もし、解約の申し出をしているにも関わらず、nhkが解約させてくれなかった場合に発生する料金は、不当なものになります。 支払う義務は全くありませんし、テレビがない事を証明する書類も保管していれば、NHKは圧倒的に不利になります。 それと郵便番号も未記入で、登録したキャッシュカードは実家の住所のもので現在の住居の住所ではありません。 現在、一人暮らしで収入も少なく、 うちは、ビデオに内臓されているチューナーで見ていたのですが、 >基本的に解約はナイと!

ちゃんとしてるのかよく分からなくて、なんだか、余計に信用出来ないっていうか…

何年も前の話で記憶も曖昧ではあるのですがふと気になりまして、投稿いたしました。

成り立ちません。放送法という怪しげな手前勝手な法律をひけらかし  契約状況を確認したい(契約書を見せろ)

自分の親に電話にでてもらい断ってもらおうと思うのですが、解約届を先に出した方がいいのでしょうか。長文になってしまいました。アドバイスいただけるとうれしいです。, 今、困っています。以前、あまりのしつこい勧誘でNHKを契約してしまいました。 仮に本日来るのなら、名刺をもらって氏名を確認して、自宅に入って確認しなければ解約できない根拠を聞いてください。  →「受信機を破棄したなら、リサイクルセンターなどで破棄証明書等を発行しているだろうから 人が払うのが公平なのか理解できません。片や電波を一方的に垂れ流し   その写しを送ってくれ」 もう...続きを読む, 住所を誤記したとしても、あなたが契約者本人であることに変わりはない、カード情報を誤って書いたとしても同じですよ。あなたの意思で受信契約をしたなら、それは有効でありあなたは今後の受信料支払いの義務があります。契約後に支払わず、NHKが民事訴訟を起こせば、あなたは間違いなく負けます。判例もあります。 ・その後の支払いをせずに、ひっきりなしに請求書が送られてきている(支払いはせず) 「払っている人といない人がいるのはおかしい。払う気はない」と言ったのですが引き下がらず「民事訴訟も考えている段階です。払ってください」と。今日もまた電話がかかってきます。

口座を変えて、なおかつ集金に来ても払いませんって お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, NHK解約について詳しい方教えてください。 先日NHK解約の申し出を電話したところ、1・テレビを手, NHKの契約についての質問です。 先月、現在の住所へ引っ越して来て、本日NHKの人が料金徴収に来まし, 不動産会社と現在もめております。 8月に自転車とバイクの確認をするためアンケート書類が送られてきまし, 新築住宅 解約。 新築一戸建てを先日購入したのですが、やはり大きな買い物であり妥協はしたくないと思い.

かられるくらい犯罪者を続発しています。民放の比ではないですね。 すなおに払って解約が一番ですね, NHKを解約したいです。 ・NHK放送受信規約には、解約の手続きとして上記の事は必要でないと認識 【確認したい事】 受信契約が結ばれていながら支払いがないのは契約不履行であると。 要するに契約の解除は、そこらの委託営業の人間に何を言っても無駄です。 ほんとうに気持ち悪いしムカつきます。家の中になんか絶対入れたくないのですが、今晩10:00に家に来るそうです。 先ほども書きましたが、自由意志に基づく契約が基本であって、しかも実際にその家にテレビは無くなるんですから・・・ キラリ麹の炭クレンズ生酵素 初回1個、2回目以降2個 チャレンジコース定期購入になっている事に気付かず初回購入。購入後すぐに、定期購入になっている、、と気づきながらも仕事と育児が忙しくなっているうちに3回受け取ってしまい、初回のみ開梱、2.3回目は開けていません。クレカ払い。

スカパ-の基本料金を払えなどと言われないですよね。 当然こっちも難色を示して断ろうとはしましたが、テレビをつけっぱなしで音声が聞こえてる状況でテレビがないとも言えず、あることを認めてしまい逃れられない状態に。 次に視聴時ですが、B-CASカードの情報を逐一吸い上げる仕組みなどはありません。 放送法では受信設備を設置したものはNHKとの契約をしなければならない、と規定していますが、これには罰則もありません。強制力はないわけです。つまりTVがあっても受信者であるあなたは契約の締...続きを読む, 今、困っています。以前、あまりのしつこい勧誘でNHKを契約してしまいました。

口座振替にしてたんですけど、だんなにNHKに電話してもらって、

私の場合休日も不定期で、ほとんど深夜にしか帰宅しないため、営業員が来訪した際に妻が、「主人がいる深夜1時頃に来て下さい」と言ったところ、約束を破って朝方5時頃来て契約を迫ったり、セールス勧誘等一切禁止としているオートロックマンション内で、何軒も相手に勝手に契約勧誘活動をしたり(1軒から入場を許されても、その家の用件が済めば一旦外に出ないといけない管理規約があるにも関わらず)、また私の不在時の家族に不適切な言動があったなどの事実があったため、本局に対し管理組合の代表者として、マンション敷地内へのNHK職員の一切の出入り禁止通告と、厳重な抗議をしたところ、その営業員を解雇した旨の報告があった後、4年後の今まで全く来なくなりましたので、未だに契約をしていない状況です。, 現時点では、「廃止届」というものを一方的に提出した段階で契約が解除されることになっております。

確かに私はテレビ自体は持っておりません。

・解約の手続きには 理屈はこれぐらいにして・・・ ・放送受信機廃止届を出せばNHKとしては受付ざるを得ないと認識しているが NHKを視聴しないのに受信料を支払わないといけない事に疑問があったので、つい「テレビを持っていません」と言ってしまいました。 張、集金委託職員の殺人・死体遺棄事件など公共放送局というのもはば ご心配ならNHKに契約が継続されていないことを確認すれば良いと思います。 NHKの受信料を解約するときに実家へ帰るという嘘が効果的だという話しを聞いたことがある人も多いかと思いますが、これらの嘘を付くことは危険でありそしてオススメできない方法であることをご存知でしょうか。NHK受信料を払いたくないという理由で、どうしても解約が出来ない人は実家へ帰るという嘘をNHKへ申請する人も居ますが、その行為がどうしてNGなのかを詳しく解説していきたいと思います。, ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。, NHK受信料を解約する方法は様々なパターンがありますが、実家へ帰るという理由での受信料の解約方法もその一つとしてあげられています。NHKの公式ホームページでも受信料の解約手段として世帯同居というものがあります。この世帯同居というNHK受信料の制度は、それまで世帯が別だったものが一つになる場合に、これまで住んでいた住居でのNHK受信料契約を解約することができるとあります。, しかし、中にはNHK受信料をめぐって個人的にテレビがあるのにも関わらず受信料を払いたくないということから上記にあげた世帯同居という方法を利用して、実家へ帰るという嘘の申請をNHK側にし、受信契約を解約する方法を推奨している人がいます。, このようにNHK受信料を解約したいがために実家へ帰るという嘘をついた場合、気になるのはNHKに嘘だと知られないかということや知られた場合にどのようなことになるかということではないでしょうか。ここで、NHK受信料を解約するにあたって実家に帰ると嘘をついた場合どのようなことになるのか調べてみました。, まず、実家へ帰るという申請が嘘であるとNHK側に知られる可能性についてですが、NHKは債権者として契約者の住民票を取得することができますので嘘はバレることになります。これは、ある女性がNHKからの通知書に住民票を取得したと記載されていたことをブログに記したことから話題となりました。何らかの理由からNHK側が住民票を取得された場合に、実家と住所が別であることが分かり、ここから嘘をついていることが知られる可能性があります。, また、現在の住所に留まっているとNHKから新規入居者がいるとして新規契約のために訪問することもあり、表札などから虚偽の申告をしていたと気づくことがあります。このことから、実家へ帰るという嘘であったとNHK側に知られる可能性は十分に考えられます。嘘をついたことによる受信料の解約は一時しのぎであり、後から問題になる場合があります。NHKから民事裁判を起こされる可能性もあり非常に危険な行為となります。, 実家へ帰るという嘘を付いて、世帯同居という方法によりNHK受信料を解約をすることは危険な行為であるということがわかりました。NHKの公式ホームページでは放送法第64条(受信契約及び受信料)によって規定されている「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」を根拠に受信契約の義務があると記されています。, これは最高裁も認めており、規定は義務であり合憲であるとの判決を下しています。法的な根拠がある以上、NHK受信料を解約したいあまり、実家へ帰るという嘘をつくことは非常にリスクのある行為といえます。NHKと受信契約を締結したとみなされるのは過去に受信料を支払ったことがある場合になりますが、過去に支払い契約をしていたにも拘わらず、実家へ帰るなどの嘘の理由で解約をすると違法となりNHKが民事裁判を起こす可能性があります。, また、家にテレビがないとの理由からNHKの受信料解約をする場合があります。実際に家にテレビがなく、受信料契約の解約ができたという話もありますが、これは受信設備がないことがNHKによって確認された場合です。ここで気をつけることは受信料請求の対象は、テレビだけではないということです。, 東京高裁であったワンセグ機能付きの携帯電話を所持した場合、NHKとの受信契約を結ぶ必要があるかが争われた裁判の判決で、受信契約を結ぶ必要があるとの判断を示しました。判決例からNHKは放送法第64条(受信契約及び受信料)に記載されている受信設備はチューナー付きカーナビやパソコン、ワンセグ付き携帯電話も含まれ受信料請求の対象としています。, NHK受信料契約の解約の際にテレビなどの受信設備がないと偽っていながらも、実際にはワンセグ付き携帯電話などを所持していると、違法となる可能性があります。これらのことから嘘をついてのNHK受信料の解約は法律上、問題のある行為といえます。, 単身赴任などで実家と世帯を別にして暮らすことになった際、新しい住居にテレビなど受信設備を設置する場合にはNHKと受信料契約を結ばなければなりません。ではその後、単身赴任が解消され実家へ帰るなどの理由によって世帯が一つになる場合はどうなるのでしょうか。, その場合には、現在の住所でのNHK受信料の契約はどのような扱いになるのか、これは世帯同居という形になり本当に実家へ帰るということであれば正当な理由とみなされ、これまで住んでいた住所での受信料契約を解約することができます。, NHK受信料を解約するときの世帯同居手続きの方法としては電話での手続きとなり、世帯同居の旨を「NHKふれあいセンター」に連絡します。この際の必要な情報として旧住居での契約者の氏名と電話番号、新住居での契約者の氏名と電話番号、また自動引き落としによってその月のNHK受信料が支払い済みとなっている場合で二重支払いとなっていた際、払い戻し先の金融機関の情報が必要となります。銀行通帳を用意しておくと良いです。, 世帯同居手続きで注意することは、実家がNHKと受信料契約をしている場合において適用されるということです。そのため実家が受信料契約をしていない場合には、解約扱いではなくてNHKのホームページにある「住所変更のお手続き」での手続きとなります。また、NHKの受信料支払いを自動引き落としにしている場合、住所変更の手続きをせずとも問題ないという考えが出てくることもあります。, NHKは住民票などから契約者の現在の住所を知ることができますが、これは特定の状況下であり基本的に届け出による手続きを行っています。住所の変更手続きをしない場合、気づかず二重契約となり知らない間にNHK受信料を2世帯分支払うことになる可能性もあるため、NHK窓口にて手続きは必ずする必要があります。, これまでの内容から、実家に住むにあたって今まで住んでいた住所でのNHK受信料の契約を解約することは、正当な理由があれば問題ないことが分かります。しかしながら先述したように中には、NHK受信料の解約するにあたって正しい方法だけでなく、実家へ帰るという嘘を奨励した方法で解約できるということが広まっている節があります。, これを鵜呑みにすると、そもそも違法でありますし後で非常に恐ろしい状況へと自分を追い込むことにもなってしまいます。仮に、実家へ帰るという理由が嘘だとNHK側に分かり尚かつNHKの受信料を支払っていない場合には、民事裁判を起こされることがあります。この場合には、過去の判例から支払い義務が生じる判決になることが予想されます。, NHKでは支払いを命じる判決が出たにも拘わらず受信料を支払わない人に対して強制執行により回収しています。このような場合かあることから、くれぐれもNHK受信料を解約したいというだけで実家へ帰るという虚偽の申告はせずに正当な理由での解約をする必要があります。, また、実家に移り住んだ際にはNHKまで住所変更をしっかりと伝えておく必要があります。NHKへ住所変更の手続きをせずに放置しておくと、気づかず二重契約となり受信料を多く支払うことになる可能性が高まります。実際に、NHK受信料の支払いを自動引き落としにしていたため住所変更の手続きをすることを忘れ、気づかずにそのまま数年が経ったのち通帳を記帳すると二重に支払っていたことがわかったケースが多々あります。, 当然のこととしてNHKにその旨を申告すれば過払い分は手元に戻りますが、気付かなければそのままとなってしまいます。現在の住所はしっかりとNHK側へ伝えておくことが自身にとっても重要なこととなります。以上が、NHKの受信料を解約するときに実家へ帰るという嘘がNGの理由と、住所変更となった場合にはしっかりとNHKの手続きをすべき理由となります。. そういう相手であるという認識で接することです。, つい先月、NHKの訪問員に来られ、契約してしまいました。解約したいです。 て脅しますがNHKなんか見なければ解約されて下さい。

