デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

風俗卒業後の元風俗嬢の実態 現在の生活は?

風俗を卒業した女性の現状

1.卒業後も疲労が残り何もしていない

デリヘルなど風俗を卒業した女性の中には、そのときの仕事の疲労が残り何もしていないという人も少なくありません。身体を使う・普段は出会わないようなタイプの男性と接するといった側面のある風俗は、知らず知らずのうちに心や身体に疲れが蓄積していくことも多いです。借金を返済するなどの目的を持って必死に働いていたときは気が張っていて気が付かなくても、卒業したときにそれまで溜まった疲れが一気に押し寄せてくることも少なくありません。その結果、仕事をせずに家でボーッと過ごすという人もいます。またデリヘルなどの疲労が原因で腰痛などになり、通院・療養などをしているケースもあります。

2.浪費などの理由で風俗に出戻る

OLなどの昼職をするために卒業した女性の中には、浪費・昼職の給料で満足できないといった理由のため風俗で働く人もいます。風俗は1週間程度で一般的な仕事をしている人の月給相当のお金を稼げる、給料日を待たずに働いたその日に給料をもらえるといった特徴があります。すぐにまとまったお金が手に入るため、高級ブランドの服などを買う・高級レストランで食事をする人も少なくありません。このときの浪費癖が直らず、昼職の給料では物足りないため風俗に出戻りするケースもあります。また貯金できるだけのお金が欲しいといった目的で、休日など限られた時間だけ風俗で仕事をする人もいます。特に24時間営業のお店も多いデリヘルは副業にも適しているため、卒業した人が空き時間を利用して働く業種となることも多いです。

3.昼の仕事をこなしているケース

デリヘルなどの風俗を卒業した女性の中には、結婚をしている・やりがいのある職場でバリバリ仕事ができている人もいます。風俗で働いていたときの男性客と結婚した、卒業することで付き合っていた男性と家庭を持つことができたというケースが多いです。また昼職を見つけて仕事をしている人の中には、自分に合った職場を見つけて活躍している人もいます。彼女たちの中には相手のことを考えた柔軟な対応ができるなど人気があった、風俗で働きながら資格勉強をしていたなど将来の目標がはっきりしているといったタイプが多いです。また風俗を卒業した人の中には、風俗店のスタッフとして仕事をしている人もいます。男性客と直接会って対応することがない移動型のデリヘル店のスタッフは、風俗店で仕事をしてきた女性にとって新しく覚えることが少ない・安心して働けるといったことが魅力です。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP