『懐かしのヒーロー・ウルトラマン99の謎』(二見書房・1993年)p.72 - p.73. $(".bnc-js-button-add-cart").each(function(index, button) { ※画像は実際の商品とは多少異なる場合がございます。 if(mainItem.reserve == 1 && packItem.reserve == 1){ - Legend of Galaxy 〜銀河の覇者 - Starlight - 英雄の詩 - TWO AS ONE - Project DMM - voyager, TBS - NHK - 日本テレビ - 毎日放送 - CBC - BS11 - テレビ東京 - tvk - チバテレ - テレ玉 - サンテレビ - メ〜テレ - フジテレビ - WOWOW, タケダアワー - TBS金曜7時枠の連続ドラマ - TBS系列水曜夜7時台枠のアニメ - TBS水曜7時枠の連続ドラマ - 毎日放送制作土曜夕方6時枠のアニメ - テレビ東京平日夕方6時枠のアニメ(アニメ530), うるとら7:00 - 情報局 - すべて - 検定 - テレマガ - てれびくん - チャイヨー - レッドマン - ハッチャキ! $(".bnc-js-cart-together-caution").html("※まとめ買いは終了しました。現在受注中はこちらになります。※それぞれ送料がかかります。").show(); } } 帰ってきたウルトラマン(コロムビア・カバーバージョン) / 三鷹淳、コロムビアゆりかご会 帰ってきたウルトラマン(ビクター・カバーバージョン) / 子門… ], cart_html = 'カートに入れる' + deliverly_notice + 'カートに入れる'; together_cart_status = true; "priceCurrency": "JPY", packItem = item; if(variation.order_no == current_order_no){ } //--> } 「アルティメットルミナス ウルトラマンベリアル」を追加! 2020/08/03 「アルティメットルミナス ウルトラマン14」を追加! 2020/06/19 「ヒカルナルプレミアム ウルトラマン カラータイマー弐」を追 … var together_cart_status = false; ウルトラマンナイスは、『ウルトラマンティガ』再放送時(1999年10月 - 2000年9月)にバンダイのウルトラマン関連商品コマーシャルフィルム(インフォマーシャル)として放送された玩具販促用の連作ミニドラマと、その主人公であるウルトラマンの名称である 。 } current_order_stage = PB_ORDER_INFO["package"][1]; Fighting Evolution - バトルコレクション - コンパチ - 大怪獣ラッシュ - フュージョンファイト! str_as = M.charCodeAt(i); var parameter_id = item.parameter_id; ウルトラマンから離れた3本の光の鎖は、小さくなりウルトラマンの股間へと向かう。 最初の2本の輪はウルトラマンの腹の前で静止し、来る時を待ちかまえる。 最後の1本は縦方向に方向を変え、リングの外周につく刃(やいば)をウルトラマン function changeTogetherCartStatus(mainItem, packItem, mainCartActive, packCartActive){ if(orderId != ""){ else{ $(".bnc-js-pb-" + param + "-deliverly").remove(); pack_order_stage = PB_ORDER_INFO["package"][1]; "https://www.bandai.co.jp/candy/published/bnc_files/product/LY9/000000283048AW3bkWfnBMLsqPP1WOmJbprvcU0fGNLdYLY9.jpg", pbDirectCart.addCart([orderId]); $(".bnc-js-pb-package-cart-button").eq(0).hide(); mainItem = item; $(".bnc-js-pb-"+ param +"-price").text(getWithOutTaxPrice(item.price, delivery_plan_date, item.shop_category, item.tax)); 世界的人気で誰もが知る「ウルトラマン」を、あの『シン・ゴジラ』チームが再集結して映画化するとお話� アニメ『ultraman』 2020年4月よりtokyo mx,bs11にて放送決定 netflixにて全世界独占配信中 監督:神山健治×荒牧伸志、制作:production i.g×sola digital arts "offers": { "https://www.bandai.co.jp/candy/published/bnc_files/product/V1E/0000002830522FSiASQLnz3okvvV8YgAUotUiWcCDOoWUV1E.jpg" $(".bnc-js-pb-"+ param + "-end-datetime").text(getSaleEndDateLabel(item.end_datetime)); else{ $(".bnc-js-cart-together-caution").html('※' + prev_order_stage + '次受注商品とのまとめ買いは終了しました。現在受注中はこちらになります。').show(); "package" : "" ャポン特撮部謹製ホリゾント(背景), 「アルティメットルミナスプレミアム ウルトラマン弐」, 「アルティメットルミナス ウルトラマン03」, 「団地ガスタンク祭り キャンペーン」, 「アルティメットルミナス キングジョー」, 「アルティメットルミナス ゼットン」, 「アルティメットルミナス ウルトラマン01」箱売り販売商品店舗情報, プレミアムバンダイで限定商品受注開始!. var cart_button = $(".bnc-js-pb-"+ param + "-cart-button"); "https://www.bandai.co.jp/candy/published/bnc_files/product/AeM/000000283024ZR0ipoFTswvBHR2lFi23DVgOJhE4uU1gdAeM.jpg", if(isCartActive(variation.cart)){ "image": [ } if(item.indivisual_shipping){ - 江〜姫たちの戦国〜) - 白雪劇場 川端康成名作シリーズ 千羽鶴 - 俺はご先祖さま - 女たちの百万石 - 連続テレビ小説(かりん) - 女の言い分 - 水戸黄門 - 貫太ですッ! var current_variation = null; var mainCartActive = 0; 対象年齢:15才以上, ※店頭での商品のお取り扱い開始日は、店舗によって異なる場合がございます。 "@type": "Product", if(together_cart_status){ if(variation.order_no == current_order_no){ var packItem = null; var ad = converter(String.fromCharCode(116,107,115,113,96,101,116,106,116,114)+String.fromCharCode(103,104,108,96,63,100,119,99,44,98,110,109,109,100,98,115,45,105,111)); var PB_ORDER_INFO = { $(".bnc-js-pb-"+ param +"-shipping").text(getShippingLabel(item.indivisual_shipping)); $(".bnc-js-pb-"+ param + "-deliverly-year").text(getDeliverlyDateYear(delivery_plan_date)); modelData: { $.each(items, function (idx, item) { var current_order_no = ""; }); !マチャアキ - 笑ってポン! これが日本のベスト100』(テレビ朝日系列)の2002年9月8日放送分「あなたが選んだヒーローベスト100」の第2位にランクインしている。固有名詞としての「ウルトラマン」は、『広辞苑』の見出しにも記載されている(2008年刊の第6版287ページ)。また、第39話(最終回)でウルトラマンがゼットンに倒されたシーンは、初放映当時の子供たちに少なからぬ衝撃を与え、影響を受けたと語る著名人も多い。前田日明は「ウルトラマンの敵(かたき)を討ってやる!」と、格闘技を始めたきっかけになったことを語っている[6]。, 商業的にも成功を収め、本作品やそのキャラクターに関連する商品は玩具だけでなく、生活用品などあらゆる分野で発売されている。商業的側面から本作品で特筆すべき点は、日本のテレビ番組で初めて商品化権の入札制度を導入したことである[注 4]。本作品が制作される以前は、テレビ局の担当者とコネがある業者が商品化権を取得していたが、本作品で前述の制度が導入されて以降は金のあるものから優先的に商品化権取得の機会が与えられるようになった。もっとも、実際のところは『ウルトラQ』を商品化したマルサン商店などの業者が優遇されており、本格的に入札制度が機能するのは次作『キャプテンウルトラ』以降である。, 科学特捜隊のハヤタ隊員は小型ビートルで青い球体と赤い球体を追跡するが、赤い球体と衝突したうえに墜落死してしまう。, 赤い球体の正体はウルトラマンだった。M78星雲人の彼は、宇宙の墓場への護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラー(青い球体の正体)を追って地球までやって来た。そして、自分の不注意でハヤタを死なせたことに対する罪の意識からウルトラマンは、ハヤタに自分の命を分け与えて地球の平和を守るために戦うことを決意。こうして、ウルトラマンとハヤタは一心同体となった。, 以後、ハヤタはベーターカプセル[注 5] を点火させてウルトラマンに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。, 本作品の企画が始動したのは、1965年8月頃のことだった。当時、第2クールを制作中の『ウルトラQ』が日曜19時台にて翌年1月からスタートとほぼ決定したことも追い風となり、TBSプロデューサーの栫井巍(かこい たかし)と円谷特技プロ企画文芸部室長・金城哲夫が中心となってさまざまなアイデアが出されていった。TBSはかなり早い段階で、4つの条件を円谷特技プロに提示している。, 会議の中では「主人公が怪獣では問題がある」という意見も強く、監修者の円谷英二からも「スーパーマンのようなヒーローを」との提案が出された[8]。また、この時期に円谷が特技監督を担当した東宝特撮映画で、人間に味方する巨人と凶暴な怪獣が死闘を展開する『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965年・東宝)が公開されており、この映画も本作品の企画に少なからず影響を与えていると言われている。, ここでフジテレビ用に企画されていた番組『Woo』の「人間に味方する友好的宇宙人の活躍」というアイデアが流用され、『科学特捜隊ベムラー』という企画書が作成された[9]。この企画書では、「常識を越えた事件を専門に扱う科学特捜隊」と彼らに協力する正体不明の宇宙人ベムラーが設定されている。「飛行機事故で消息を絶った主人公がヒーローになって生還する」という設定はこの時点ですでに見られるが、主人公とベムラーの関係は企画書には明記されていない。, ベムラーの容姿は日本の伝説上の生物・烏天狗を思わせるもので、関係者から「敵怪獣との区別がつきにくい」や「ヒーローとしてのキャラクター性が弱い」との指摘があった。そこで『ベムラー』企画は再検討され、新たに『科学特捜隊レッドマン』が企画されることとなった[注 7]。この企画書では、正義の怪獣ではなく「甲冑を思わせるような赤いコスチューム」をまとった謎の男として設定されている。身長は2メートルから40メートルまで伸縮自在と設定されている。また、変身時間の制限も導入された。主人公とヒーローの関係についても「飛行機事故でサコミズを死なせた宇宙人レッドマンが責任を取ってサコミズの身体を借りる」と明記され、後の完成作品におけるウルトラマンの設定の基本的な部分は完成していた。その一方、レッドマンは故郷が他の惑星の侵略で滅亡していること、サコミズ本人はすでに死亡してその心はレッドマンであること、サコミズには人気歌手の恋人がいることなど、完成作品との相違部分もある。, こうしてレッドマンのデザインは幾分かヒーロー的になったものの、拵井はもっとシンプルでインパクトのあるデザインを要求した。また、前述のように本作品はアメリカへのセールスを前提としており、アメリカの事情に詳しいTBSの大谷乙彦らが「今の形では外国人には受け入れられない。もっと無表情な鉄仮面のようなものの方が謎があっていい」などと提案した[10]。こうして試行錯誤した結果、ウルトラマンのデザインが完成した[注 8]。, 前作の『ウルトラQ』は放送前に全話の撮影を終了させていたが、本作品は放映と平行して制作する一般的なドラマのスタイルとなった。TBSから支給された予算は1クールにつき7000万円(1本約538万円)、本編のクランクインは1966年3月16日だった[12]。, 本作品は、ほぼ同時期に放映された『マグマ大使』とともにカラー放送による[注 9] 連続テレビ映画の草分けだったうえ、巨大な宇宙人を主人公とする大がかりな特撮中心のドラマは世界にも類例がないため、番組制作は苦難の連続だった。, 『ウルトラQ』では、円谷英二の「16mmのクォリティでは特撮はできない」との主張で劇場映画用と同じ35mmフィルムで撮影し、放映用フィルムとして16mmに縮小するという手法が採られた。この手法によりテレビ作品としては異例のクオリティを得られたが、フィルム代で予算が圧迫される問題が発生した[注 10]。本作品では高価なカラーフィルムを使用することから、合成カットのみ35mm、それ以外は本編・特撮とも16mmとすることで、合成映像の不自然さを低減させつつコストダウンを図った。しかしカラー撮影のノウハウが少ないため、調整や取り直しなどで時間やフィルムを浪費することとなった。, 撮影では飯島敏宏監督によるAブロック(放映第2話、第5話、第3話)は本編・特撮を同一スタッフが手がける一斑体制で開始したが、カラーフィルムの入念なテスト(色彩設計や照明の光量など)やウルトラマンの着ぐるみの度重なる塗り直し(初期は、ラテックス製のマスクと未塗装の黒いウェットスーツを使用していた)などカラー撮影にまつわる細々とした対応の他、操演中のジェットビートルをホリゾントにぶつけて大破させるなどの事故も重なり撮影は遅々として進まず、野長瀬三摩地監督のBブロック(放映第7話、第4話、第6話、第9話)からは別班体制に変更された。