それくらいのポテンシャルは十分にあるのではないでしょうか。.

中村克... 今、魅力的な水着グラビア姿を披露して雑誌掲載が増えている清水彩乃さん。 2019年に新メンバーを加え6人体制となり、2020年はブレイクしそうな今注目のアイドルグループです... “せやろがい!”が決め台詞で沖縄の綺麗な海をロケ地に時事ネタを鋭くわかりやすくツッコミを入れる動画が話題のせやろがいおじさん。 川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・RCストラスブール所属。日本代表。ポジションはゴールキーパー。 R-指定とのHIP-HOPユニットとして活躍しているDJ松永さん。 川島 永嗣(かわしま・えいじ) さん 1983年埼玉県生まれ。高校卒業後、大宮アルディージャへ入団。名古屋グランパスエイト、川崎フロンターレを経て2010年fifaワールドカップで日本代表正ゴール … 過去1年半の阻止率は驚異の「83.3%」, 英メディアが「21世紀の日本代表ベスト11」を選出! “海外未経験”でセレクトされた2選手は?(SOCCER DIGEST Web), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=川島永嗣&oldid=80346014. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 2004年に名古屋グランパスエイトに移籍したが、正GKの楢崎正剛からレギュラーを奪えずに控えに甘んじた。, 2007年に川崎フロンターレに移籍するとレギュラーとして活躍し、日本代表にも初選出。, 2010年のワールドカップ・南アフリカ大会では好プレーを連発して、チームの決勝トーナメント進出に貢献。, 川島さんは与野市立八幡小学校(現在はさいたま市立与野八幡小学校)から与野市立与野西中学校(現在はさいたま市立与野西中学校)を経て、同校に進学しています。, 小学生の頃から与野八幡サッカースポーツ少年団に入団して、サッカーをはじめています。, 高校時代もサッカー部に在籍してレギュラーとしてチームをけん引し、高校3年間で高校サッカー選手権や国体、高校総体といった三大全国大会のすべてに出場しています。, 川島永嗣さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、大宮アルディージャに入団しています。, 高校時代の成績が優秀で大学進学を勧められましたが、プロでやっていくことを決断しています。, なお当時は浦和レッズ入りを希望していましたが、セレクションで不合格となっています。, プロ入り後は順調に実力をつけ、Jリーグを代表するようなGKに成長し、日本代表の守護神も長らく務めています。, 既に年齢は30代半ばですが、選手寿命の長いキーパーだけに末永い活躍を期待したいところです。, ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。, このところ当サイトのページが警告音とともに「Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。, このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。, 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。, なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。, 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます). テレビ以外の動画コンテンツが増える続ける昨今、昭和から平成にかけてテレビ一択だった時代から、令和の時代は映像を楽しむ選択肢も増えています。, 当サイトではそんな動画コンテンツを

年が明けた2017年1月8日、クープ・ドゥ・フランスのRCランス戦で移籍後初出場したがチームは0-2で敗れた。4月18日、第31節のパリ・サンジェルマン戦でリーグ戦デビューを果たした。5月14日、第37節のトゥールーズFC戦ではPKをストップして、フランスの有力紙でベストイレブンに選出された。最終的には、第3GKとして加入した2016-17シーズンだったが、チームの第1GKとなり、代表でも正GKとしてポジションを奪い返した[31]。, 2018年1月27日に行われたOGCニース戦ではPKを止めて、デビューから3連続でPKを止めた。これはリーグ・アンの過去10年間で初めての記録だった[32]。シーズン通してスタメンとして出場するもチームは低迷し2部に降格した。シーズン終了後に契約満了により退団[33]。, W杯後も長らく無所属が続いていたが、2018年8月30日に1年契約でのRCストラスブールへの加入が発表された[34]。チームにはベルギー代表のマッツ・セルスやフランスU-21代表のビングル・カマラが所属している事もあり、第3GKとしての立場となった。2019年3月30日、大会を通して出場は無く、決勝戦もベンチ入りは出来なかったものの、チームは14年ぶりにクープ・ドゥ・ラ・リーグを制覇し、川島にとって初のクラブタイトルとなった[35]。5月24日、最終節のFCナント戦で移籍後初出場を果たした[36]。7月にストラスブールと新たに2年契約を結んだ[37]。, 2020年8月23日、正GKのセルスの負傷や第2GKのカマラが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した事もあり[38]、リーグ・アン開幕節のFCロリアン戦ではスタメン出場を果たした[39]。, 2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。特に準決勝のウズベキスタン戦ではPK戦で2本止めるなどの活躍を見せた。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々の好セーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献した。, 2006年、2月14日には川口、山岸範宏、林彰洋らと共にフル代表候補合宿に初招集され、3月19日にはペルー戦以降ベンチ入りし、AFCアジアカップ2007でもメンバーに選ばれた。2008年2月17日、東アジアサッカー選手権・対北朝鮮戦でフル代表デビューを果たした[1]。しかし、川崎のチームメイト(当時)である鄭大世にゴールを決められるデビューとなった。, 2010年5月30日のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会前のテストマッチ・対イングランド戦でフランク・ランパードのPKを阻止するなど強豪相手に好セーブを連発する活躍を見せ、楢崎に代わり本大会での正GKの座を獲得した。本大会では、グループリーグ全3試合に出場、2失点(内、1点はデンマークのヨン・ダール・トマソンのPKを防いで相手正面に弾いた際のこぼれ球による)という活躍でグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦でも無失点に抑えたが、0−0のままPK戦となり、PK戦では5本全て決められ敗れた。 2011年に開催されたアジアカップでも正GKとして起用されるものの、グループリーグ第2戦シリア戦では不可解な判定で退場し、準々決勝のカタール代表戦でも2失点するなど出来が危ぶまれた。しかし、準決勝の韓国戦のPK戦では相手のシュートを2本止め、決勝のオーストラリア戦では多くの好セーブを見せて無失点に抑え、マンオブザマッチに選出される活躍で日本代表の2大会ぶりの優勝に貢献した。, 2014年6月に開催された2014 FIFAワールドカップでは、日本代表史上初めて背番号「1」をつけて試合に出場した[40]。2大会連続で全試合フル出場したが、チームはグループリーグで敗退した。, 2016年、6月3日に行われたブルガリア戦で約1年ぶりに日本代表として試合に出場し、2失点はしたものの試合終了間際のPKを止める活躍を見せた[41]。, 2018年5月、2018 FIFAワールドカップの出場メンバーに選出され自身3度目のワールドカップ代表入りを果たした。グループリーグ初戦のコロンビア戦では、キンテロの弾道の低いFKを止められず、失点した[42][43]。第2戦のセネガル戦では、ボールをセネガルのサディオ・マネが居る所にパンチング、そのボールがマネに当たりそのままゴールしてしまうというミスを犯し[43]、批判の的となった[44]。控えの東口順昭や中村航輔を推す声も出た[45] が、日本代表監督の西野朗がベテランの川島を信頼し、第3戦のポーランド戦ではキャプテンマークを巻いて出場し、カミル・グロシツキの決定的なヘディングシュートをゴールライン上、右手一本でストップするビッグセーブを見せるなど活躍[46]。決勝トーナメント1回戦のベルギー戦では、数度の好守も見せた一方で[43]、フェルトンゲンに決められたヘディングは、ポジションミスが原因という見解もあり[47]、激闘の末、後半アディショナルタイムに失点し2-3で破れ、ベスト16という結果で終えた。3大会でW杯11試合出場は、長友佑都、長谷部誠と並び日本人最多出場となった[48]。ミスで失点してしまうという点から批判されていたが、スポーツのデータ分析を手がける『Opta』によると7月6日(W杯期間中)までのロシアW杯のGKセーブ率ランキングで3位にランクインしている[49]。, 2019年6月、東京五輪世代中心で構成されたコパ・アメリカ2019のメンバーに選出された[50]。初戦は、東京五輪世代の大迫敬介がスタメンに抜擢されるも、第2戦のウルグアイ戦でスタメン出場し、エディンソン・カバーニとの1対1でビッグセーブを見せるなど1年ぶりの代表戦で活躍[51]。第3戦のエクアドル戦でも、ゴールマウスを守るもチームはグループリーグ敗退となった。, 川島は185cmとGKとしては平均的な身長だが、兄姉も長身であり、兄は183cm、姉は173cmあるとのこと[52]。, 川崎に在籍していた2010年6月までは、Jリーグ選手協会副会長(2010年7月時点で最年少就任記録)を務めていた。, 2011年には殺虫剤メーカー・フマキラーの花粉対策商品「アレルシャット 花粉 鼻でブロック」CMキャラクターを務めた。, 2015年12月3日、第一子男児誕生。2020年6月1日、インスタグラムにて第二子女児誕生を報告した[54]。, 海外のクラブに移籍する前から、下準備として日々英語・イタリア語・ポルトガル語などを勉強していた。2010年7月のリールセSKクラブハウスでの会見ではオランダ語と英語で挨拶をした上、英語の質問に英語で答えており、本人も英語でコミュニケーションが取れるので問題ないと語っている。, ポルトガル語は川崎通訳の中山和也によれば、通訳を通さなくても会話できるレベルである[55]。永井謙佑がスタンダール・リエージュに加入する際の会見では通訳を務めた。報道ステーションのインタビューでは、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は日常会話レベルで話せ、オランダ語、フランス語を勉強中と語った[56]。, 語学の重要性について「キーパーは喋れないと難しい。DFに指示を出さないといけない。自分も主張できるようにならないと」と述べている[57]。, PK阻止を得意としている。日本代表の正GKを掴むキッカケとなった2010年国際親善試合のイングランド戦でのフランク・ランパードのPKや2010 FIFAワールドカップのデンマーク戦でのヨン・ダール・トマソンのPKストップ(こぼれ球を決められている)、2011アジアカップ準決勝韓国戦のPK戦2人連続ストップなどがある。2016年に英放送局『Sky Sports』が制作した欧州五大リーグでプレイするGKを対象にPK阻止率のランキングでは、川島は34位にランクインしている[58]。2017年11月10日に行われた親善試合ブラジル戦でも試合中2度あったネイマールのPKを1度止めており、2016年6月から2017年11月までの過去1年半のPK阻止率は「83.3%」であった[59]。また、2018年1月27日に行われたリーグ・アン第23節のOGCニース戦では、マリオ・バロテッリのPKを止めた。こぼれ球を決められたものの、PKストップ扱いとなり、スポーツに関する様々なデータを配信している『Opta』によると「10年間以上のリーグアン(フランスリーグ)において最初のPK3本を阻止した初のGKになった」と伝えている[60]。, 2020年4月、イギリスメディアの選ぶ21世紀の日本代表ベスト11に選出された[61]。, スポーツ報知 2011年8月21日付8頁「川島、相手サポーターの『フクシマ』コールに激怒」], http://www.jfootball-db.com/players_ka/eiji_kawashima.html, 川島がサポーターの選ぶ「リールス年間最優秀選手」に 苦しいシーズンの最後につかんだEL出場の挑戦権, 全試合フル出場の川島「最低限のラインはクリア」 リールス、守備の安定で余裕の1部残留, 川島所属のダンディーU、ダービーに敗れ21年ぶりの2部降格が決定。9ヶ月最下位抜け出せず, 川島永嗣、新天地メスでは控え確定!?

浦和東高校卒業後、大宮アルディージャに入団。名古屋グランパスエイト⇒川崎フロンターレを経て、2010年にベルギー1部リーグ・リールセSKへ移籍。リールセSKでは2年連続チームMVPに選出、2シーズン目にはチームのキャプテンにも選ばれる。その後、スタンダール・リエージュ(ベルギー)、ダンディー・ユナイテッド(スコットランド)、FCメス(フランス)を経て、現在はフランス1部リーグ、RCストラスブールに所属。日本人GKとしては初のEL、CL予選出場。日本代表としては2010年W杯南アフリカ大会、2011年アジアカップ、2014年W杯ブラジル大会、2015年アジアカップ、2018年W杯ロシア大会に出場。19歳から英語やイタリア語を学びはじめ、現在では英語・イタリア語・フランス語など複数言語を理解する。スポーツを通じて日本人の語学面をサポートするグローバルアスリートプロジェクトの発起人兼アンバサダーを務める。, Copyright © 2015 川島永嗣オフィシャルブログGlobal athlete project, 2020.09.08 | 難しいことに挑戦することが好き!! 日本代表として出場したDJの世界大会である「DMC WORLD DJ ... マジパンことマジカル・パンチライン。 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