デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルの自由出勤について

デリヘル 自由出勤デリヘルを含めた風俗求人では、自由出勤制という待遇が掲載されているお店がほとんどです。風俗未経験がこの自由出勤を見たとき、どこまでが自由なのか気になるところではないでしょうか。風俗の自由出勤とは、自分の好きなシフトに組むことが出来るという意味です。しかし、安易に出勤したりしなかったりするということではないので、注意が必要です。そこで今回はデリヘル(風俗)の自由出勤についてご紹介します。

自由出勤の範囲は?

風俗で自分の好きなシフトを組めるというのは、出勤日数、出勤時間、在籍期間を自由に決められるということです。
例えば事前に決めたシフトを自由に組み替えることができます。お店に「今日時間が空いたので◯◯時から出勤しても大丈夫ですか?」「シフト通りの時間の予定でしたが、もう少し稼ぎたいので延長して◯時上がりでもいいですか?」など、シフト時間を伸ばすことも可能です。どちらもお店側にとっても売り上げが伸びるので、出勤日数や時間が増えることを断られることはほとんんどありません。むしろ歓迎されます。在籍期間も3ヶ月のみの短期間働きたいということもできます。
また、出勤当日に体調が悪くなったり、生理がきてしまった場合も休めますが、必ずお店に連絡を入れましょう。

出勤日を固定した方が稼げる!

女の子にとってかなり都合の良い自由出勤ですが、さらにデリヘルで稼ぐためには、出勤日を固定することです。出勤日を固定することでお客さんに覚えてもらいやすく、お客さんが女の子の予定に合わせてくれるようになります。これが逆になると非常に大変です。プライベートで予定があってもお客さんに合わせないといけなくなり、結果自分の時間を削ることになってしまい心身共に無理をしてしまいかねません。そのため固定出勤にすることで「今日は〇〇ちゃん出勤日だな」と記憶してもらえることで指名してくれる回数が増えます。もし固定出勤することが難しい場合、毎週この曜日なら多く出勤しているなどと決めておくことも効果があります。

自由だからといって無断で休んではいけません!

主婦やシングルマザーで子供がいる方は、急に保育園から呼び出されることもあり、出勤できなくなったり途中で上がらざるおえないこともあると思いますが、そのようなときでもお店に伝えればお店を休むことができます。しかし、いくら自由出勤だからといってお店に連絡もせず無断で休んではいけません。何度も無断で休むとお店から干され、お店に居づらくなってしまいます。そうならないためにも、当日休む際は必ずお店に連絡をするようにしてください。また、自由出勤についてはお店によって異なります。面接のときなど事前に確認しておくことが重要です。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP