デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ
風俗嬢の身請けは現代でも本当にあるのか?

風俗嬢の身請けは現代でも本当にあるのか?

デリヘル/風俗における身請けについて

1.古くから風俗で行われている身請け

身請けとは男性客が高額なお金を支払うことで、風俗店から女性を引き取ることを指します。元々は江戸時代に遊郭にいる女性をお店から引き取り、稼業を辞めさせることを「身請け」と呼ぶようになりました。ただ身請けを成立させるのは簡単ではありません。女性が抱える借金・その女性が在籍することでお店にもたらされる売上などを含めた金額を支払う必要があります。その女性を手放すうえでお店にとって「これだけ必要」という金額を用意する必要があるため、お金持ちなど限られた男性のみが行える行為でした。昔は女性の所有権はお店でしたが、現在は完全自由出勤の制度があるなど女性が自分の都合によって働くことができています。そのため現代では女性が気に入った男性を選べるという側面が強く、サラリーマンなど一般の男性が風俗で働く女性を身請けすることもあります。

2.身請けを狙うには素を出すことが大切

デリヘルで身請けを狙うためには、自分の素を出すことが重要です。身請けを成功させるためには男性客に気に入ってもらう必要がありますが、自分を良く見せることは逆効果になることも多いです。基本的に身請けをすることは、風俗店を辞めて男性客と一緒に生活をすることを指します。風俗店で見せる姿と異なっていた場合、男性と上手く行かず早い段階で別れる可能性も高いです。そうなるとトラブルに発展する・すぐに風俗に戻る可能性もあります。このような状況を回避するには、気に入った男性に対してはできるだけ素の自分を見せることが大切です。長く付き合っていく人と思って接することで、内面を理解し合い長期間一緒にいることにつながります。

3.男性客から迫られたときの断り文句としても有効

身請けはしつこい男性客から迫られたときに、断る言葉としても有効です。風俗ではお店のコンセプト・男性に気に入られるため、恋人に対するような距離の近さを感じさせる接客を行う必要もあります。それが原因で本当の恋人のような目で女性を見る男性客もおり、場合によってはストーカーなどに発展するケースもあります。デリヘルのようにお店のスタッフが近くにいない環境で男性に対応する業種では、特に起こる可能性が高いです。このような男性を撃退するときに有効なのが「身請け」というワードです。「身請けしてずっと面倒を見て欲しい」「金遣いが荒いから身請けするなら覚悟するように」といったことを伝えることで、女性から手を引く男性も少なくありません。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP