デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

店舗ヘルス/ホテヘル/デリヘルの違いを求人面から解説!

デリヘル/ホテヘル/店舗型ヘルスの違いについて解説

1. 安全性が高いヘルス

お店の中で男性客に対応する店舗型ヘルスは、スタッフが近くにいるため安全性が高いことが特徴です。
スタッフが定期的に清掃している部屋を使うため衛生管理の面でも安心、出勤日はずっと同じ部屋を使うことが多いのでストレスを溜めずに待機できることなども魅力となります。
そんな店舗型ヘルスは、お店の中で接客・サービスを行うので移動がありません。デリヘルやホテヘルなどの移動型風俗では移動時間が出てきますが、店舗型ヘルスではホテルや自宅への移動が発生しないので効率良く仕事ができます。
ただ新規開業ができない店舗型ヘルスの場合、デリヘルなどの風俗業種に比べ店数は少ないため、求人でお店を選ぶときの選択肢が少ないことも特徴です。

2. 身バレしにくいホテヘル

ホテルで男性客に接客・サービスを行うホテヘルは、身バレがしにくいため、家族や友人に風俗で働いていることを内緒にしたい方に良い業種です。男性客が受付を行ったあとにホテルに移動し、女性はそこで対面をしてからヘルス系業種と同じサービスを行うのがホテヘルの流れとなります。ホテヘル店の中には受付に来た男性の姿をモニター確認できるところも多いです。
また受付のある事務所の近隣にあるホテルへ私服で移動することが多く、提携先のホテルの中に待機所があるケースも少なくありません。風俗店が多く存在する繁華街に集中しているため、知り合いに見つかる・風俗で働いていることがバレにくい業種となります。
ただホテヘルがある歓楽街は限られているため、自宅などの近くにない場合は、出稼ぎなどをする必要も出てきます。

3.働ける時間帯の選択肢が多いデリヘル

24時間営業しているお店も多いデリヘルは、長時間働いてしっかり稼ぎたい・空いた時間を有効活用したいといういずれの方にも良い業種です。移動型で受付がないデリヘルは、店舗型ヘルス・ホテヘルなどの業種に比べて長時間営業しているお店が多いです。自分の都合で勤務の日時を決められるお店も多いので、OLなどの仕事をしている方が昼間の仕事が終わってから働くなど、自分の生活スタイルに合った働き方ができます。
そんなデリヘルはホテルや自宅で利用できる・全国的に店数が多いといったことから、男性客が気軽に利用できるため、集客力が高く、稼げる業種であることも特徴です。
ただ近くにスタッフがいない中での接客・サービスになるため、男性客に対応するときは暴力・禁止されている性行為の強要などに気を付ける必要があります。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP