1着:サンデー×ヌレイエフ、レイズアネイティヴ 複勝率は8位ですが、複勝回収率が低すぎで相性がいいとは思えません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright (C) 2020 音速で諭吉が飛んでくる競馬予想 All Rights Reserved. 2020年10月25日(日曜)に開催される菊花賞の血統の分析になります。ポイントは良馬場に限って調べることです。調べてみると近年良馬場で馬券になっている馬の血統は偏っていました。, 音速の馬券師が提供する精度が高い軸馬「高連対馬スーパー」と「高連対馬」の成績は抜群です!!, <今開催の成績> ... さて、あまり信用できない菊花賞の1番人気馬、それでも期待にこたえる馬の条件を探してみましょう。 第70回 菊花賞(GI)総合 5番人気以内を〇評価とします。6番人気以下は△評価とします。, 父:ハーツクライ 他にはステイゴールド、アグネスタキオン産駒。 高連対馬スーパー 2着:サンデー×レイズアネイティヴ }. 父は菊花賞や長距離レースで相性のいいステイゴールドですし、オルフェーブル自身も菊花賞を買っていますので相性はいいでしょう。 高連対馬スーパー:(3.0.0.0)パーフェクト, 高連対馬スーパーは無料メルマガで公開、高連対馬はブログの平場予想記事で公開しております。, 前回セントライト記念的中のときに 第76回 菊花賞 血統分析|gⅠ特集|競馬情報ならjra-van 過去10年の血統データからレースの特徴を分析。父や母父、近親に至るまで血統の適性から勝ち馬を導き出します。 菊花賞は初出走です。 今週の菊花賞を予想します Copyright © 2015 JRA SYSTEM SERVICE CO. , LTD . ⇒現在のランキングはこちらです 馬券になっている9番人気以内のディープインパクト産駒は〇評価とします。10番人気以下の場合は×評価です。, 父:ルーラーシップ .hide-if-no-js { G1, 父のキンシャサノキセキは1200mのG1高松宮記念を連覇したスプリンターで、産駒も1600m以下が本領。, ただ、数は少ないものの2500m以上でのキンシャサ産駒の複勝率は「27.8%」と意外に高いのでございますな。, この影響が強く、日本での主流舞台よりも、「非主流」の舞台に向くタイプであったのでございましょう。, つまりマイバブーは欧州型でありながらも「スピード血統」という一面を持っております。, 今週は日曜深夜にフランスのロンシャン競馬場で「G1凱旋門賞」が開催されます。日本馬はディアドラが参戦。また、日本人ジョッキーとして初めて凱旋門賞でオブライエン厩舎の管理馬に騎乗する事になったレジェンド「武豊殿」騎乗のジャパンにも注目が集まりましょう。, 先週のG1NHKマイルに続き、今週は古馬牝馬♀のマイル女王決定戦「G1ヴィクトリアマイル」が開催されまする。NHKマイル同様に、非常に波乱傾向の強いレースで、馬場状態次第で求められる適性が真逆になるレース。その辺りを含め、今年の穴馬候補を探って参りまする。, 令和元年最初のG1レースNHKマイルカップの出走馬が確定。18頭立てのフルゲートで、紛れに期待しつつ穴馬発掘に血道を挙げて参る所存。平成最後のG1レース天皇賞春を取りこぼしただけに、ここは気張って参りますれば、どうぞご期待下され(*_ _)☆, 春の天皇賞は、ここ3年こそ1人気がキッチリと馬券になっておりますが、それ以前は2008年アサクサキング3着以降、1人気が消え続けたレースでございますな。長距離戦ゆえにスタミナタイプが人気になりやすく、スタミナに特化しているがために人気でも飛ぶ。ではどんな血統が理想なのか?その辺りに迫る事で、まずは危険な人気馬と言う地雷を回避致しましょう。, 少し遅くなりましたが・・・(*_ _)前回のレポートVol.1に続きまして、本日より宝塚記念出走登録各馬の適性診断をして参ります。まずは上位人気馬の評価から始めて参りまする。, 他にも、レース当日のレシピ該当馬無料配信をはじめ、「本日の血統注目馬」「メルマガ限定EZWIN予想配信」などの特典も盛りだくさんの「完全無料」のメルマガです。, 配信解除は2クリックで一発解除できますので、まずはお気軽にご参加下さいまし(*_ _). 3着:サンデー×ボールドルーラー, 特徴1:ヘイルトゥリーズン系の血が必要  −  菊花賞は出走無しです。  =  2着:サンデー×ヌレイエフ、レイズアネイティヴ、ボールドルーラー 2.デイリー杯2歳Sを勝ち、その後春のクラシ??. 2着:サンデー×ボールドルーラー エピファネイアも菊花賞で勝っています。 菊花賞では1勝2着1回で一番馬券になっている種牡馬です。全頭成績は(3.2.0.16)と複勝率は凄く低いですが勝ち馬を一番輩出しております。 高連対馬スーパー:(4.0.2.1)準パーフェクト, 8/1.2成績 3着:サンデー×ヌレイエフ, 2014年 1 京都芝3000mは対象レースが少ないので京... 種牡馬史上最強データ(’09〜’10) 先週は秋華賞でデアリングタクトが見事に無敗で3冠達成し今週の菊花賞のコントレイルに繋げました。同じ年に無敗の牡馬、牝馬3冠達成の快挙を是非見てみたですね。馬券の方は府中牝馬S、秋華賞で見事に本線で的中出来ました。血統分析で注目馬として取り上げた府中牝馬Sシャドウディーヴァ2着秋華賞ソフトフルート3着と好走し、気になる馬で取り上げた府中牝馬Sサラキア1着サムシングジャスト3着と好走し今週も楽しみです。, さて、菊花賞の注目ポイントは無敗の2冠馬で前哨戦の神戸新聞杯を快勝したコントレイルがデアリングタクトに続き無敗の3冠達成をするかどうかが注目されています。個人的にはデアリングタクトよりは3冠達成する可能性は低いと思っているのでそのへんも含めて分析していきたいと思います。, 菊花賞は京都競馬場の芝30000mで行われるレースでこのコースで行われるレースは菊花賞と万葉Sだけになります。秋華賞同様に馬場の状態でくる馬の傾向にかなり違いが出ているので当日の馬場でどれくらいの時計になるかが非常に大事なポイントになってきます。, 近5年の1着〜3着までの父、母父の系統2019年1着ディープ(サンデー)×アカテナンゴ2着ディープ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー3着ジャスタウェイ(サンデー)×モンズン, 2018年1着ディープ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー 2着ステイゴールド(サンデー)×米国ノーザンダンサー 3着キンカメ(欧州ミスプロ)×サンデー, 2017年1着ルーラーシップ(欧州ミスプロ)×サンデー2着ディープスカイ(サンデー)×ロベルト3着ディープ(サンデー)×米国ミスプロ, 2016年1着ディープ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー2着ステイゴールド(サンデー)×米国ノーザンダンサー3着キンカメ(欧州ミスプロ)×サンデー, 2015年1着ブラックタイド(サンデー)×バクシンオー2着ディープ(サンデー)×米国ノーザンダンサー3着ゼンノロブロイ(サンデー)×欧州ミスプロ, 15頭サンデー系15(父12母父3)ノーザンダンサー系6(欧州3米国3)ミスプロ系4(欧州3米国1), まず馬場の傾向として、2016年、2015年は勝ち時計3分03秒台の軽い高速馬場 2017年はかなり雨の影響を受け、不良馬場で勝ち時計3.分18.9秒とかなり重たい馬場でした。, 2019年、2018年は勝ち時計3分06秒台の2015年、2016年より約3秒程遅い馬場でした。, 2016年、2015年の時エアスピネル、リアルスティールなど比較的中距離より短いレースに適性のあった馬でも好走できる馬場で母系にサクラバクシンオー、ストームキャット、フレンチデピュティ、ダンチヒなどのスプリント戦で強い血を持った馬の好走が多かった年でした。2017年はかなり極悪馬場で参考外になりますが欧州血統でタフなレースに強い血統で決まり、2019年、2018年はディープ×欧州血統、ドイツ血統の血を持った馬の好走が多かった年でした。, さて、今年の菊花賞はどんな馬場で行われるのか?今年の京都競馬場は開幕週から2週連続で雨の営業を受けていて、さらに夏の張り替え時期も7月の長梅雨部分による日照不足や8月の猛暑、雨の影響で芝の不揃いの箇所があるとの事で、芝の生育が例年とは違う為良馬場でも少し時計が掛かる馬場と予想していて、2018年、2019年寄りの馬場で行われると考えています。, 菊花賞の近5年1着〜3着の好走馬全てで父、母父がサンデー系とかなりサンデー系が強いレースと言えます。その中でも父ディープインパクトが馬場関係無しに毎年好走馬を出していて、2016年〜2019年と4年連座でディープの血を持っている馬が優勝しており、2015年1着馬もディープインパクトの全兄ブラックタイドとウインドインハーヘアを持つ馬が5連勝しているのでかなりこのレースに置いて有利と言えます。, 同じ様な馬場を想定している2019年、2018年もディープ産駒が活躍しており、母系に欧州血統の好走が多く去年1着、3着は母系がドイツ血統でした。後は近2年の好走馬3頭がニジンスキーを持っていて注目です。, これらの事を踏まえて今回注目したいのは父、母父サンデー系、特ディープインパクトorウインドインハーヘア父、母父欧州血統、特にドイツ血統ニジンスキー持ちです。, ヴァルコス父はドイツ血統のノヴェリストで母父サンデー系のダンスインザダーク。ヴァルコスの母母はディープインパクトと同じウインドインハーヘア、父はドイツ血統のノヴェリストと菊花賞で好走できる血統です。母父ダンスインザダークは現役時代菊花賞を勝っていて、父としても産駒が菊花賞を勝っています。一昨年も10番人気と好走したユーキャンスマイルの母父もダンスインザダークと菊花賞でかなり相性が良い馬です。青葉賞でかなり早い時計での2着とある程度時計が早くなっても問題無いと見ています。ノヴェリスト産駒も距離延長を得意としておりまさに菊花賞はドンピシャと言える条件で、過去3年で4頭の好走馬を出している友道厩舎と狙いたくなる馬で楽しみです。, 後はディープ×欧州血統、サンデー系×欧州血統、ドイツ血統の血を持った馬中心で馬券を組み立てたいと思います。, 圧倒的な強さで無敗の2冠馬と先週のデアリングタクトに続いて無敗の3冠達成なるかどうかに注目されていますが、2015年、2016年の様な高速馬場なら3冠達成の可能性はかなり高いと思っていますが、2018年、2019年の様な馬場ならちょっとわからないし、他に上昇する馬を狙っていきたいと言うのが本音です。ただ能力はかなり高く本当の歴史的名馬は馬場関係無く強いと思っているので、能力で全てを跳ね除けて3冠達成するかどうか楽しみです。是非デアリングタクト同様コントレイルにも3冠達成して欲しいと思います。, 重賞レースでは血統を中心とした予想で、調教、ラップ、ローテーションなどから総合的ランク付けし、上位評価馬から馬券を買うスタイル

平場では調教 菊花賞は過去10年のデータを見ていきます。 京都芝3000mの種牡馬成績です。 1.野分特別を快勝し、抽選待ちの馬。 菊花賞2020こんばんは、火下遊です。本日は菊花賞2020の出走馬全頭血統診断を行います。初距離で血統は重要なファクターなので、出走確定メンバーの血統を検証して、菊花賞の適性馬を探っていきたいと思います。 アンライバルド 牡3 57.0 友道康夫