※球団名の改称年は改称後の初年度シーズンを起点に表記, 1936年2月15日に國民新聞社(東京新聞の前身)を親会社として大東京軍を結成。洲崎球場を本拠地とする 2011年、東京放送ホールディングスの球団株式売却によりディー・エヌ・エーが経営権を持つ 2012年、球団名を横浜DeNAベイスターズに改称 広島東洋カープ: 1949年 12月15日に、広島県内の有力企業複数が出資した広島カープがセントラル・リーグに加盟。 1937年、8月に小林商店(現・ライオン)が経営参加を表明。球団名をライオン軍に改称 ・交流戦18試合のチーム打率 1953年、シーズン開幕前に大洋ホエールズと合併。合併球団名は大洋松竹ロビンスとなる, 1949年12月15日に西日本新聞社を親会社とした西日本パイレーツがセントラル・リーグに加盟。平和台野球場を本拠地とする 1957年、シーズン中に広島市民球場に本拠地を移転 ・前年度日本生命セ・パ交流戦の上位チーム 1936年、阪神甲子園球場を本拠地とする 1951年、シーズン開幕前に西鉄クリッパースと合併しパシフィック・リーグへ移動脱退。合併球団名は西鉄ライオンズとなる, 1952年のフランチャイズ(ホームタウン)制度採用後はホーム・アンド・アウェー方式で、原則それぞれ半分ずつの試合を行う。, ※1:1997年 - 2000年と2015年 - 2019年(リーグ間の対戦)は総当りが奇数回となるため、対戦カードのどちらか一方がホームゲームを1試合多く行う形式(前者は14試合、後者は13試合)である。なお1試合増加分のホームチームについては、2年単位で隔年入れ替わりである。, ※2:2015年以降のセ・パ交流戦は3回総当たりとなるため、対戦カードごとに隔年でホームチームを入れ替える。, シングルの場合は回数・時間制限なし(デーゲームの場合日没まで)。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 1941年、敵性語である英語の使用禁止を受け、球団名を朝日軍に改称 ・交流戦18試合のTQB((得点/攻撃イニング)-(失点/守備イニング))が大きいチーム ・交流戦18試合のER-TQB((相手自責点による得点/攻撃イニング)-(自責点/守備イニング))が大きいチーム 2011年 日本プロ野球の順位表ページです。ブックメーカー日本対応・スポーツベッティング・オンラインベット、セントラルリーグ・パシフィックリーグ ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで(回数制限は1962年まで同じ)、ナイトゲームは22:30まで。, ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 (2):9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。, ダブルヘッダー第1試合以外は、開始時刻に関わらず試合開始から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。 1947年、読売新聞社が経営に当たり、名称を読売ジャイアンツに改称 ナイトゲームは原則として試合開始時刻から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。ただし、以下の規定がある(時間制限は1973年まで同じ)。 1950年、松竹が経営参加を表明。球団名を松竹ロビンスに改称。衣笠球場に本拠地を移転 2019 All Rights Reserved.

1968年、東洋工業(現・マツダ)が球団筆頭株主となったことに伴い、球団名を広島東洋カープに改称 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 1996セ 1996パ プロ野球 前日 翌日 1996年日程 各年度の5月23日 …, 1959セ 1959パ プロ野球 前日 翌日 1959年日程 各年度の4月21日 …, 1964セ 1964パ プロ野球 前日 翌日 1964年日程 各年度の6月13日 …, 1984セ 1984パ プロ野球 前日 翌日 1984年日程 各年度の6月22日 …, 1958セ 1958パ プロ野球 前日 翌日 1958年日程 各年度の7月20日 …, 1987セ 1987パ プロ野球 前日 翌日 1987年日程 各年度の4月21日 …, 2002セ 2002パ プロ野球 前日 翌日 2002年日程 各年度の6月20日 …, 2016セ 2016パ プロ野球 前日 翌日 2016年日程 各年度の4月17日 …, 2006セ 2006パ プロ野球 前日 翌日 2006年日程 各年度の7月24日 …, 1976セ 1976パ プロ野球 前日 翌日 1976年日程 各年度の9月6日 …. Copyright© 日本プロ野球(npb)の詳細データを提供しています。2012年度分からの全試合結果、個人別成績、コース別成績、条件別状況別成績、観客動員、セイバーメトリクス、選球眼指標等公開しています。 ▶ 【2020.11.08】マリーンズ、CS進出が確定 ←【11.06】自力CS復活 ←【11.04】自力CS消滅。, ▶ 【2020.11.08】ライオンズ、CS完全消滅 ←【11.01】自力CS復活 ←【10.31】消滅 ←【10.28】また復活 ←【10.25】また消滅 ←【10.24】再復活 ←【10.23】再消滅 ←【10.18】復活 ←【10.17】消滅。, ▶ 【2020.11.04】イーグルス、CS完全消滅 ←【10.31】自力CS再消滅 ←【10.30】復活 ←【10.16】消滅。, ▶ 【2020.11.02】ファイターズ、CS完全消滅 ←【10.02】自力CSの可能性が消滅。, ▶ 【2020.10.27】マリーンズ、優勝の可能性が完全消滅 ←【10.21】自力優勝消滅。, ▶ 【2020.10.25】ライオンズ、優勝の可能性が完全消滅 ←【10.03】自力優勝消滅。, ▶ 【2020.10.23】イーグルス、優勝の可能性が完全消滅 ←【09.29】自力優勝再消滅 ←【09.22】復活 ←【09.18】自力優勝消滅。, ▶ 【2020.10.22】バファローズ、CS完全消滅 ←【09.04】自力CSの可能性が消滅。, ▶ 【2020.10.21】ファイターズ、優勝の可能性が完全消滅 ←【09.16】自力優勝の可能性が消滅。, ▶ 【2020.10.15】バファローズ、優勝の可能性が完全消滅 ←【08.25】自力優勝の可能性が消滅。, ▶ 【2020.10.15】「優勝可能性が残っているか」の計算・表示不具合を修正しました。, ▶ 【2020.06.15】2020シーズン版、プロ野球 球団別・リーグ別試合日程をiCal形式で。, ▶ 【2020.10.30】タイガース、優勝の可能性が完全消滅 ←【09.15】自力優勝の可能性が消滅。, ▶ 【2020.10.30】ドラゴンズ、優勝の可能性が完全消滅 ←【08.29】自力優勝の可能性が消滅。, ▶ 【2020.10.23】ベイスターズ、優勝の可能性が完全消滅 ←【09.13】自力優勝の可能性が消滅。, ▶ 【2020.10.21】カープ、優勝の可能性が完全消滅 ←【09.05】自力優勝の可能性が消滅。, ▶ 【2020.10.14】スワローズ、優勝の可能性が完全消滅 ←【09.01】自力優勝の可能性が消滅。. 1950年、開幕後に球団名を大洋ホエールズに改称、下関市営球場を本拠地とする セントラル・リーグ(英: Central League)は、日本のプロ野球リーグのひとつ。セ・リーグと呼称される。, 1949年(昭和24年)、新チーム加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂し、加盟反対派の読売ジャイアンツ(巨人)、中日ドラゴンズ、松竹ロビンスを中心に、大阪タイガース[注 1]、新球団の大洋ホエールズ、広島カープ、西日本パイレーツを加えた計7球団でセントラル野球連盟(セントラルやきゅうれんめい)が発足。なお、発足当時は小田急電鉄が球団を所有してセ・リーグに加盟して8球団体制とする計画があった[1]が、これは計画倒れに終わり実現しなかった。, 袂を分かった賛成派は、3つの新チームと共に太平洋野球連盟ことパシフィック・リーグ(パ・リーグ)を結成した。, 翌1950年(昭和25年)1月には球団所有が中止・消滅に終わった小田急電鉄と入れ替わる形で国鉄スワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)も加盟し、当初の計画から違う形となったが、運営初年度から8球団体制となった。, 1951年1月10日に開催が予定されたセ・リーグ代表者会議を前に、経営危機に直面していた広島と西日本を整理する構想が浮上したが、当日の会議では問題を先送りされた[2]が、結局シーズン開始直前、西日本パイレーツがパ・リーグの西鉄クリッパース(現:埼玉西武ライオンズ)と合併し脱退。1952年シーズン終了後には大洋ホエールズと松竹ロビンスが合併して「大洋松竹ロビンス」を結成し、6球団になる。, 以降、親会社及びチーム名の変更こそあるものの、チーム数そのものの増減は無い。大洋松竹ロビンスが1953年(昭和28年)に下関から大阪へ、さらに1955年(昭和30年)大洋ホエールズに改称して川崎へ移転して以降は、各球団の保護地域の変更も無い。同球団は、1978年(昭和53年)に横浜移転とともに横浜大洋ホエールズに改称しており、それ以降、本拠地(球場)所在地の変更も無い。, 2009年(平成20年)1月1日の改定日本プロフェッショナル野球協約発効に伴い、連盟事務局と直下の審判部・記録部はコミッショナー事務局、パシフィック・リーグ事務局と統合され、コミッショナー直属の『セントラル・リーグ運営部』『審判部』『記録部』となり、リーグ会長職は廃止された[3]。, 2013年(平成25年)より開幕前のイベントとして東京ビッグサイトにて『セ・リーグファンミーティング』を行っている。, 2019年(令和元年)11月11日にJERAとタイトルパートナー(冠スポンサー)契約を締結。契約期間は2020年(令和2年)から3年間でリーグ戦では「JERA セントラル・リーグ」の名称が使用される[4]。, 1934年12月26日に大日本東京野球倶楽部として結成 ®ã‚’算出し、, 2.ホームランが出れば同点、勝ち越し、逆転となる場面ならVDUCP(UC)打数としてカウントします。, 3.あとは通常通り安打数/打数で打率、被打率を計算します。, 補足:リードしている(投手ならリードされている)場面ではいくら打っても(打たれても)勝敗要素は変動しないため、VDUCP(UC)にはカウントされません。. 1948年、球団名を中日ドラゴンズに改称、後楽園球場を本拠地とする
・直接対戦成績 ナイトゲームは22:15まで(時間制限は1967年まで同じ)。, ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。

