労ビザの種類をチェックする必要があります。, 今回は、全種類の就労ビザと、それぞれどんな職業が当てはまるのかを見ていきましょう。, 日本に在留する外国人は、必ず取得しなければならない「在留資格」。在留資格は全部で27種類ありますが、就労が認められているものはそのうち17種類です。, この「就労が認められている在留資格」をまとめて「就労ビザ」と呼び、その種類によって就ける業種に制限があります。 在留資格の中で、日本国内での就労が許可されているものを「就労ビザ」と呼びます。 外国人本人か、雇用する企業の代理人・申請代行業者などが申請できます。, 変更後に申請したい種類の「在留資格変更許可申請書」に必要事項を記入し、所定のサイズの証明写真を添付して提出しましょう。, ・パスポート(原本) 日本国内で、介護・介護の指導などの業務に当たるときに必要となります。, 「興行」に該当する職業の種類は、かなりたくさんあります。 取得資格はポイント制で、学歴・職歴・年収などの合計ポイントが一定以上になると高度専門職ビザの取得が可能となります。, また、永住権取得の際に条件が緩和されたり、本人だけではなく家族の就労が可能になったりするなど、他の種類の就労ビザにはない優遇措置が受けられるのも特徴です。, 就労ビザ以外に、日本国内では就労ができない、または制限されている在留資格もあります。 ・外国人の学歴・職歴などを証明する書類 在留資格は入管法(法律)により上記の27種類が設定されています。 日本に入国・在留する全ての外国人は、日本で行う活動内容に適合 した在留資格を得る必要があります(「特別永住者」、「日米地位協定 該当者」等一部の外国人を除く。 17種類の就労ビザの内訳と、それぞれどんな仕事に適用されるものなのかを見ていきましょう。, 「教授」は、大学教授・助教授・助手などの職業の外国人が取得する就労ビザです。 それぞれの種類について、見ていきましょう。, 一般ビザは、国内で収入を得ることなく在留することを前提としたビザです。 エンジニア・デザイナー・通訳・企業に勤務する語学教師などが当てはまります。, 「企業内転勤」は、日本と外国両方に事業所がある会社の社員が、日本国内の事業所に転勤するときに取得する就労ビザです。 こちらの就労ビザも法律・会計業務と同様、その職業の日本国内の資格が必要となります。, 「研究」は、政府関係機関や日本企業で研究者として勤務するための就労ビザです。 ・損益計算書 大まかに言うと、音楽や美術作品の制作を職業としているのが「芸術」、大衆にパフォーマンス等を見せることで収入を得るのが「興行」という区分けになります。, 「宗教」は、宣教師や僧侶などの職業が当てはまる就労ビザです。 ただし、一見芸術活動に思えても、ダンサー・振付師・演出家・演奏家といった職業は「興行」というビザとなり、芸術ビザの取得はできません。 在留資格制度について分かり易く解説しています。在留資格制度の「入門編」としてこの記事を読んでいただければ、在留資格に関する大まかな全体像が理解できるような記事になっています。, 在留資格とは、「外国人」が日本に「入国・在留」するために必要な資格(許可)のことです。車を運転する為には「運転免許」という資格(許可)が必要なように、外国人が日本で勉強したり仕事をしたりする為には、在留資格という資格(許可)が必要になります。, 後で説明しますが、世間一般では在留資格のことを「ビザ」と呼ぶことが多いですが、厳密には「ビザ」と「在留資格」は違うモノです。, 上記で説明した在留資格は、「30以上」の種類があります。外国人が日本で行う活動(勉強する・働く・日本人と結婚するなど)によって、取得する在留資格は変わります。, それぞれの在留資格には、取得する為の条件が決められています。逆に言えば、どの在留資格の条件にも合わない外国人の方は、日本に来て働きたいと思っても日本で働くことはできません。, 外国人が日本で行う活動別の在留資格の種類です。同じ働くにしても、仕事の内容などによって外国人が取得する在留資格の種類が変わります。また、「働く」ではなく「活動」としているのは、日本で勉強する為の「留学」や、外国人旅行者の為の「短期滞在」といった在留資格も含まれているからです。, ※この表の「就労可能」とは、どんな仕事でも行えるという意味ではなく、その在留資格で決められた仕事のみを行えるということです。, 2019年4月に新設された在留資格「特定技能」については、下記記事でわかりやすく解説しています。, 上記の活動内容に基づく在留資格の他に、外国人の身分に基づく在留資格があります。身分系の在留資格は以下の4つです。, 身分系の在留資格の特徴は、就労の制限が無いということです。身分系の在留資格を持つ外国人は、違法な仕事以外であれば、どんな仕事をしてもOKです。雇用形態も正社員に限らず、アルバイト・派遣・パートタイマーなど様々な雇用形態で働くことが可能です。, ですから、例えばコンビニでのアルバイトや、スーパーの店員といった、他の在留資格では基本的に働くことができない業種でも、身分系の在留資格を持つ外国人であれば就労が可能です。, ビザとは、外国人が日本に来る前に、母国にある「日本大使館や領事館」で取得するモノです。ビザは正式には「査証(さしょう)」と呼ばれ、外国人が日本に入国する為には原則としてビザの取得が必要です。, ビザには、①外国人が持っているパスポートが有効であることの確認②入国させても問題なしという「推薦」の役割りがあり、一般的に上記画像のようなスタンプやシールがパスポートに貼り付けされます。, ここで注意が必要なのは、ビザ(査証)が取得できたからといって、必ず日本に入国できるとは限らないという点です。最終的に日本への入国を許可するかの判断は、空港などの入国審査官の審査を経て判断されます。とはいえ、ほとんどの場合はビザ(査証)の発給があれば日本に入国できます。, 次に、在留資格とビザの違いを、外国人が日本に入国するまでの基本的な流れに沿って見てみましょう。, ここまでで説明したように、本来は在留資格とビザ(査証)は「別のモノ」です。しかし、一般的に在留資格=ビザという認識で世間には定着しています。, その証拠に、プロである入管の職員も、外国人に対しては在留資格と言わずにビザという言葉を使う場面がよく見られます。ですから、在留資格とビザは本当は違うものだと理解する程度で、日常的にはビザと呼んでも差し支えはありません。, 上記で説明したビザ(査証)には、ビザ(査証)の免除という制度があります。例えば、アメリカ人が日本に旅行をする場合、アメリカにある日本大使館等に出向いてビザ(査証)の発給を受ける必要はありません。, これは、アメリカと日本の間で、相互にビザ(査証)を免除するという取り決めがされているからです。日本は60以上の国・地域との間でビザ(査証)免除の取り決めをしており、観光・会議・商用・知人訪問などの場合にビザ(査証)の取得が不要となります。, 在留カードとは、正規に日本に「中長期間」在留する外国人に交付されるカードです。旅行などで来日する外国人には交付されません。在留カードには、氏名,生年月日,性別,国籍・地域,住居地,在留資格,在留期間,就労の可否などが記載されています。, 在留カードには、外国人が日本に適法に在留していることを証明する「証明書」の役割りがあり、外国人には在留カードを携帯する義務があります。, 外国人の在留資格に関する手続きは複数あります。全てではありませんが、一般的な手続きについて順番に分かり易く紹介します。, 日本に入国を希望する外国人又は代理人(雇用先企業の人事担当者など)は、地方出入国在留管理局に申請書を提出することにより、事前に在留資格の認定を受けることができます。この認定を受けると「在留資格認定証明書」が発行されます。, 「在留資格認定証明書」があると、ビザ(査証)の申請の際や、入国時の日本の空港での上陸審査の際に、審査がスムーズになります。, この在留資格認定証明書の交付申請時には、「在留資格の該当性」や「基準適合性」などの面で審査が行われます。在留資格の該当性や基準適合性については、以下の記事で詳しく解説しています。, 既に日本にいる外国人が、自分の持っている在留資格から別の在留資格に変更する時の手続きです。, 例えば、留学という在留資格を持つ外国人留学生が、学校卒業後に日本で就職する場合は在留資格の変更が必要です。この場合に変更する在留資格で一般的なものに、「技術・人文知識・国際業務」や、「特定技能」といった在留資格があります。, また、既に日本で働いている外国人の方が日本人と結婚をした場合にも、在留資格の変更を行う場合が多いです。この場合は、就労系の在留資格(例えば「技術・人文知識・国際業務」)から、日本人の配偶者等という在留資格に変更申請を行います。, 在留資格変更許可申請では、在留資格の該当性や基準適合性といった面での審査の他に、今まで日本に住んでいた期間の「在留状況」といった面からも審査が行われます。在留状況には、「在留資格に応じた活動を行ってきたか」や、「納税義務を履行しているか」「入管法で決められた届出をしているか」などがあります。, つまり、在留資格変更をするまでの間、日本の法律等をしっかり守って生活をしていたかという面を審査されるということです。, 既に日本にいる外国人が、自分の持っている在留資格の有効期限(在留期間)を更新する時の手続きです。, 外国人が在留資格の許可を受ける時には、1年や3年といった在留期間が決められます。この在留期間を超えて日本にいたい場合は、在留期間が切れる前に在留期間の更新許可申請を行います。, 在留期間更新許可申請では、主に今までの日本での在留状況を審査されます。在留状況については、在留資格変更で触れた内容になります。(就労系の在留資格の場合で、途中で転職をした場合は、転職先での業務内容や給料の額、転職先の会社の財務状況なども併せて審査が行われます), 既に日本にいる外国人が、自分の持っている在留資格から「永住者」の在留資格に変更する時の手続きです。, 永住許可申請も在留資格変更の一種ですが、永住権を取得すると日本での活動や在留期間の制限がなくなるという特性上、他の在留資格よりも厳しい審査基準が設けられています。, 永住許可申請では、「素行が善良であること」「独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること」「その者の永住が日本国の利益に合すると認められること」といった面から審査が行われます。, 就労資格証明書は、主に外国人の方が転職をする時に使います。就労資格証明書には、転職先の会社で行う業務内容が外国人が持つ在留資格に該当することを証明する意味合いがあります。, 就労資格証明書を転職時に取得しておくことで、外国人本人は安心して転職先の会社で働くことができ、転職先の会社側も安心して外国人を雇用することができます。, 就労資格証明書交付申請では、転職先の会社での業務内容や給料の額、転職先の財務状況などの面で審査が行われます。, 自分の持っている在留資格では認められていない「収入を伴う活動」を認めてもらう場合に必要な手続きです。, 例えば、外国人留学生がアルバイトをする場合には、この資格外活動許可を得る必要があります。留学生が資格外活動許可を得てアルバイトをする場合は、1週間で28時間以内と制限が設けられています。, 資格外活動許可申請では、現在持っている在留資格の活動を邪魔しない範囲内で、かつ、資格外活動が相当かどうかといった面で審査が行われます。(留学生であれば、学業の邪魔にならないか等), 現在持っている在留資格の在留期間満了前に再び入国する意思を持って、一時的に日本から出国する場合に行う手続きです。, 再入国許可申請では、「再入国許可することが不適当な者でないか」といった面で審査が行われます。, 届出義務を守っていないと、在留期間の更新ができなかったり、新たな外国人を雇用できなくなったりする可能性がありますので、在留資格に関する届出はしっかり理解しておく必要があります。, 外国人本人が届出を行う場面には、以下のようなものがあります。以下の外国人本人がする届出は、「義務」です。, 会社がする届出は少し複雑です。まず、就労系の在留資格(特定技能以外)を持つ外国人を雇用・退職した場合、入管法上での届出は「努力義務」です。※特定技能の在留資格を持つ外国人が退職した場合の届出は「義務」です。, ちなみに、特定技能の在留資格を持つ外国人を雇用する場合は、在留資格変更許可申請という申請をする必要がある為、届出は必要ありません。, 次に、上記の入管法上での届出の他に、「雇用対策法」でも届出に関する規定があり、これは「義務」です。内容は以下の通り。, 外国人を雇用する事業主は、外国人の雇入れ・離職の際に、その氏名・在留資格などについて確認しハローワークへ届け出ること。(労働施策総合推進法第28条), この規定は、就労系以外の永住者や日本人の配偶者といった在留資格を持つ外国人を雇用する場合にも適用されます。※在留資格「外交」「公用」「特別永住者」は対象外。, つまり、外国人の雇用・離職時に、ハローワークへの届出は必須。入管への届出は特定技能を除き、努力義務ということになります。さらに、永住者や日本人の配偶者といった外国人の雇用・離職時は、入管への届出は不要ということになります。, 在留資格について種類やビザとの違いなどに焦点を当てて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。, 当サイトと行政書士試験の対策サイトを運営中。 ツイッターとフェイスブックでも最新情報を発信しています。, 新しい在留資格である「特定技能」を分かり易く解説しています。専門的な用語を極力使わずに、特定技能の全体像が把握できるような内容になっています。また、16の解説記事を使って、それぞれのより詳しい内容を徹底解説しています。, 在留カードの見方や更新について解説します。在留カードとは、日本に在留する外国人の中で、「中長期在留者」に交付されるカードのことです。企業の採用担当者が見るべきポイントなどもご紹介します。, 在留資格の審査ポイントである、在留資格の該当性について、わかりやすく解説しています。在留資格の申請をする場合は、この「在留資格該当性」に注意して、どの在留資格が該当するのかを考える必要があります。, 在留資格の審査ポイントである、在留資格の「基準適合性」について、わかりやすく解説しています。在留資格の申請をする場合は、この「基準適合性」に注意して、申請が適正かを確認する必要があります。, 外国人が日本で働く場合に取得する在留資格(ビザ)で一般的なものが「技術・人文知識・国際業務」という在留資格です。ここでは、技術・人文知識・国際業務の在留資格を取る為の条件や、実際の仕事内容、取得後の在留期間についてわかりやすく解説しています。, 日本で永住ビザを取得する「永住許可申請」について、わかりやすく解説しています。永住許可申請に必要な条件や身元保証人、申請に必要な書類や審査期間、永住権取得後の更新や注意点などを紹介しています。. 大学やそれに準ずる教育機関、高等専門学校で、研究・研究の指導・教育をする仕事が当てはまります。, 「芸術」は、作曲家・画家・著述家など、芸術活動で収入を得る外国人の就労ビザ。 職業の種類は特に定められておらず、「技術・人文知識・国際業務」と同じく幅広い種類の職業が該当します。, 「介護」は、介護福祉士の資格を持つ外国人が取得する就労ビザです。 ・会社概要 外交ビザと同じく、家族が帯同する場合も公用ビザとなります。, 先に解説したように、就労ビザはそれぞれ従事できる仕事の種類が決められています。 就労ビザには4種類あり、それぞれ日本国内でできる活動の内容が異なります。, 一般ビザではフルタイムの就労はできませんが、許可証を得ることでアルバイトなどの短時間労働ができる場合もあります。, 特定ビザは、日本人や永住者の家族・使用人や、日本にルーツを持つ外国人、ワーキングホリデー入国者などが取得するビザです。 ・在留カード(原本) ・登記事項証明書 外国人が持つ就労ビザの期間は、大まかに1年・3年・5年の3種類。外国人本人や所属期間の信頼性によって、認可されるビザの期間が異なります。 それぞれの期間の就労ビザを得るための条件について解説。期間満了後の更新方法についてもご紹介します。... 在留カードに表示する写真には、サイズや写りかたなど厳密なルールが定められています。 今回はそのルールについて詳しくご紹介。OKパターン・NGパターンをそれぞれ解説していきます。 写真が在留資格の審査に影響するかどうかも知っておきましょう。... 外国人材の採用・雇用ノウハウ、ビザ関連、市場情報、ニュース等々外国人材についてのニュースメディア『シロフネ』です。 ただし、学校以外の語学教室などで外国語講師をする場合は、下で解説する「技術・人文知識・国際業務」という種類の就労ビザとなります。, 「技術・人文知識・国際業務」は、該当する職業の種類が幅広い就労ビザです。 「日本人の配偶者等」の在留資格の更新について、必要書類や審査のポイントを解説しています。 (在留資格については「在留資格の種類やビザとの違い」をご覧ください。) 在留資格(ビザ)の更新について|日本人の配偶者等 ... この記事では、新しい在留資格とも言える「外国人留学生の特定活動ビザ」について解説していきます。また、この特定活動(46号)で対象となる、日本の大学を卒業した外国人の就労可能な業種や、企業側から見た雇用方法なども解説しています。, 「企業内転勤ビザ」の申請書類(必要書類)を、在留資格申請・在留資格変更・在留期間更新に分けて紹介しています。書類の取得方法(取得先)なども併せてご紹介していますので参考にして下さい。. 一般的な非移民ビザ. ‚b‚‚‚™‚’‚‰‚‡‚ˆ‚”s@(‚bj@2005 b”㍑Ûs­‘ŽmŽ––±Š@ All Rights Reserved. ‚éŠúŠÔ(‚P”N‚ð’´‚¦‚È‚¢”͈́j, “ú–{l‚̐e‘°A“úŒnl‚ÌŽqAŠO‘l”z‹ôŽÒ‚̘A‚êŽq“™. 就労ビザの取得には、どのくらいの費用がかかるのかご存知ですか?実は、就労ビザの取得手続き自体には、そこまで高額な費用はかかりません。 しかし、書類の作成や申請を代行業者に依頼すると、数万円~数十万円の費用が発生します。 今回は、就労ビザの申請にかかる費用やその内訳、代行業者を利用する場合の料金相場を... 2018年の法務省の統計(※)によると、在留資格を持っている263万人のうち経営管理ビザを取得している人は2万5千人(約0.9%)と、経営管理は取得難易度が高いとされています。ここでは、経営管理ビザの概要や申請方法をご紹介いたします。... 「技術・人文知識・国際業務」とはどのような在留資格なのでしょうか。ここでは、技術・人文知識・国際業務それぞれに該当する業務と職種、また申請に必要な手続きについて紹介します。外国人の採用を考えている採用担当の方は、ぜひ参考にしてください。... 当記事では、介護ビザについて、取得方法、期間、要件などを詳しく解説します。外国人介護職雇用を考えている方は、どのような受け入れ態勢をすればよいのか、介護ビザではどのくらいの介護技術・日本語能力で取得できるのかを含めて参考にしてみてください。... 2018年12月8日に改正法が成立した出入国管理法(入管法)。その際の与党と野党が激しいやりとりをしていたことでも注目が集まっていました。「日本人の雇用を脅かすのか?」という論点ばかりが取り上げられていましたが、出入国管理法(入管法)改正によって外国人の雇用を考えている企業にとってどのような影響があ... 外国人の就労のカテゴリーは主に5つに分けられますが、そのうちの1つが「外国人技能実習」です。「外国人技能実習制度」とはどのような制度なのでしょうか。「外国人技能実習制度」の概要・メリットやデメリットを解説します。... 様々な場所で外国人労働者を目にする機会が増えていますが、政府が積極的に受け入れを進めているのが、「高度人材」と呼ばれる優秀な人材です。 今回は、外国人本人にも受け入れる企業側にも相互にメリットがある高度人材制度についてご紹介していきます。... 外交官等の家事使用人、ワーキングホリデー入国者、報酬を伴うインターンシップ、EPAに基づく看護師、介護福祉士候補者など.