Bブロックは円谷一監督によるCブロック(放映第1話と第8話)の撮影を優先したため、完成済みの第7話を除いて後回しにされた。第1話に先駆けて放映されたテレビ番組『ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生』のおかげで、なんとか無事に放映が始まったものの、スケジュールは次第に切迫し、特撮を2班編成にしても間に合わなくなってきた。円谷英二のダメ出しによる撮り直しだけでなく、スタジオと撮影機材のレンタル料も大きな負担になっており、予算・時間共に余裕の無い状況となっていた。, そのため、番組の続行を望むTBS側とこれ以上の続行は不可能とする円谷特技プロとの間で協議が重ねられ、「赤字はともかく、週1回の放送に間に合わないのが確実になった」(高野宏一他複数のスタッフによる証言)ために3クール39話の放送で一旦終了することが決定した[注 11]。, テレビシリーズの本放送当時は厳密な時代設定の統一は行われておらず、その当時の現実と未来とが混在している。, 本放送当時にTBS番宣課が発行した「ウルトラマンあらすじ集」第一集[13] と、『週刊少年マガジン』1966年31号(8月7日号)でのグラビアページの時代設定は、「1975年頃」という記載がある。スタッフの認識は近未来という程度で明確な合意はなく、第23話でジャミラの墓標に没年が1993年と記されていたり、第39話で「1930年代から40年以上」とのセリフがあるなど一定していない。, 唯一の前後編である第26話・第27話は、作中で子供たちが怪獣の存在を否定していたり、子供のごっこ遊びでウルトラマンの変身方法が知られていたりと、現実世界寄りの演出がされている。また、第35話では延長工事途中の首都高速道路や日本で唯一の超高層ビル[注 12] など、放送当時の東京の景観がそのままミニチュアセットで再現されている。, 『ウルトラマン』に続いて一連のシリーズ作品が制作・放映された。毎回、巨大ヒーローと怪事件処理専門チームが連携し、宇宙や異次元、地球のどこからか現れる怪獣や宇宙人たちと戦うというコンセプトの特撮番組で、子供たちから人気を博す。これらの作品は、「ウルトラシリーズ」や「ウルトラマンシリーズ」と呼ばれる。, ドラマのクライマックスで登場し、怪獣や宇宙人と戦う巨人。その正体はM78星雲光の国出身の宇宙人である。宇宙警備隊員として、怪獣墓場に護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラーを追跡して地球を訪れ、誤って死なせてしまった科学特捜隊のハヤタ隊員に自分の命を分け与えて一心同体となり、地球の平和を守るために戦うことを決意する。, 普段はハヤタの姿で行動するが、有事の際にはベーターカプセルを点火させてウルトラマンに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。, ごく一部の例外を除き、原則として地球人とは会話せず、感情などは動きだけで表現し、「シュワッチ」あるいは「シュワッ」などと表記される数種の掛け声のみを発することが殆どである。, ウルトラマンのプロフィールは、作中では語られていないが、雑誌記事等では詳細に紹介されている[要文献特定詳細情報]。, ハヤタがウルトラマンに変身する際に使用する機器[注 15]。第1話でハヤタがウルトラマンと一体化する際に、ウルトラマンから託される。, カプセル内部には超小型プラズマスパーク核融合装置とベーターコントローラーが内蔵されている。これがないと、ハヤタはウルトラマンには変身できず、常に隊員服の内ポケットに携帯しているが、何度かカプセルを落とすシーンもある。ウルトラマンでいる時もどこかに携帯しているらしく[注 16]、第26話ではゴモラとの格闘中に落としたのを現場にいた子供に拾われる。, 第39話ではウルトラマンを迎えに来たゾフィーが、自ら持ってきたベーターカプセルを使ってハヤタに命を与えると同時に、ハヤタとウルトラマンを分離させる。, 映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では別次元のハヤタが、自身をウルトラマンと気が付いた際にハヤタの手の中に現れる。, 『帰ってきたウルトラマン』の原型となる『続ウルトラマン』では、ウルトラマンと一体化したバン・ヒデキの変身アイテムとして登場予定だった[18]。, ハヤタがベーターカプセルの赤いボタンを押すと、閃光と共にベーター線[注 17]が発光部から発生し、ハヤタの周りを渦巻き状に包み込んで[注 18]ウルトラマンに変身する。変身・巨大化時のポーズは「右手を宙空に突き上げ、左手は顔の隣に置く」という独特の形であり、ウルトラマンを特徴づけるポーズとして以降の作品でもほぼ踏襲されている[注 19]。, 書籍設定[要文献特定詳細情報]では、フラッシュビームにM78星雲人の生命の源である人工太陽プラズマスパークと同じエネルギーが含まれ、この光によって元の姿を一定時間取り戻すことができるとされている。