土曜日の結果を振り返ると、終始外を回るかたちになった馬や、展開不向きの待機勢を除けば、脚質の有利不利が比較的少ないコンディションだった。一見、外枠と外差しが有利のような印象を受けるが、馬場適性の有無や力関係、出走頭数によるものが大きい。 本日は、エリザベス女王杯2019における恒例の全頭分析です!分析における強い弱いとか相手関係とかは他のデータ整理ブログに任せて、私は自分で分析した絶対に知っておきたい3つのことを軸とした分析に特化したいと思います。 ウマニティ重賞攻略チーム, 13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!, アルメリアブルーム・武豊騎手「動きは悪くなかった。京都は良さそうだが、相手が強いね」 ウラヌスチャーム・小原助手「前走より全身を使って走れるようになり、ハミがかりも良化」 クロコスミア・西浦調教師「上がり重点で予定どおり。今年一番の目標に向け、いい感じ」 クロノジェネシス・斉藤崇調教師「カイバを食べている。体の使い方や息づかいは前走以上」 ゴージャスランチ・鹿戸調教師「いい動き。ここでどこまでやれるか」 サトノガーネット・矢作調教師「動きは良かった。この条件はいい」 サラキア・池添学調教師「ベストは1800メートルから2000メートルと思うが、掛かる感じはない」 シャドウディーヴァ・松山騎手「前走は最後に止まってしまった。一瞬の脚をどう使うか」 スカーレットカラー・高橋亮調教師「追い切りの動きは上々。気持ち良く走っていた」 センテリュオ・高野調教師「騎手に乗ってもらい、それなりの負荷をかけた。状態はいい」 ブライトムーン・大久保調教師「サラッとやった。具合はいいと思う」 フロンテアクイーン・津村騎手「器用で競馬が上手なので、うまくそのあたりを引き出したい」 ポンデザール・上原助手「一戦ごとに良くなって、もう一段上のパフォーマンスもできそう」 ミスマンマミーア・寺島調教師「距離を延ばして成績が安定。恥ずかしい競馬にはならない」 ラッキーライラック・松永幹調教師「折り合いがつくので距離は気にしていない。力差はない」 レイホーロマンス・橋田調教師「いい動き。使って良くなっている」 レッドランディーニ・石坂正調教師「叩いて良化。距離が延びてどんな競馬をしてくれるか」★エリザベス女王杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載, 最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開! レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。, ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 11月5日にツイッターでお知らせしました通り、YouTubeで著作権侵害の警告を受けたため、YouTubeでのライブ配信が当面の間(具体的には2020年2月3日まで)出来なくなりました。, これにより、G1レース前夜の「YouTubeライブ予想検討会」と、G1レース当日の「YouTubeライブ観戦」が出来なくなりました。, なお、ライブはできなくなってしまいましたが、通常の動画はアップできますので、エリザベス女王杯の動画をアップしています。, では、エリザベス女王杯2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想(予想は当日追記します)です。, 過去10年の勝ち馬の内7頭が5番人気以内ですが、1,2番人気馬は1頭ずつしか勝っていません。, スローペースでも差しが届く内外フラットな馬場で、スローペースでも地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。, スローペースならやや内が得をする傾向で、このレースはスローペースで流れて内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)に。ただ、そこまで顕著な内有利ではなくて、机上で距離ロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。, かなりのスローペースになって、典型的な内先行(「栄光の競馬新聞」的には「US」)決着。, 結果的には外を回した差し馬が掲示板を独占も、馬場としては内外フラットで、平均ペースの地力勝負レース。ただ、6着までが0.1秒差,12着までが0.5秒差,最下位までが1.2秒差の大混戦で、また同じメンバーでレースをしたら、枠順とか馬場傾向によって着順はコロコロと入れ替わると思う。, 内有利な馬場でスローペースも、差しが届くコースでレースタイプは「CU:コーナー部内有利」に。, 僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。, ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。, 現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。, こんにちは、「栄光の競馬道」管理人の菅田英治(すがたえいじ)です。馬を語れる、レースを語れる熱い競馬仲間を増やすことに情熱を注いで、今はYouTubeやTwitterなどをメインに競馬の情報を発信しています。, 天皇賞(秋)2020予想:過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメント. 2019年11月10日開催のエリザベス女王杯の推奨馬を消去法を使って絞り込んでいきます。 牝馬の最高峰【エリザベス女王杯】だ! 中間の雨量はゼロ。週末の天気にも恵まれ、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)で競馬が行われた。ちなみに、火曜日から散水作業を連日のように施している。芝、路盤ともにドライな状態であることは疑いようがない。 ┗三連複BOX:10点×1000円 Write CSS OR LESS and hit save. 今年は中京開催となる為、過去データの傾向から大きく異なる場合もあり... 2019年12月14日開催となるターコイズSの予想を行う為、過去のレースデータを参考に傾向を探っていきます。データは過去10年分をピックアップしていますので、ご参考までにm(__)m もう少し掘り下げると、近5年のレース上がり3ハロンはすべて34秒以上。直線が長く平坦であるにもかかわらず上がりを要している。それゆえ欧州の血脈を持つ馬が強い。とりわけ、ヌレイエフまたはサドラーズウェルズを内包(5代内)している馬は毎年のように上位を賑わせている。条件を満たす馬には相応の警戒が必要だ。 まず、 単体の話の前に、レース自体ハイレベルと回顧編で褒めたたえた以上、府中牝馬ステークス組で今年はしょうがないかなという結論。 また、近年のエリザベス女王杯の上位馬を検証すると、父サンデーサイレンス系が堅調。ほかでは、父あるいは母父にキングマンボ系種牡馬を持つ馬の健闘が目につく。近5年の3着以内馬15頭はいずれも該当。なおかつ、現役時に2400m以上のG1優勝経験を持つ種牡馬の産駒であった。 今回はエリザベス女王杯2019の人気馬分析予想をしていきます!秋華賞馬のクロノジェネシス、優秀牝馬のラヴズオンリーユーなど3歳馬が人気となりそうですが、最も信頼できるのはどの馬なのでしょうか。近走の走りや馬体などを見て、 エリザベス女王杯は2020年11月15日に阪神競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2020年で第45回を迎え、昨年はラッキーライラックが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。 ※前走が海外の馬は省いています, 6歳以上の馬の中で前走の斤量が55kg以下だった場合、全て馬券外となっており、消去対象となります。, 6歳以上の馬は過去[0-1-0-21]となっており、2着となったのは2009年のテイエムプリキュアのみです。こちらは前走が斤量56kgとなっており、その差分条件を加えてこちらの消去条件となっています。, 大きく荒れる事もあるエリザベス女王杯ですが、今回の消去データでは現時点のオッズ上位4頭がクリア対象となる堅い結果になりました。ただ今年は登録馬の古馬の実力が例年よりも低下していると思われるので、今回はこちらの形で最終予想となるかと思います。, 最終的な予想についてはブログランキングで公開しますので、そちらをチェックして頂ければと思います。またTwitterでも情報は出しているので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 名前:もやし