1946年、球団名をパシフィックに改称

2011年 日本プロ野球の順位表ページです。ブックメーカー日本対応・スポーツベッティング・オンラインベット、セントラルリーグ・パシフィックリーグ ・交流戦18試合のER-TQB[(相手自責点による得点/攻撃イニング)-(自責点/守備イニング)]が大きいチーム 1988年、後楽園競輪場跡地に開場した東京ドームに本拠地を移転, 1935年12月10日に阪神電気鉄道を親会社として大阪タイガースを結成 1993年、大洋漁業→マルハへの社名変更に伴い、球団名を横浜ベイスターズに改称

1961年、球団名を阪神タイガースに改称, 1936年1月15日に新愛知新聞社(中日新聞社の前身)を親会社として名古屋軍を結成 1997年、ナゴヤドームに本拠地を移転, 1950年1月12日に鉄道弘済会、日本通運、日本交通公社(現・JTB)などを親会社とした国鉄スワローズがセントラル・リーグに加盟。後楽園球場を本拠地とする ・勝数 1946年、球団名を再び大阪タイガースに改称 1978年、球団名を横浜大洋ホエールズに改称、横浜スタジアムに本拠地を移転 ナイトゲームは深夜24時を過ぎて次のイニングに入らない。, デーゲームで開催のシングルの場合は時間・回数制限なし(日没まで。以後1973年まで同じ)。 (2):9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。, プレーオフ制度についての詳細はプレーオフ制度(日本プロ野球)・セントラル・リーグの項参照。, 2020年現在、横浜DeNAベイスターズのみが21世紀にセントラル・リーグ制覇を経験していない。, 2020年現在、阪神タイガースと横浜DeNAベイスターズと広島東洋カープが21世紀に日本シリーズ制覇を経験していない。, 読売ジャイアンツは平成(1989年)令和(2019年)で最初の年にセントラル・リーグを優勝している。, 1位の球団でクライマックスシリーズを敗退した経験がある球団は読売ジャイアンツと広島東洋カープである。, 2位と3位の球団でクライマックスシリーズを突破した経験がある球団は阪神タイガースと中日ドラゴンズと横浜DeNAベイスターズである。, アリゾナリーグ - ドミニカン・サマーリーグ - ガルフ・コーストリーグ - ベネズエラン・サマーリーグ, フロンティアリーグ - アトランティックリーグ - カナディアン・アメリカン・リーグ - アメリカン・アソシエーション - ペコス・リーグ - フリーダム・プロ・ベースボールリーグ - アメリカン・ウェスト・ベースボールリーグ - パシフィック・アソシエーション, メキシカンリーグ(メキシコのメインリーグ) - リーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコ(メキシコのウィンターリーグ) - リーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナ(ウィンターリーグ) - リーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・ロベルト・クレメンテ(プエルトリコ) - リーガ・ニカラグエンセ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル - リーガ・デ・ベイスボル・デ・パナマ (ウィンターリーグ)- リーガ・デ・ベイスボル・デル・アルバ(ウィンターリーグ), リーガ・コロンビアーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル - リーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル(ウィンターリーグ), セントラル・リーグ - パシフィック・リーグ - イースタン・リーグ - ウエスタン・リーグ, 中華職業棒球大聯盟 - 中国プロ野球連盟 - ベースボールフィリピン - オーストラリアン・ベースボールリーグ, セリエA(イタリア・サンマリノ共和国) - ディヴィジオン・アン(フランス) - ディビシオン・デ・オノール(スペイン) - フーフトクラッセ(オランダ) - 野球ブンデスリーガ(ドイツ) - ナツィォナール・リーガ(スイス) - フラームス・ベースボール・リーガ(ベルギー) - ナショナルリーグ(イギリス) - アイリッシュ・ベースボール・リーグ (アイルランド) - チェコ・エクストラリーガ(チェコ) - ポーランド・エクストラリーガ (ポーランド), 当初は「延長戦は行わず、9回終了時で打ち切り」としていた。なお、時間制限を設けるのは1987年以来24年ぶり。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=セントラル・リーグ&oldid=80330254, 1950年 - 1952年:20回 (1950年のみ:140試合、1951-52年:120試合), 2007年 - 2014年:24回+対パ・リーグ6チーム4回(交流試合) 144試合, 2015年 - 2019年:25回+対パ・リーグ6チーム3回(交流試合) 143試合 ※1、※2, 引き分け再試合制度実施年:1962年、1966年 - 1968年、1990年 - 2000年, 2000年以前は勝率順で決めており、勝率が同率でシーズンが終了した場合のみ、プレーオフで優勝を決めることとなっていた。, 2001年は例外的に勝ち星の多い順で順位を決定していた。ただし、勝ち星1位と勝率1位のチームが異なった場合は3戦2勝制のプレーオフを行い優勝を決定する。, 2002年からは再び勝率順に変更された。ただし、勝率3位以内に勝ち星1位のチームが別にいた場合、3戦2勝制のプレーオフで優勝を決定する。この制度は2006年まで続いた。, 2007年からはクライマックスシリーズの導入により、以下の制度となった(クライマックスシリーズの結果にかかわらず、レギュラーシーズンの順位がリーグ確定順位となる)。. ・勝数

その他の試合(ダブルヘッダー第2試合含む)は試合開始から3時間を過ぎて次のイニングに入らない。ただし、以下の規定がある。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 順位 球団 試 勝 負 分 率 差 差計 防御率 打率 本塁打 盗塁 得点 失点 犠打 犠打率 qs率 得点圏 uc打率 代打率 失策; 1 : 中日 1948年、球団名を大陽ロビンスに改称。阪急西宮球場に本拠地を移転
1965年、シーズン中に親会社が産経新聞社、フジテレビジョン、ニッポン放送、文化放送(この4社は直後の1967年、集結してフジサンケイグループ)となり、球団名をサンケイスワローズに改称。後にヤクルト本社も出資に参加 チーム打率、防御率は試合終了後、正式なデータが入るまでは一時的にハイフン表示します。, 当該球団間の対戦勝率が高い球団 1954年、名古屋鉄道の経営撤退に伴い、球団名を再び中日ドラゴンズに改称 (2):9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。, ダブルヘッダー第1試合については9回まで(回数制限は1987年まで同じ)。 2002年、マルハの球団株式売却により東京放送(現・東京放送ホールディングス)が経営権を持つ 2006年、球団名を東京ヤクルトスワローズに改称, 1949年12月15日に大洋漁業(現・マルハニチロ)を親会社としたまるは球団(暫定名)がセントラル・リーグに加盟 1974年、球団名をヤクルトスワローズに改称 1964年、明治神宮野球場に本拠地を移転 レギュラーシーズン終了時に同率チームが発生した場合には、各リーグの規定に則した表示となります。 前年度順位が上位の球団, ■2球団が並んだ場合 1947年、球団名を中部日本ドラゴンズに改称 勝率の高いチームを上位として表示します。 ・前年度交流戦の上位チーム. 2011年、東京放送ホールディングスの球団株式売却によりディー・エヌ・エーが経営権を持つ 2012年、球団名を横浜DeNAベイスターズに改称, 1949年12月15日に、広島県内の有力企業複数が出資した広島カープがセントラル・リーグに加盟。広島総合球場を本拠地とする PAPEPONS.COM , 1937年、後楽園球場を本拠地とする 2020/3/15 17:59 オープン戦順位詳細を見る 勝率の高いチームを上位として表示します。 同率チームが発生した場合、セ・リーグについては勝利数の多いチームを上位、パ・リーグについては同順位で表示 …