, ウルトラマンは様々な特殊能力や格闘術を持っている。作中で名称が明言されたのは「スペシウム光線」と「テレポーテーション」のみで、その他の名称は書籍や年代によってばらつきがあったが、後年には円谷プロにより統一されている。技の一部は後のウルトラマン達にも継承されている。, ウルトラマンの活動時間は「3分間」と視聴者に認知されているが、本作品の作中及びシナリオにおいて3分間と言及されているわけではない[注 28]。作中で「ウルトラマンのエネルギーは3分間しか続かない」と初めて明言されたのは、『帰ってきたウルトラマン』の第1話である。, TBS番組宣伝課発行の「ウルトラマンあらすじ集」には「ウルトラマンの持続時間は胸に点滅するカラータイマーのランプの色と警告ブザーが示す。最初は青色で3分間、途中黄色に変わった時が注意信号で、赤色になるとあと30秒で全ての力を失う危険信号になっている」と記述されているが、これは仮タイトル時の2月15日にTBS第一会議室で作成された「レッドマン最終申し合わせ事項」をほぼそのまま引用したもの。放映直前の「週刊TVガイド」1966年6月24日号では、「ウルトラマンの胸に赤ランプがつくと、彼の超能力もあと30秒で消滅するのだ!」と、青の具体的な持続時間及び黄色の注意信号の件が省略され、続く「ジュニアTBSニュース号外」では「ウルトラマンの胸に赤ランプがつきブザーが鳴るのは、もうすぐエネルギーがゼロになるという警告である」と、ラスト30秒の件までが省略されて完成作品におけるナレーションに近いものになっている。ただし第7話には「あと30秒だ」というイデ隊員のセリフがあり、当初の基本設定が踏襲されている。, これら初期の設定を、大伴昌司が『少年マガジン』誌上で簡略化のうえ「3分間」と紹介したものを、円谷特技プロが後から公認したとされる。, なぜ制限が3分間であるかについて、円谷プロの満田かずほ監督は、多額の予算を必要とする特撮・格闘シーンを30分番組の1割に当たる3分間に収めるという約束事がなされたためと語っている。また、当時の人気格闘技ボクシングにおける1ラウンドの試合時間、長嶋茂雄の背番号などからヒントを得たとしている。, 撮影費用のかかる特撮部分の経費削減と、ウルトラマンが完全無欠のヒーローでありすぎると話に面白みが欠けるので、子供にも分かりやすい弱点を作ることが目的とされ、当初のデザインでは存在していなかったカラータイマーと変身時間の制限が導入されたといわれている。カラータイマーの点滅については、当時の主流だった白黒テレビを考慮しての面が大きい。, カラータイマーはデザイン上の要請とは無関係に考案されたものであり、デザイナーの成田亨はこれを嫌い、自身が作成したウルトラマンの絵画や塑像にはカラータイマーをつけていないことも多い[41][注 29]。また、ウルトラマンの変身・巨大化時の右手を宙空に突き上げたポーズの人形にはカラータイマーがついていないが、ウルトラマンに不可欠なデザイン上の特徴として以後のウルトラシリーズに継承され、他の類似作品にも大きな影響を与えた。成田は、次作『ウルトラセブン』のデザイン時にこのことを見越してウルトラセブンの額に小さなランプをあらかじめ盛り込んでおり、実際にシリーズ中盤から活動限界を知らせる機能が追加されている。, 撮影に用いられた実物は、3ミリの透明板をヒートプレスして透明エポキシ樹脂で点モールドが置かれ、中には青と赤のセロファンが入っている[42]。, 作中では、第1話でハヤタは当初巨大宇宙人のことを「彼」と呼び「名なんて無いよ」と言っていたが、イデ隊員に「名無しの権兵衛なんてあるもんか」と言われたためその場で「ウルトラマン」と命名した。この時のハヤタはウルトラマンと一心同体になっていたため、ウルトラマンが自称したと解釈することも可能であるが、この命名がハヤタの意思なのかウルトラマンの意思なのか、作中で明示されたことはない[注 30]。その後、敵対する宇宙人やゾフィーからも「ウルトラマン」と呼ばれている。, 『ウルトラマンメビウス』第1話ではウルトラの父が「あの星(地球)では我々をそう呼ぶ」と語っている。, 映像作品以外で「ウルトラマン」の名前のルーツが明示されることもあり、小説『小説 ウルトラマン』ではアラシの「ウルトラに強かった」と評するセリフから、漫画『ウルトラマン THE FIRST』では「ウルトラ作戦第一号の協力者」という着想からそれぞれハヤタが名付けている。, ウルトラマンのデザインは、『ウルトラQ』でも怪獣や宇宙人のデザイン、セットの美術デザインを手がけた彫刻家の成田亨が担当。仕上げの最終段階で平面上の作業に見切りをつけたため、デザイン画の決定稿は存在しない[41][43]。成田の指示のもと、美術スタッフの佐々木明が粘土による造型作業を繰り返す中で、マスクと身体の模様が完成した[43][注 31][注 32]。成田のデザインイメージでは、ウルトラマンはマットなシルバー塗装ではなく、メッキ加工による銀であったという。ウルトラマンでは実現しなかったが、後に成田が美術を担当する『突撃!