ロッテについては、 黄金期といえば2005年からの数年間を連想する人が多いかと思う。 その逆に暗黒期はいつだろうか。 まず1986年から2004年はaクラスが1995年だけ。 細かく見ると実は「?」と思う年もあるんだが、 2004年度新人選手選択会議(2004ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は、2004年11月17日に行われた第40回のプロ野球ドラフト会議である。 新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。, この項目では最終的にプロ入りした選手を扱います。最終的にプロ入りしなかった選手の場合はもしあの選手が日本プロ野球入りしていたらへお願いします。, https://wiki.chakuriki.net/index.php?title=もしあの選手がドラフト指名を拒否しなかったら&oldid=1624217, 初日本一は早くて1980年代、下手すればオリックスになってからだったかもしれない。, 西鉄末期~西武初期の低迷もあり、通算200勝を達成できたかは微妙。それでも西武黄金時代前期の貴重な戦力として通算180勝位は挙げたと思う。, 福岡時代は東尾とともに投手陣の柱として活躍。その後チームの西武への身売りと同時かその前後にトレードで放出、となっていた可能性も。, それはない。その代わりに、大熊忠義氏の引退が早まっていたか、バーニー・ウイリアムス氏の入団はなかった可能性の方が高い。, 門田本人は阪急・オリックスとブレーブス一筋でプレーし「ミスターブレーブス」と呼ばれていたかも知れない。, 新人のトレード禁止規定は今の形になってなかったかもしれないから、江川はもっと早期に巨人に移籍できていたかも。, しかし当時の近鉄外野陣は栗橋茂、佐々木恭介、平野光泰と実力者が揃っていたため、レギュラーで活躍できたかどうかは微妙。, 1978年の日本シリーズでは、投手陣で困ることがなかったので、日本一になることができたかもしれない。, 退団の原因となっていた山倉が巨人でコーチをやっていた可能性は低いので、デーブ大久保はもう少し長く巨人に在籍していた。, 史実通り新人で投手タイトルを総ナメした場合、MVPは江夏豊ではなく彼になっていたかも。, おそらく伊東昭光あたりかと(清原は当時の戦力とポジションを考えると恐らく回避の可能性が高い), 本人はもともとホークスのファンだったので、小学校時代に王氏と会わなければ、意中の球団として入団していた可能性がある。, 1990年ドラフトでは巨人は小池秀郎を1位指名し、1989年ドラフトの野茂の8球団競合を超えて9球団1位競合になる。, バレンタイン就任までは投げてもなかなか勝てない不運な投手として同情されていた、と思う。, その場合、2013年に日本球団に復帰して阪神に入団するのは現実通りだが、元が在阪球団の選手だっただけに人気は現実以上だっただろう。, しかし、ダイエーに対する未練は残っていて、2004年オフに合併のどさくさに紛れて、ソフトバンクにFA移籍。, 三輪田さんの実力で良い選手を獲得することができ、オリックスの戦力が今より少しマシになっていた。, それでも、炭谷銀仁朗の人的補償で西武に移籍するのは史実通り(2018年度の内海の成績にもよるが)。, 結局芽が出ることがなく一軍登板がないまま解雇になっていた(同じくドラフト下位指名の東野のように這い上がってくる、という可能性もなくはないが…), ローテーション入りしていたら、2012年日本シリーズで原監督率いる巨人との対決が実現, もし敗戦投手になっていたら「スパイ」「八百長」等マスコミやアンチ巨人が騒いでいた。. これまでのロッテドラフトの評価. ロッテは4日、内竜也投手(35)、細川亨捕手(40)、細谷圭内野手(32)の3選手に対し、千葉市内で来季契約を更新しない旨を通達したと発表した。3選手の今後は未定。, 右投げの内は、川崎工(神奈川)からドラフト1位で2004年に入団。18年に26セーブを挙げるなどして活躍したが、昨季から1軍登板がなかった。プロ通算は登板308試合(うち先発4)で20勝12敗56セーブ。防御率3・33。, 細川は、青森大から自由枠で02年に西武に入団。主力として活躍した。その後はソフトバンク、楽天を経て昨季からロッテに在籍したものの、今季は1軍出場がなかった。ベストナインとゴールデングラブ賞を2度ずつ受賞している。, 細谷は太田市商(群馬)から高校生ドラフト4巡目で06年にロッテに入団。16年には116試合に出場したが、その後は出番が減り、今季の1軍出場は1試合だった。. プロ野球, プロ野球界では11月2日から各球団が来季の契約を結ばない選手にその旨を通告する、戦力外通告期間がスタートした。5日までの4日間で12球団が一度目の戦力外を発表し、支配下登録、育成選手合わせて計77選手に通告がなされた。, 所属球団から非情通告をなされた選手の中にはドラフト1位という大きな期待を背負って入団した選手も11人含まれる。所属球団で実績を残した末に非情通告を受けたもの、育成再契約の打診を受けたもの、目立った実績を残せなかったもの、そのキャリアは様々だ。, ・藤岡貴裕(ロッテ→日ハム→巨人) 2011年ドラフトの目玉として3球団が競合し、ロッテに入団。2018年にトレードで日ハムへ、2019年途中には再びトレードで巨人に移籍した。通算178試合に登板し21勝32敗0セーブ16ホールド、防御率4.14。, ・岡崎太一(阪神) 2004年の自由獲得枠で阪神に入団。5年目に14試合に出場するも、正捕手の座は掴めなかった。通算119試合に出場して146打数27安打2本塁打11打点、打率.185。, ・伊藤隼太(阪神) 2011年のドラフトで阪神へ入団。即戦力外野手として期待されてプロ入りしたが、レギュラーの座は掴めず、キャリアハイは2018年の96試合出場だった。通算365試合出場で642打数154安打10本塁打59打点、打率.240。, ・横山雄哉(阪神) 2014年のドラフトで阪神へ。1年目から1軍で4試合に先発するも、左肩の故障で2018年オフに育成契約に。今季、支配下に復帰し、1試合に登板したものの、戦力外となった。通算9試合に登板して3勝2敗0セーブ0ホールド、防御率4.67。, ・鈴木翔太(中日) 2013年のドラフトで中日へ。1年目から1軍で5試合に登板し、2017年には15試合に登板して5勝をマークした。だが、その後は血行障害もあって活躍できず。通算24試合に登板し、5勝5敗0セーブ0ホールド、防御率4.41。, ・多和田真三郎(西武、育成再契約の見込み) 2015年のドラフトで西武入り。1年目から7勝をマークすると、2018年には16勝で最多勝のタイトルを獲得した。だが、2019年途中に自律神経失調症を患って離脱。今季復帰を果たしたが、戦力外に。回復を目指すために育成選手として再契約となる見込み。通算72試合29勝21敗0セーブ0ホールド、防御率4.17。, ・内竜也(ロッテ) 2003年のドラフトでロッテ入り。主に中継ぎとしてロッテのブルペンを支え、2017年には50試合、2018年には58試合に登板した。だが、2018年末に右肘の手術を受けると、昨季、今季と1軍登板なしにとどまっている。通算308試合20勝12敗87ホールド56セーブ、防御率3.33。, ・由規(ヤクルト→楽天) 2007年の高校生ドラフトでヤクルトに入団。3年目の2010年に12勝をマークし、この年に当時日本人最速となる161キロをマークした。ただ、その後は右肩の故障に苦しみ、2018年オフに戦力外に。育成契約で楽天へ移籍すると、2019年7月に支配下に復帰し、481日ぶりに1軍登板も果たした。通算91試合に投げて32勝36敗0セーブ0ホールド、防御率3.66。, ・山下斐紹(ソフトバンク→楽天) 2010年のドラフトでソフトバンクへ。将来の正捕手候補として期待されたが、2016年の13試合がソフトバンクでの最多出場。同期入団で育成選手だった甲斐が正捕手になり、2017年オフにトレードで楽天へ移籍した。楽天では1年目に43試合に出場したが、昨季は31試合、そして今季は8試合に終わった。通算119試合211打数42安打5本塁打15打点、打率.199。, ・細川亨(西武→ソフトバンク→楽天→ロッテ) 2001年の自由獲得枠で西武へ入団。2年目から正捕手となると、2010年オフにFAでソフトバンクへと移籍した。2016年オフに構想外となると、2017年から楽天、2019年からはロッテでプレーした。40歳で迎えた今季は1軍出場なし。通算1427試合3353打数680安打84本塁打367打点、打率.203。, ・白崎浩之(DeNA→オリックス) 2012年のドラフトでDeNAへ。1年目から47試合に出場すると、2年目にはキャリアハイの101試合に出場。2018年途中にトレードでオリックスへ移籍するも、レギュラーの座は掴めず、今季はプロ入り後最少の3試合出場にとどまっていた。通算413試合838打数184安打16本塁打52打点、打率.220。, また、この11選手の他、巨人の2019年ドラフト1位・堀田賢慎投手、2017年のドラフト1位の鍬原拓也投手が自由契約に。堀田は4月にトミー・ジョン手術を受け、鍬原も右肘の肘頭骨折で手術を受けて共にリハビリ中。育成契約を打診しての自由契約となっている。(Full-Count編集部), 「審判はクビに」「ひどすぎ」 ど真ん中160キロの“ボール判定”にファンから批判殺到. ニューストップ 1_青松敬鎔(嚴敬鎔) 2004年千葉ロッテマリーンズからドラフト7位指名。妻はタレントの鷲巣あやの 2_新井貴浩(朴貴浩) 第7代日本プロ野球選手会会長、史上初めて2000安打・300本塁打・リーグ優勝・リーグmvpを同一シーズンに達成した 森繁和(1976年・ロッテ) リリーフ転向はなかったかもしれない。 1978年ドラフトで江川を指名する球団が増えていた。 落合監督就任後に中日の投手コーチを務めるのは史実通り。 川口和久(1977年・ロッテ) ロッテは史実以上に好成績を収めていた。 鬼滅の刃 2011年ドラフトの目玉として3球団が競合し、ロッテに入団。2018年にトレードで日ハムへ、2019年途中には再びトレードで巨人に移籍した。通算178試合に登板し21勝32敗0セーブ16ホールド、防御率4.14。 ・岡崎太一(阪神) 2004年の自由獲得枠で阪神に入団。 小倉優子 2004年の自由獲得枠で阪神に入団。5年目に14試合に出場するも、正捕手の座は掴めなかった。 ... ・内竜也(ロッテ) 2003年のドラフトでロッテ入り。 Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved. ロッテは4日、内竜也投手(35)、細川亨捕手(40)、細谷圭内野手(32)の3選手に対し、千葉市内で来季契約を更新しない旨を通達したと発表した。 3選手の今後は未定。  右投げの内は、川崎工(神奈川)からドラフト1位で2004年に入団。 「小学生のころから一番応援してくれて…」巨人・坂本、亡き母に捧げる2000安打 1軍デビュー前に他界, 遊撃の名手から見た『坂本初安打』秘話「こっちはショートゴロが来るかなと身構えていたら…」【坂本勇人・井端弘和さん特別対談、その1】, 3000安打へ“独自視点”エール「井端さんみたいに考えてくれる人、なかなかいない」【坂本勇人・井端弘和さん特別対談、その3】, 「文句なしで球界NO.1」「ビビってますって」遊撃談議にも花咲かせ…【坂本勇人・井端弘和さん特別対談、その2】, プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。, 中日・大野雄「どのユニホームを着ているか分からない…」来季の目標問われドッキリ発言も「ウソです。すみません」, 実写版鬼滅の刃!? 手越祐也の鬼舞辻無惨コスプレにファン感激「最高のハロウィーンありがとう」, 写真・動画 芸能ニュース. ョップ, 2004å¹´ 新人選手選択会議(ドラフト会議), 一般社団法人日本野球機構について. 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 2004年の千葉ロッテマリーンズ(2004ねんのちばロッテマリーンズ)では、2004年の千葉ロッテマリーンズの動向をまとめる。. この年の千葉ロッテマリーンズは、2回目のボビー・バレンタイン監督体制の1年目(通算2年目)のシーズンである。 第40回ドラフト会議(2004年)の概要を掲載 - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。 1_青松敬鎔(嚴敬鎔) 2004年千葉ロッテマリーンズからドラフト7位指名。妻はタレントの鷲巣あやの 2_新井貴浩(朴貴浩) 第7代日本プロ野球選手会会長、史上初めて2000安打・300本塁打・リーグ優勝・リーグmvpを同一シーズンに達成した

日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 スポーツ 2004年の自由獲得枠で阪神に入団。5年目に14試合に出場するも、正捕手の座は掴めなかった。 ... ・内竜也(ロッテ) 2003年のドラフトでロッテ入り。 > >