2009年、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に本拠地を移転, ※親会社の企業名、本拠地の球場名はいずれも当時のもの (1):試合開始から3時間30分(雨天等による中断時間も含む)が経過した場合は次のイニングに入らない。

(1):19:00以降開始の場合は経過時間に関わらず22:20を過ぎて次のイニングに入らない。

同率チームが発生した場合、セ・リーグについては勝利数の多いチームを上位、パ・リーグについては同順位で表示します。 1970年、フジサンケイグループの球団株式売却によりヤクルト本社が経営権を持つ。球団名をヤクルトアトムズに改称 1949年、中日スタヂアム(現・ナゴヤ球場)に本拠地を移転 ・交流戦18試合のチーム打率 過去のシーズンの順位表も検索できます。 セ・リーグ2011年8月14日の順位表とクリンチナンバー - freefielder.jp 最新の順位表とクリンチナンバー 1954年、球団名を洋松ロビンスに改称 1966年、球団名をサンケイアトムズに改称 ■3球団以上が並んだ場合 1936年、アメリカ遠征の際に球団名を東京巨人軍に改称 1944年、理研工業(旧理化学研究所を母体とする理研コンツェルンの一企業)の傘下に入り、球団名を産業に改称 ・交流戦18試合のTQB[(得点/攻撃イニング)-(失点/守備イニング)]が大きいチーム セ・パ両リーグの貯金・順位推移グラフ-2011年(全日程)。プロ野球のニュース、選手ブログの更新情報、選手のTwitter情報など、プロ野球を愛する全てのファンのためのサイトです 1946年、中部日本新聞社(新愛知新聞社と名古屋新聞社との合併企業)が経営に復帰。球団名を中部日本に改称 ただし、9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。, 延長12回まで、時間制限なし。

ただし、ダブルヘッダー第1試合については9回までで打ち切り。, 延長12回まで[注 2]。ただし、東日本大震災に伴う節電対策として以下の規定がある。 1969年、フジサンケイグループとヤクルト本社による共同経営となったことに伴い、球団名をアトムズに改称 1953年、松竹ロビンスとの合併に伴い球団名を大洋松竹ロビンスに改称、大阪スタヂアムに本拠地を移転

日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 ダブルヘッダー第1試合は延長戦は原則として12回。ただしナイトゲーム(薄暮開催含む)は9回まで。, シングル、ダブルヘッダーとも原則として勝敗が決するまで時間・回数無制限。 1955年、松竹の経営撤退に伴い、球団名を再び大洋ホエールズに改称、川崎球場に本拠地を移転 1951年、名古屋鉄道が経営参加を表明。球団名を名古屋ドラゴンズに改称

2011セ 2011パ プロ野球 前日 翌日 2011年日程 各年度の5月15日 セ・リーグ順位表 順位 チーム 試合 勝 敗 分 勝率 ゲーム差 1位との差 相手 スコア 勝敗 1 ヤクルト 25 15 7 3 0.682 - - 横 5-3 2 広島 26 13 10 3 0.565 2.5 2.5 巨 3-4 2011年、東京放送ホールディングスの球団株式売却によりディー・エヌ・エーが経営権を持つ 2012年、球団名を横浜DeNAベイスターズに改称 広島東洋カープ: 1949年 12月15日に、広島県内の有力企業複数が出資した広島カープがセントラル・リーグに加盟。 交流戦を除いたリーグ戦の勝率が高い球団

1940年、敵性語である英語の使用禁止を受け、球団名を阪神軍に改称 1947年、球団名を太陽ロビンスに改称

(1):19:00以降は経過時間にかかわらず22:00を過ぎて次のイニングに入らない。