ロシアの超深度石油掘削技術は門外不出。欧米の石油会社はこの技術を持っていないという。 2003年ロシアの石油会社ユコスの社長ミハイル・ホドゴルコフスキーは背任罪の名目で逮捕・投獄された。 旧Statoil(スタトイル)。ノルウェーの国営石油会社です。 すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, ベランダで物想いの「紀子さま」 皇籍離脱も口にされた「秋篠宮さま」 婚約までの3年余, 1986年秋の「秋篠宮さま・紀子さま」 20歳の夜、目白のスナックで直撃したお答えは, 宮崎美子、40年ぶり写真集が大ヒット、過去のケースと比較して改めて分かった“偉業”, 英国で「末席」を用意された天皇陛下を「最前列」に呼び寄せた人物とは? 天皇陛下が尊敬される理由, 木嶋佳苗、座間9人殺害事件の犯人が住んでいた間取りの不思議な共通点 事故物件芸人とイヤミス作家が語る、ヤバい部屋, 君臨の現代的意義を求めて――『立憲君主制の現在 日本人は「象徴天皇」を維持できるか』, 非行少年たちはなぜケーキを3等分にできないのか “認知機能”に問題を抱えた子どもたちの実態, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧は. 第5章 ロシアにおける石油・天然ガス開発の現状と展望 (3)石油会社別の生産動向. ステムを備えた船の利用は、同プロジェクトの環境影響評価で評価が行われているが、2019å¹´10月にデンマーク政府が出した建設許可では含まれていなかったため、今回改めてデンマーク政府の許可が必要になっていた。.

石油・ガス開発会社、・オイルメジャー・国際石油資本・石油サービスの世界市場シェア、埋蔵量規模、業界再編について分析をしています。サウジアラムコ 、ガスプロム 、ペトロブラス、イラン国営石油、 シノペック等世界大手石油会社の一覧も掲載しています。, 「石油・ガス開発会社の世界売上高ランキングの分析(2020年版)」に記載の売上高を分子に、下記に記載の「石油ガス業界(上流+下流)の2019年市場規模」を分母にして、市場シェアを計算すると以下の通りとなります。石油・ガス業界の世界シェア1位は中国のペトロチャイナ、2位は米国のシェル、3位はサウジアラビアのサウジアラムコとなっています。, 1位 ペトロ・チャイナ 10.24%2位 シェル 10.02%3位 サウジアラムコ 9.58%4位 BP 8.09%5位 エクソン・モービル 7.43%6位 トタル 5.82%7位 シェブロン 4.06%8位 ロスネフチ 3.53%9位 イラン国営石油 3.20%10位 ガスプロム 3.12%11位 ENI 2.21%12位 ぺメックス 2.16%13位 エクイノール 1.87%14位 アブダビ国営石油 1.74%15位 ペトロナス 1.68%16位 ペトロブラス 1.58%17位 レプソル 1.56%18位 ベネズエラ国営石油公社 1.39%19位 コノコフィリップス 1.07%20位 中国海洋石 0.95%21位 シノペック 0.86%22位 オキシデンタル・ペトロリアム 0.59%23位 国際石油開発帝石 0.26%, ペトロチャイナが、シェルとサウジアラムコを抑え、世界1位となったことが2020年の特徴です。GDPの成長を続ける中国の強さを物語っています。3位のサウジアラムコは、原油埋蔵量、原油生産量等では世界断トツの1位です。4位、5位、6位、7位は、英国BP、米国エクソン・モービル、仏トタル、米国シェブロンと世界メジャーがしのぎを削っています。8位は、ロシアの国営石油会社であるロスネフチが入っています。BPが20%を出資しています。9位には埋蔵量では世界有数を誇るイラン国営石油が入っています。米国の経済制裁下が成長の重しとなっています。10位には天然ガスでは世界最大の埋蔵量を誇るロシアのガスプロムです。ロスネフチとガスプロムは戦略的な提携を締結しています。11位以下も各国を代表する石油ガス会社がランクインしています。, 石油・ガス開発会社の産出量ランキングの分析(2020年版)に記載の原油換算生産量(日量)を分子に、下記に記載の「石油ガス業界(上流+下流)の2019年市場規模」を分母にして、生産量ベースの石油・ガス開発会社の市場シェアを計算すると以下の通りとなります。石油・ガス業界の世界シェア1位はサウジアラムコ、2位はロシアのガスプロム、3位もロシアのロスチネフとなっています。, 1位 サウジアラムコ 13.1%2位 ガスプロム 8.0%3位 ロスネフチ 4.7%4位 イラン国営石油 4.6%5位 エクソン・モービル 3.9%6位 シェル 3.7%7位 シェブロン 3.0%8位 トタル 3.0%9位 ペトロブラス 2.7%10位 BP 2.6%11位 ベネズエラ国営石油公社 2.5%12位 ペトロナス 2.4%13位 ぺメックス 2.4%14位 エクイノール 2.1%15位 ENI 1.9%16位 ペトロ・チャイナ 1.5%17位 中国海洋石油 1.4%18位 コノコフィリップス 1.3%19位 オキシデンタル・ペトロリアム 1.0%20位 プルタミナ 0.9%21位 レプソル 0.7%22位 国際石油開発帝石 0.4%23位 シノペック 0.4%, こちらは売上高と異なり、原油・ガスの生産量ランキングなので、純粋な上流領域での事業規模の比較ができます。ロシアのガスの覇者ガスプロムと原油の覇者ロスチネフが、サウジアラムコを追い上げます。イラン国営石油は、オイルメジャーを上回る規模です。11位には、原油埋蔵量世界1位で超重質油の比率が多いベネズエラ国営石油公社が入っています。売上高市場シェアに比べて、中国の石油メジャー(ペトロ・チャイナや中国海洋石油)の順位が低いことから、中国勢は上流分野よりも石油化学等の下流分野に強みを持つことが分かります。, 石油産業は大きく原油の開発(探鉱・採掘)に関わる上流と、原油の精製やガソリンなどの石油製品の販売を手掛ける下流があります。欧米の石油メジャーは上流・下流ともに手掛けており、石油産業を理解する上では、こうした石油メジャーの動向を理解することが非常に大切になります。出典:15分で石油業界を理解しよう!, 現在の欧米の石油メジャーの源流は、かつて石油産業を独占したスタンダード・オイル・トラストの末裔とも言うべき会社です。スタンダード・オイル・トラストは1911年に7社に分割されますが、セブン・シスターズと言われ、その7社は数々の再編を経て、現在の欧米メジャーのエクソンモービル、BP、シェブロン、ロイヤル・ダッチ・シェルの源流になっています。1960年に設立されたOPEC(石油輸出国機構、Organization of the Petroleum Exploring Countries)による原油価格の統制や、1970年代の中東の産油国による石油会社や鉱区の国有化が大きな影響を及ぼしました。こうした地政学リスクも業界再編に影響を及ぼします。石油価格が下落した1999年~2002年にかけて石油メジャー同士の再編が頻発しています。最近の石油価格の下落が業界再編に与える影響には注目です。, 1999年:フランスのTotalとベルギーのPetro Finaが合併してTotalFinaが誕生, 2000年:TotalFinaとElf Aquitaineが経営統合をしてTotalが誕生, 2017年:エクソンモービルによるモザンビークの天然ガス事業のイタリア・エネルからの買収, 原油埋蔵量は約1兆7千億バレル程度と推計されます。地域別の埋蔵量の分布では中東が約50%、南米20%、北米15%、欧州とアフリカが其々8%、アジア数%程度と言われています。調査会社のIBISによれば2019年の石油・ガスの開発市場の規模は約3兆ドルです。一方、Grand View Researchによれば、2019年の石油化学業界の世界市場規模は4410億ドルです。 The global petrochemicals market size was predicted at USD 441.0 billion in 2019 and is anticipated to witness a CAGR of 5.0% over the forecast period.上記より本サイトでは2019年の石油ガス業界(上流+下流)を3.44兆ドルと推計しています。US Energy Information Administrationによれば、2019年の年間原油生産量は概ね原油換算100百万バレル / 日(mmboed)とされています。, 日本の大手商社やインペックス(国際石油開発帝石)が束になっても石油持分権益では、大手石油メジャーの足元にも及びません。なお、2016年と2017年の日本の商社の石油換算の持分生産量は以下の通りです。, 2017年(万B/D)三井物産 24.4三菱商事 17.9丸紅 3.3伊藤忠 3.2双日 1.4住友商事 0.7, 2016年(万B/D)三井物産 24.3三菱商事 18.8丸紅 2.8伊藤忠 3.3双日 1.6住友商事 0.8, なお、国際石油開発帝石は日量40-50万バレル前後なので、世界ランキングで20位前後となります。他に、2005年に石油公団の後継として誕生したJOGMEG(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)といった石油、天然ガスや鉱物の探鉱・備蓄や技術開発等を行う独立行政法人等はありますが、日本の石油会社はほとんどが下流分野やナフサや重油等の石油化学分野に特化しています。, サウジアラビアの国営石油会社です。世界三大国営石油会社(NOC)の一角です。原油生産量ではエクソンモービルの3倍超、埋蔵量では20倍と圧倒的存在感を示しています。, ロシアの国営エネルギー会社です。世界三大国営石油会社(NOC)の一角です。ガス確認埋蔵量は全世界の20%弱、ロシアの70%超を占めるといわれており、非常に大きな影響力を持っています。国営石油会社のロスネフチとシブネフチを買収しています。, 英蘭石油メジャーです。民間石油メジャーとしてエクソン・モービル、BPと覇権を競っています。, 米に本拠を置く石油メジャーです。1999年にエッソとモービルが合併して誕生しました。, 英に本拠を置く石油メジャーの一角です。2015年に英ガス大手のBGを買収しました。, China National Petroleum Corporationの略称であるCNPCがよく使われています。中国政府系の国営石油会社。子会社に石油会社の事業を行うPetro China(中国石油)を保有しています。SinopecとCNOOCと併せて、中国の3大石油会社と言われています。, 米カリフォルニア州に本拠を置く石油メジャーの一角です。ガルフオイルやテキサコを買収し上位3強入りを狙っています。2019年には、独立系の米石油大手アナダルコを買収しました。買収総額は500億ドルです。, 仏に本拠を置く石油メジャーの一角です。地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定に沿う形で、近年はガス・電力のバリューチェーンを拡大しています。2018年に電力供給会社である仏ディレクト・エネルジーを買収しました。, ブラジルを代表する半官半民の石油会社です。政府との癒着は政治問題化し、2015年には経営陣の刷新が行われました。ブラジルの深海沖での石油開発はFPSOを利用するため、日本のMODEC(三井海洋開発)と協業を行っています。, 中国国営の総合エネルギー会社で海洋の権益に強みを持ちます。カナダのエネルギー大手のネクセンを買収しています。, ベネズエラの国営石油会社です。API比重で原油を分類したときに26度以下の超重質油が産出されることが特徴ですが、開発技術の導入等が遅れています。, 台湾の国営石油会社です。中華民国政府によって設立された中国石油公司(China Petroleum Corp)が起源となります。, ロシアの大手国営石油会社です。2017年に石油商社業界大手のトラフィギュラと組み、インドのエッサールグループより石油精製所及び給油会社を1兆4千億円で買収しています。, 旧Statoil(スタトイル)。ノルウェーの国営石油会社です。今後のエネルギー転換に備え、2018年に社名からオイルを外す形で社名変更を行っています。, 1920年に故アーマンド・ハマー氏によってカリフォルニアで創業された米の独立系石油会社です。2019年に米国の独立系の石油開発会社であるアナダルコをシェブロンを退けて、570億ドル(6兆2700億円)で買収しました。アナダルコも保有していたシェールオイルの有力油田のあるパーミアンにおける権益確保を、同油田に権益を持つシェブロンとオキシデンタル・ペトロリアムが競った形での買収合戦といわれています。, タイに本拠を置く国営石油・ガス開発会社です。旧国営のタイ石油公団。2001年に上場しています。, 原油価格には、WTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)、北海のブレント油田のブレント原油、アラブ首長国連邦のドバイ原油に基づく価格があります。WTI主に米国における原油指標、ブレントは欧州、アジアはドバイ原油が価格指標となっています。, オイルメジャー・石油業界のページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にさせて頂きました。, 国際石油開発帝石の会社研究 2017年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ) [単行本], 石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか?

Rosneftは、7月23日、Vostok Oilプロジェクトの探査プログラムの一環で、子会社のRN-VankorがNovoognennoye鉱区で可採埋蔵量2,000万トン以上の石油と、約1BCMのガスを発見したと発表した。 ロシアの石油産業は1870年代中ごろから急速に発展し、原油生産量は1870年のわずか20万バレルから、1890年には2,900万バレルに増大した(表 1-2-1)。 ロスネフチ(ロシア語: Роснефть、ラテン文字表記の例:Rosneft、「ロシア石油」の意)は、ロシア最大の国営石油会社である[2]。ソビエト連邦時代のソ連石油工業省を母体に設立された。, ロスネフチはロシア国内の各地、具体的にはサハリン、シベリア、ティマン=ペチョラ行政区、そしてチェチェンを含む南ロシアにおいて、石油と天然ガスを生産している。, ロスネフチが所有する石油精製施設は、黒海沿岸のクラスノダール地方トゥアプセと、極東のコムソモリスク・ナ・アムーレにある。このうち、クラスノダールの精製所は、西シベリアで製産された高品位の重油精製に特化した操業を行っている。また、コムソモリスク・ナ・アムーレのプラントは、ロシア最東端の精油所として知られる。ロスネフチは、他のロシアの新興財閥と同様、コングロマリット化し、本業の石油、天然ガスから派生して船舶、パイプライン及び販売促進会社を傘下に運営している。, ロスネフチは株式を公開しているものの国営企業であり、ウラジミール・プーチン政権による資源外交の担い手となっている。2017年には、10月にイラク北部クルド自治区での石油パイプライン事業参入を決め、11月のプーチン大統領のイラン訪問に合わせてイラン国営石油会社と技術・人材協力で合意した[3]。セーチン社長は長年プーチン大統領の側近であり、エネルギー大臣のアレクサンドル・ノヴァクも役員となっている。またドイツのシュレーダー元首相を会長に迎えている[4]。, 2014年開催のソチオリンピックのローカルスポンサー(公式パートナー)となっている。, 2017年9月、中華人民共和国のエネルギー企業である中国華信能源(CEFCチャイナ・エナジー)がロシア政府、BPに次ぐ株主となることで合意した[5]。, 2018年3月、当時のエクソンモービルのレックス・ティラーソンCEOとロスネフチのイーゴリ・セーチン社長が2012年に設立した合弁事業が解消された[6]。, 2020年2月、アメリカ政府は対立するベネズエラのマドゥロ政権の石油取引を仲介したとして、ロスネフチとベネズエラ国営石油会社の合弁企業を制裁対象に指定した[7]。同年3月28日、ロスネフチはベネズエラにおける全ての権益をロシア政府が100%所有する企業に売却し、ベネズエラ関連事業を終了することを発表した[8]。, ロスネフチはロシア国内外の石油・ガス関連企業を合併・買収によって傘下に収め、その企業規模を拡大しつつある。, 2004年には、同業のガスプロムとの合併に一旦は合意した。しかしこの時は、ロスネフチ社長のセルゲイ・ボグダンチコフが合併後の待遇に不満を持つようになり、結局、2005年5月合併に関する合意は白紙に戻っている。, 2004年12月22日、ロスネフチは、バイカル・ファイナンス・グループ(Baikalfinansgrup)を買収した。また、ユコス社の子会社であったユガンスクネフチガスを買収することにも成功している。, 2006年12月28日、ロスネフチとガスプロムは戦略的協力に関する合意に達し包括的な提携関係を締結することに成功した。両社の合併は、不首尾に終わっていたが、この合意によって油田・ガス田の開発、輸送、販売、新技術開発などを両社共同で事業化することになった。, 2012年10月には、国際石油資本(メジャー)大手の一角、BPが「アルファ・アクセス・レノヴァ」(AAR[9])らロシア系投資家グループと合弁・運営していた現地法人TNK-BP社を買収することを発表[10][11]、2013年3月21日付で買収を完了した[11]。BPと投資家グループの経営方針対立によるBP側の戦略転換(ロスネフチとの提携模索)が背景にあったとされる[10]。これにより、ロスネフチは保有埋蔵量・日産量の規模で、エクソン・モービルなど他の石油メジャーを大きく引き離して世界最大の石油会社となった[10]。また、この買収の過程で、BPが保有していたTNK-BP株(50%)の取得に現金に加えて自社株を提供したことなどから[11][12]、BPがロスネフチの株式の約20%を保有する大株主となっている[11]。, 2017年には、インドの中堅財閥エッサール・グループから石油子会社を買収した[13]。, これまでもBPはロスネフチ株を保有していたが、この買収の過程でロスネフチ本体から12.8%の株式を提供されたほか、さらに, https://www.nikkei.com/article/DGKKZO27562780R00C18A3TI1000/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロスネフチ&oldid=78969560. 《スイスの大手資源商社グレンコアがカタール投資庁と共同でロシア最大の国営石油会社ロスネフチの株式19.5%を102億ユーロ(約1兆2400億円)で取得すると発表》――. 中国海洋石油总公司CNOOC(China National Offshore Oil Corporation、中国海油), Sinopec(China Petrochemical Corporation、シノペック), Petróleos de Venezuela(ペトロレオス、ベネズエラ国営石油公社), National Iranian Oil Company(イラン国営石油、 NIOC), Occidental Petroleum Corporation(オキシデンタル・ペトロリアム), KPS Capital Partners(KPSキャピタルパートナーズ)の投資先一覧. Copyright © 2020 業界再編の動向 All Rights Reserved. 《スイスの大手資源商社グレンコアがカタール投資庁と共同でロシア最大の国営石油会社ロスネフチの株式19.5%を102億ユーロ(約1兆2400億円)で取得すると発表》――