どなたかお知恵をお貸し下さい。よろしくお願いします!, 昨日、私が留守中に旦那が意味も分からないまま、NHKと受信契約をしてしまいました。ですが旦那は契約書と告げられず、何の説明もされずに「必要事項なので記入して下さい」と言われ、住所・名前のサインをしたようです。(契約書にある、「放送法、放送受信規約により放送受信契約を締結します」「放送受信料を、口座振替・自動払い込みにより支払うことを申し込みます」と記載されている欄に手書きで丸印されていますが、これは旦那が記入したのではなく、向こうが勝手に記入した)支払い方法も口座引き落とし...続きを読む, 契約を解約するのに、委託営業員を自宅にまで入れる必要はありません。 解約は可能なはずです。, 一応、「解約届は送るが連絡先書かないと駄目ですよ」と言われたので、それを内容証明で送ってみようかと思います。 一日に必ずと指定された回数プッシュで、1ヶ月使い切りと記載があったが、23日で空っぽに…問い合わせすると、完全にプッシュしてしまうと足りなくなってしまいます。と… >解約したいのなら、そのビデオを廃棄処分して下さいと言われました。 BSチュ-ナ-内蔵のテレビで一切の放送は見ずにTVゲ-ムだけの人

「テレビを捨てたら電話下さい」「今すぐは解約できません」「払えないなら待ってもいいです」「テレビがない状態を確認する場合があります」と言うだけです。 ただその行動と私に対して報告してくれた内容に違いがあ... 嵐大野智がファンよりもシングルマザーを選んだ理由は何ですか? それでも持っていないと言うと「それでは調べさせていただきます」と鞄をゴソゴソしながら離れて行きましたので、しばらく待っていたのですが戻ってきませんでした。 現制度では未契約者に強制的に契約を締結させることができる制度にはなっておりません。 では契約とは何かと言えば、TV受像器を買ったら自動契約なのです。 繰り返しになりますが、NHKが解約を認める条件は家にあるテレビ(契約の対象となった機器)を処分すること。, 廃棄、売却、のいずれかの方法で処分し、それぞれ指定された証明書のコピーを解約届けと共に提出すれば100%解約できます。(ここでいう100%はBDレコーダー他、解約の妨げになる機器を持っていない、もしくはそれらの所持や設置をNHKに知られることがなければ、という前提条件付きです。譲渡に関しては後で理由を書きますが100%とは言い切れません), 不払いを続けるのではなく解約したい!けどテレビは捨てたくないというあなたが選択する解約方法はないのでしょうか?, 不払いの理屈は分かったけど請求され続けることに抵抗がある、最終的に裁判所から督促状来ても8万円もまとめて請求されたら困るから無理、だから解約の方向で考えたい。, しかし、解約したいと思ってる方の中には、テレビを買ったばかりの方もいてそんな方には“捨てる選択肢はない”と思います。当然ですよね。, 買ったばかりなら“売る”のも嫌でしょう。 NHKなんかの為にテレビを捨てるなど馬鹿のやることです。…( ̄◇ ̄;) あっ、それ私でした, 捨てずに解約するなら譲渡する方法があります。説明を勿体ぶったわけではなく、単純に私が解約した方法ではないので、後回しになっただけです。, 手順は私が書いた廃棄する場合と同じ流れになりますから、リサイクル券を買い取り証明書に置き換えるだけです。, 譲渡先が受信契約していること、譲渡したことを証明する譲渡証明書の提出が条件になります。(譲渡先に必ず確認とってください), 要約すると主に2つの世帯が1つになる場合 譲渡する形で解約するようです。移動先のテレビが2台になりますが、規約には2台以上の設置でも、数にかかわらず契約数は1と書いてあります。(NHK放送受信規約第2条‐5参照), 上記具体例に当てはまる方(譲渡ありきの方)解約の為に移動させるのでなく、その家に移動することが確定してる方のことです。, 契約していればあなたの契約は解約になりますし、していなければ契約はそのままで、あなたが移動先の受信料を払うことになります。指示に従って処理してください。, 解約が前提にあるなら譲渡先の受信契約は必須です。契約していないなら別の譲渡先を探す必要があります。, 正当な理由があってもテレビの移動を済ませ譲渡証明書を作成してからコールセンターに電話してください。, あとは質問に答える形で話しが進んでいくと思いますが、テレビが家にない状態+譲渡証明書有りなら、その他機器の所持を全て“持ってません”と答えれば解約届けが貰えるはずです。, (私の時と同様に、改めて電話すると言われるかもしれませんが、ほぼ同内容の聞き取りですから同じ内容を答えてください), レアケースですが、テレビを全く見なくなった、無駄だからNHKは解約したい。けど捨てるのはもったいない、しかし売っても二束三文、なら友人にあげよう。, 2世帯の契約を1つにするから外れているケースの時は聞き取りも細かくなると思いますが、既にテレビのない状態を作っておけば問題ないはずです。, NHK側の言動が解約に対して少しでも消極的に感じたら、こちらから現場確認を申し出ましょう。, NHKも届け出る全てを解約はさせないでしょうから、電話で理由を聞き取る時点で振りの可能性がある時は現地確認させてくださいと言ってくる可能性があります。, そこで理由をつけて断るとその時点で解約の望みは薄くなります。(実際、規約にも確認の有無はないですから現場確認を断ったからと言って解約できないことはないはずですが、法律・規約が頭に入っていて、言われたことを切り返せる方でないと難しいと思います。), 断らずに一旦アンテナの引き込み口から外して別の場所に隠して、アンテナが何にも繋がっていないことを確認させた方がいいです。, アンテナの引き込み口の部屋以外見せないとか…その上で録音すると伝えれば「別の部屋を見せろ」と言う職員はまずいないと思います。もしそんな馬鹿がいたら面倒なので黙って110番してください。, 一旦結婚することに、子供が出来たことにして本当にテレビを実家に持っていくのです。解約届けが来たらテレビ戻していいです。, いずれ集金人が来て引っ越してないことはばれますけど。(ll'ェ') その時の言い訳は破談になったことに、流産したことにでもして、テレビは重いしテレビとか考えてる余裕ないから実家に置きっぱと言えば良いのではないかと。まぁ、分かってますよ相手も…長く集金人やってれば。, 実家に戻る場合など、世帯が1つにまとまる場合、画像の青で囲んだ箇所も記入してください。 (5/19追記), 譲渡で解約を考えてる方は、実際に譲渡で解約出来た方のブログ等を参考にするべきですが、私が拝見した限りでは譲渡した振りをしてるからか、手順にバラつきがありましたから参考にするブログ次第で、解約出来ない場合もあると思います。, 友人に頼む場合“いいよ”と言ってくれても、本当は友人も解約したいと思ってるかもしれませんから、最初から頼まない方がいいと思います。, 私が疑問に思うのは証明書の信頼度なのですが、他の2種類と比べて明らかに信頼度が低いですよね? テレビを移動させず、振りで解約出来てるってことは証明になってないですよね?, いや、別にNHKを擁護してるわけじゃないんです。他に証明のしようがないから、譲渡証明を書いてもらうならそれで。, 《譲渡の振りで解約しました。現場確認もなしで簡単だった。テレビは最初から今まで1mmも移動してませんw》  ゴメンナサイ1mmは盛りました (((o>∪<)b☆=3, 実際に譲渡してなかった場合、2パターンだけテレビが移動してなかった証拠をNHKが得る機会があるんです。, もし、譲渡する人がテレビ買い換えで新品と入れ替えで業者に引き取りしてもらい、運搬した会社からNHKに漏れたら、解約日まで遡って解約は無かったことに出来るのでしょう?(NHK受信規約第9条-3参照), あと1つは引っ越し時に業者に引っ越し依頼する場合です。同じく情報漏れの可能性があります。, これらは買い替え時に自分で処分すること、引っ越し時は自分で運搬することで回避出来るので、覚えておけば大丈夫です。, 上記のようなことが出来るからNHKとしては譲渡の証明は証拠として残っていればいいのかな?と思ったのです。虚偽解約の一部分だけでも裁判で確実に回収出来るのですから。 しかし・・・本当の理由はNHKという組織が、いい加減でまとまりがないだけかもしれませんが。, だって内容別にちゃんと分けて書いてあるし見やすいし、なにげにインパクトはあると思う。 (´Д`)ハァ… また褒めちった, だけどね、国も助けてくれないんだから、こんなくだらない会社のことで金使ってる場合じゃない人間も極めて稀だがいるのですよ。, yabojude81さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog