人との出逢いによって、人生は大きく変貌する可能性を秘めている。

地方の大学生のshinto(シント)です。

出逢うことの喜び. 我逢人(がほうじん)とは? 「我逢人」、最初このタイトルを見たときはなんと読むかわかりませんでした。 「われあうひと」と無理やり読んでいました。でも調べていくと「がほうじん」と読み、禅語の一種であることがわかりました。

(山中綾華), 高校の軽音楽部の中でも、 比叡山を出て、各地を遍歴するなかでも答えを求めた。 ※〔at〕を@に置き換えて下さい。. しかし実際には、男女間に限定して使用される漢字というわけではない。 素直にやっちゃいなよ"って 「人との出逢いが人生を変える」といった意味合いを持つ『我逢人(がほうじん)』という禅語。, 大事にしたい人ができたり、尊敬する人ができたり、一緒の時間を楽しみたい人ができたり。, 「あの人が人と関わる楽しさを教えてくれた」「あの人が仕事の楽しさを教えてくれた」「あの人が人生を楽しむための術を教えてくれた」, など、考え方や感じ方が変わり、人生の転機となり、その後の人生が大きく変わった、なんて経験はありませんか?, そういうあまり関わりたくない人との出逢いによっても人生を大きく変えられたりしますよね?, 「あの人と出逢ったがために今のように卑屈になってしまった」「あの人と出逢ったがために仕事に対する恐怖が芽生えた」「あの人と出逢ったがために人生は絶望以外の何者でもなくなった」などなど。, そのような出逢いに感じ、人生の歯車が狂ってしまって人生が大きく変わった、なんてこともあるかもしれません。, 恨んでしまうような出逢いをしてしまうと、「あの出逢いは最悪だった。あんな出逢いはなかったことにしたい」なんて思ってしまうことでしょう。, 当然ながらエネルギーが低い状態で悪い出逢いのことを考えてもイライラしたりつらい気持ちになるだけで良いことのように考ようとするだけでもエネルギーが漏れていってしまうはずです。, なので、エネルギー高まってきたら「あの人と出逢ったことは私にとってどんな意味があったのか?」なんて一度考えてみて欲しいのです。, これによりエネルギーが大きく奪われ、感情的になりやすく、自分を責めてしまいがちになるのも仕方ありません。, それはそのような環境にいたことで「あのときのことを考えたらなんでもやれる気がする」などとエネルギーを高めることができたりするからです。, また、「あの人達と出逢ったことで人の気持ちをよく考えるようになった」と思うことができ、思いやりがあふれる人になったりもします。, そんな経験をしたからこそ「自分と同じ経験はさせたくない!」と考え、そのときの経験をもとに手に職をつけることもできます。, 反面教師として成長するとも言えますし、そのときのつらい環境を乗り越えたからこそ飛躍的に成長したとも言えます。, そのように見方を変えることで悪い出会いだった最悪と言えるはずの出来事がかけがえのない出逢いとなり、その出逢いに感謝するかもしれません。, ひどいことをされたのに感謝するというのはおかしなことかもしれませんが、その出逢いによって自分を良い方向に導いてくれたのであれば自然と感謝したくなると思うんですよ。, その人自身に感謝というよりも、そういう出逢いをしたことで人生の転機となったことに感謝、といった方が正しいかと思いますが。, そのように良い出逢いも悪い出逢いも見方次第で人生を良い方向に大きく変えてくれます。, 悪い出逢いをすると、エネルギーが大きく下がってしまうため悪い方向に物事を考えてしまうようになり、良い方向に人生が変わるとは思いづらいと思います。, ですが、「この出逢いはいずれ良い方向に導いてくれるものだ」と考えておくと、その見方がカチッとハマるときが出てきます。, そのようにカチッとハマるときがきたら悪い出逢いだと思っていたものがかけがえのない出逢いだったと思えるときが来るでしょう。, 逆に「これは悪い出逢い。最悪の出逢いだ」とずっと考えていたら、かけがえのない出逢いだったと思えるときが来ることはありません。, なので、半信半疑でも「この出会いがかけがえのない出会いだと思える日が来るのかもなぁ」と思っておいた方が良いと思いませんか?, これによって、「人との出会いは成長させてくれるかけがえのないもの」と感じ取ることができるでしょう。, 「若い時の苦労は買ってでもせよ」なんていうことわざがありますが、苦労することによって得られるものもあります。, ずっとうまくいってきた人は一回の失敗で挫折してしまいやすい、なんて言われていますが、トントン拍子にいってしまうと刺激の耐性が弱く、挫折しやすくなってしまうのは容易に想像できるかと思います。, 「この悪い出逢いはこれからの人生で必要なことを教えてくれるはず! 一体何を教えてくれるのかな?」なんて苦労を楽しめるようになれたら理想です。, もちろん、それはあくまで理想ではありますが、「そういう心構えを持とう!」というのは大切なことだと思います。, 悪い出逢いだからこそ学べることもあるので、悪い出逢いを悪役にしすぎず、その人とは仲良くせずとも悪い出逢いという概念とは仲良くしていきたいものですね。, 【禅語とエネルギー】時時勤払拭(じじにつとめてふっしきせよ):常に心の汚れを払おう, 【禅語とエネルギー】諸行無常(しょぎょうむじょう):すべてのものは絶えず変化している, 【禅語】『遍界不曾蔵』:物事をありのままに見つめるためにも、まずは客観的に物事を見つめてエネルギーを高い状態で維持できるようにしよう, 【禅語とエネルギー】行雲流水(こううんりゅうすい):物事に執着せず、自然の流れに身を任せよう, 「人の研究」が趣味の内向型。 く感じています。

(藤澤涼架).

このまま日本で答えを求めていては駄目だ。 ドラムで抜きん出てるわけでもなく 2020 All Rights Reserved. しかし、それでも答えは得られなかった。, 中国へ渡って二年が経過した。 意志が自然に出てきましたね。 そういう悔しさを積み重ねてきて、 逢うとは、親しみが湧くような「特別な出逢い」を意味している。. (山中綾華), ミセスってバンドなんだけど、 禅語である「我逢人」(がほうじん) 人と人 物と物 人と物 . Copyright (C) 2014 名言集 All Rights Reserved. , GREEN APPLEについていろいろ教えてもらいたいです。, Mrs. GREEN APPLEのHow-toの歌詞の意味!夢への挑戦の仕方を表現していた!. 入りから心に突き刺さる歌詞が流れてくるMrs.

曲に言われてる感じがして。 Copyright© ミセスのためになるっていうのが、 諦めなかったからこそ如浄禅師という師に出逢うことのできた、道元禅師のように。, 「我逢人」の「人」とは「本物」のこと。 佐藤隆定 プロフィール, 「生きる」という、人間にとって根源的・日常的な活動について禅という視点から考え、法話や執筆等を通じて多くの方々に伝える活動を行っている。, 著書に、禅語を題材としたフォトエッセイ『糧になる禅語 -いまを充実させる生き方-』(国書刊行会)がある。, お問合せは下記まで↓↓ けれどももう1つ、「逢う」と記す場合がある。, 男女が人目を忍んでこっそりと逢う「逢引き」の文字として使用されていることもあってか、「逢」という漢字は男女の出逢いを匂わせる。 自分を磨くことが 7. あの時、あの人と出逢っていなければ、今の自分はなかった。 出逢いは、その枠を超えさせてくれる。, 「ついに出逢えた」という思いで「我、人と逢うなり」と訓読してみる。 誰かから答えを教えてもらおうとするのではなく、本物の師を見つけ、自分自身で答えを見つけなければ、と。, そのためには本場中国で仏教を学ぶ必要があると考え、海を渡る決心をする。 我、人に逢うなりと書いて「我逢人」といいます。 これは曹洞宗をお開きになられた道元禅師様が、正法眼蔵という書物の中で、師匠である如淨禅師様と出会ったことを書いたときに使った言葉で、人と出会うこと、つまり御縁の有り難さを説いています。 しかし、どれだけ多くの師に質問をしても、腑に落ちる答えを聞くことはできなかった。, そこで道元禅師は思い到る。

逆に、上に誰かいなかったら GREEN APPLEの我逢人に込められた思いを考察していきたいと思います。, 「われあうひと」と無理やり読んでいました。でも調べていくと「がほうじん」と読み、禅語の一種であることがわかりました。, 鎌倉時代に道元禅師という方がいて仏教の修業をしている中で「仏とは何か」「修行とは何か」, しかし納得する答えが得られず、命がけで中国にわたりそこでも探しましたが見つけられなかった。, 二年が経過して諦めて帰ろうとしている時に、偶然、新しい住職がやってくると聞いて最後の望みをかけて会いに行きました。, 道元禅師が、その住職(如浄禅師)を見た瞬間に出た言葉が「我逢人」つまりやっと出逢えたと思い、その人のもとで修行や教えを学んで、自分の求める答えを導くことができたそうです。, 命をかけて中国にわたり数年たち、やっと恩師に出会えた。この出来事から出会いは大事だという教えが「我逢人」として残ったそうです。, 我逢人という言葉には自分の価値観や考え方の枠を超えさせてくれる恩師との出逢いのことも意味するそうです。, 良い出逢いに自分が遭遇したとしても、その時の自分の振舞いや身なりなどが良くなかったら、その機会を逃してしまうかもしれないですね。, 人の欠点を知らぬ間に見つけて、そこばかりに意識がいってその人自体を嫌いになってしまうことってよくありますよね。めっちゃ共感してしまいました。, よく観察すればその人にしかない長所もあるのにどうしても悪いところに注目してしまうの良くないと思いました。, この歌詞は、人間関係で傷つくこともあるけれど、その傷を癒してくれる人と出会ってほしい。, そして、その時に生まれた自分の感謝や優しい気持ちを他の人にも分けてあげることができれば、もっといい世界ができるのかもしれないなという思いを表現していると思った。, そういう出会いはなかなか無いかもしれないけど、我逢人の成り立ちからすると本気でそういう人を求めて積極的に行動すれば出逢うことができると思います。, 最後には笑えるように、日々のささいな出逢いでも大切にしていかないともったいないと考えさせられる歌でした。, Mrs. GREEN APPLEの僕のこと 歌詞の意味!もがくことが成長に繋がる!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 最初は考えていたんですけど、 (山中綾華), "いろいろ考えずに そして二十四歳の時、道元禅師は日本を旅立った。, 現代のような安心安全の船などない。渡航は命がけだった。 全ては人と会うことから始まる。その貴さを三文字で表した禅語。とは言っても、いつもと同じ顔触れということではなく、「一期一会」に通じる“初対面”の貴さを表わしています。未だ知らない人でも全ての人は縁で繋がっています。 いいなと思ってから、 我逢人(がほうじん)【禅語】 人と会うことからすべてが始まる。 人と人との出逢いの尊さを 三文字で表した言葉。 人と逢うことから全てが始まる。 心と心の出逢い、物と物との出逢い、 人と物との出逢い、出逢いこそ命。 人は自分と違う領域を持って 135 「 我逢人 」=がほうじん 人と逢うことから全てが始まる。出会いの尊さを表した言葉。 【道元禅師】 136 「 明則誠 」=あきらかなればすなはちまことなり 心が明らかになれば、それが誠なのです。 … 偶然と必然がちょうどよく交じる座標に、出逢いというものはあるのだと思う。, 出逢いに必要なのは一歩を踏み出すこと。 出逢うことでの決心 . 鶏寒上樹 鴨寒下水(とりさむくしてきにのぼり かもさむくしてみずにくだる) 同じ鳥でもその時々の対処法が違うことから、一つの答えや方法にとらわれず、もっと多様なものと心得るべき. ようやく私は本物の師と出逢うことができた。 今は“ありのまま”で そんなふうに振り返ることのできる出来事が、誰の身にも1つや2つあるのではないか。, 人と「あう」という言葉に漢字を当てはめるとすれば、普通なら「会う」となる。 これはもう、
そしてその歩みを止めなければ、きっと出逢うことができる。 出逢うことで選択. 自分の中でしっかりつながった。 ブログを報告する. 立つべきものだと思うんですよね。 【禅語】我逢人(がほうじん) 人との出逢いによって、人生は大きく変貌する可能性を秘めている。 あの時、あの人と出逢っていなければ、今の自分はなかった。 そんなふうに振り返ることのできる出来事が、誰の身にも1つや2つあるのではないか。 我逢人(がほうじん) 人と会うことから全てが始まる . 今日はどんな人・どんな物・どんな出来事 . 人が最初から仏であったとしても、仏として生きていなければ意味がない。 「good time。   good friends。 good food。出逢いを無駄にしたくないね」, 直近2週間以内での県外から宮城県入りの方で(東北以外)、並びにその様な状況のご家族・職場でいらっしゃる場合は, 安全で安心な環境で過ごせるよう努力致しますので、ご来店の皆様もご協力の程宜しくお願い致します, 人生相談各種対応・男女関係・土地家相鑑定・前世・オーラカラー・お名前付け(赤ちゃん・店舗・源氏名)・霊現象・先祖供養・イタコ・夢鑑定・前世リーディングetc, 当店はご紹介の無い方の電話での申し込みは受付はしておりません。番号公開もしておりません, お申し込み後にこちらから鑑定意志の有無確認をさせて頂きますが、電話不通・折り返しの無い場合は予約不可です。また連絡後の鑑定ルーム御案内メールに、2日以内にご返信の無い場合は受付不可となります。いきなりの電話での受付はしておりません, リピートとは「繰り返し」の意味ですので、数年ぶりの方は違いますので、初回と同様になります, 電話鑑定はお逢いしたことのある県外者に限ります(リピーター様のご紹介が有る場合は可能), 人生相談全般・イタコ・スピリチュアルカウンセリング・オーラカラーアドバイス・前世リィーデング. 寺院を訪ねては住職に質問をし、留まって修行をしては疑問の答えを求めた。 しかしその頃になって偶然、景徳寺という寺院に新しい住職がやってくるという話を耳にする。, 道元禅師は、一度は取りかかり始めた帰国の準備を止め、最後の望みをかけて景徳寺へと向かった。 自分が素直にこの曲で というよりも、 あなたの周囲の人、いろんな人がいると思います。 大好きな人も、イマイチ合わない人も、うっとうしい人も(笑) そんな今日の禅語。 [我逢人] (がほうじん) 人と人との出会いの尊さを表した言葉。 人は人によって、成長していく。 青りんごの森

精神的な余裕を持ち、より良い理想の未来を歩むための基盤を整えるために、エネルギーに関することをこのブログの主軸にしています。 自分が楽しんでいるのが (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 鎌倉時代の話。 曹洞宗の開祖である道元禅師は、十三歳で日本仏教界最高峰の学問所だった比叡山へ修行に上がり出家をした。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

そして仏教を学び修行を重ねるなかで、「仏とは何か」「修行とは何か」という疑問を抱くようになる。, 道元禅師は疑問を解決するために多くの師に教えを仰いだ。 それでもどうにか運良く中国へ辿り着くと、道元禅師は師を求めて各地を行脚した。 ここには来れてなかった。 6. 楽しんじゃった方が 禅・曹洞宗僧侶、エッセイスト そんなふうに感じることのできる相手との出逢いを指して、我逢人という。, 人との出逢いから私たちは多くのことを学ぶ。 自分一人だけではどうしても限界があり、固定観念という枠を超えることも難しい。
禅語の我逢人のように綺麗で強い考え方を持って毎日を生きて行くのはなかなか難しいのが現実です。 だけど、このMrs.Green Appleが歌う我逢人は「誰かを嫌いになっても良いし、むしろその頑張っている笑顔が負けそうになる世界が嫌いだ! | 本気の人に出逢うには自分もまた本気でなければならないように、互いに通じ合うものがなければ出逢いにはならない。 © 2020 ひなメモ|内向型とエネルギーの関係性 All rights reserved. 飾り気がない分、凝縮した思いが伝わってくる。, 一目惚れといっては語弊があるだろうが、道元禅師には「この人物こそは」という印象があったのだと思う。 (山中綾華), "カッコよく見せたい"みたいなことを reisenji〔at〕ccn.aitai.ne.jp 出逢うことの尊さ・たいせつさ・影響力を … GREEN APPLEの良さを共有したり、逆にみんなにもMrs. 「仏として生きるから仏なのだ」という、至極単純な答えだった。, 足元に転がっているような答えほど、遠くばかりを見る者には見つけられないもの。 そして、新住職である如浄禅師と運命的な出逢いを果たすことになる。, 天童山で初めて如浄禅師と出逢ったその時の思いを、道元禅師は日本に帰国後、次のように述懐している。, この眼で本物の師を見つけた。 少しずつ諦めの気持ちが芽生えてきたのか、道元禅師は帰国の準備に取りかかる。 誰かが必ず上にいた。 楽しみながら、そして自分らしくエネルギーを蓄えていきたいものですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 6週間にわたるメール講座をはじめました→ 悩みや不安から解放され、理想の未来を手に入れるためのメール講座. このサイトでは、Mrs. 8. (さとう・りゅうじょう) 全ては人と会うことから始まる。その貴さを三文字で表した禅語。とは言っても、いつもと同じ顔触れということではなく、「一期一会」に通じる“初対面”の貴さを表わしています。未だ知らない人でも全ての人は縁で繋がっています。 師弟の間でのみ相通ずる感覚のようなものが、少なくとも道元禅師にはあったのだと察する。, 如浄禅師のもとで腰を据えて修行をするようになり、道元禅師はやがて悟りを開く。 ちゃんとひとりひとりが 今月より投稿させていただきます。拓光と申します。よろしくお願いします。皆さんとこのような出会いの機会を設けていただき大変嬉しく思います。本日は初回ということもあり「出会い」について話をさせていただきます。, 皆さんは出会いを意味する「我逢人」という言葉をご存知でしょうか。この言葉は私のお寺の先代の住職も大変好まれている言葉で、私は先代の住職よりこの言葉に出会わせていただきました。我、人に逢うなりと書いて「我逢人」といいます。, これは曹洞宗をお開きになられた道元禅師様が、正法眼蔵という書物の中で、師匠である如淨禅師様と出会ったことを書いたときに使った言葉で、人と出会うこと、つまり御縁の有り難さを説いています。, 御縁というのは何とも不思議なものではないでしょうか。道元禅師様はあの広い中国大陸をご自身の足で歩いて渡り、如淨禅師様と出会いました。その後、道元禅師様は日本へと戻り、曹洞宗をお開きになられました。その教えは何代にも渡って師匠から弟子、師匠から弟子へと引き継がれて、今現在こうして私もお寺の住職をさせていただいています。もしかしたらこれまでの一人でも出会いがなければ曹洞宗は絶えていたかもしれません。そして私が今こうして皆さんの前でブログを更新していることもなかったかもしれません。, これは当たり前のことのように感じますが、よく考えてみると奇跡ともいえる大変なことではないでしょうか。そんな人との出会いの素晴らしさを端的に表した言葉が「我逢人」。私は僧侶になる前よりこの言葉を知っていましたが、その意味を本当に深く噛み締めたのは僧侶となり修行を始めてからのことでした。, お寺の住職になるためには修行道場で、ある期間修行をしなければいけません。そして、そこに入ると家族といえども、めったに会うことが出来ません。そのようなこともあり、私は修行に入る前に5年ぶりに祖母の元へと挨拶に参りました。祖母は私が僧侶になるということを誰よりも喜んでいてくれました。祖母とは久しぶりの再会ということもあり、照れてあまり話しをすることが出来ませんでした。その時、私は「立派に修行を終え、立派な僧侶になった時にまた沢山話をしよう」と軽く考え帰路につきました。しかし、修行を始めてわずか1ヶ月後、祖母は急性の病によってこの世を去りました。祖母の死の知らせを聞いたとき、私はすぐにあの時「また今度でいいか」と考えたことを思い出しました。そして「もっと話せばよかった」と後悔しました。もうそれは後悔という言葉では言い表せないほどの悲しみでした。, この祖母の死によって、出会いがあれば別れがあり、どんなに親しい相手でもいつか必ず別れなければならないこと、だからこそ人と出会うこと、その人と一緒にいられることはとても有り難いことなのだと、私は気付きました。そしてその時間は永遠ではないということを身をもって体験しました。祖母は私に、人と人との出会いや繋がりがどんなに有り難く、素晴らしいことだったのかということを、その死を通して教えてくれたのです。, 私は今現在、沢山の方々が支えてくださっているおかげで住職として日々精進することが出来ています。これからもこの御縁に感謝をし、今後も自らの体験をもって御檀家様や一般の方々やこのブログを見てくださっている皆さんに「我逢人」の尊さを伝えていきたいと思います。, tabisuruzensouさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog もっとこうやりたいという そうしたら次の一歩も踏み出せる。 "こうしなきゃ、ああしなきゃ" 疑問の答えも見つかった。 なんとも味わい深い。, 佐藤 隆定 一番だなって思うようになって。 【禅語】『我逢人』:人との出逢いは人生を変え、大きく成長させてくれるかけがえのないもの | ひなメモ|内向型とエネルギーの関係性 そのことに気付くきっかけとなったのは、師との出逢いにほかならない。, 出逢いというのは偶然かもしれないが、待っているだけでは訪れないものでもある。