デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

副業としてのデリヘル嬢の現状

副業としてのデリヘル嬢について

1.デリヘルで働く女性は兼業がほとんど

風俗で仕事をする女性の多くは昼職も行っており、営業時間が長いデリヘルでは特にその傾向が強いです。短時間でしっかり稼げる副業のような感覚で風俗を選ぶ女性も多く存在します。女性の都合に合わせてシフトを決められる・週に1日程度でも仕事ができるため、気軽に仕事ができます。日給35,000円など高収入を獲得できる、働いたその日に給料を獲得できることも、空いた時間で稼げる良い仕事としての風俗を印象付けています。特にデリヘルは24時間など営業時間が長く、早朝・深夜など女性にとって都合の良い時間帯に仕事ができるため、昼職をする女性にとっても兼業として選択しやすいです。

2.OLやアパレルで働く女性が多い

デリヘルなどの風俗店で昼職と兼業している女性の中には、事務職・アパレル・看護師といった職業の方が多いです。これらの業種は給料が低く設定されていることが多く、昼職だけでは日々の生活を送るのに精いっぱいで、貯金などをすることができません。昼職の仕事にプラスアルファの給料が欲しいと考える人が多いので、副業として風俗が選ばれます。この中でもアパレルの仕事をする人は、スタイルの維持・メイクなど美に関する意識が高く、容姿の良い女性を好む男性客からの人気を獲得できます。また看護師は病気や年老いた方などの身の回りの世話をする仕事のため、献身的なサービスを期待できると風俗を利用する男性からの人気は高いです。このようにご自身の昼職の経験を活かして活躍できることも、デリヘルなどの風俗の特徴となります。

3.昼職が休みの日に風俗で仕事をする

昼職と風俗を兼業する女性の生活サイクルは、平日は仕事をして土日祝など昼間の仕事が休みのときに風俗店で働くパターンが多いです。通常の仕事が休みの日に風俗店で仕事をすることによって、平日はOLなどの昼職、休みの日は風俗嬢というメリハリをつけた生活をすることができます。土日祝など仕事が休みの日に風俗を利用する男性が多いので、効率良く稼ぐためにも休日にしっかり働くという方が多いです。ただデリヘルなどの風俗で兼業する女性の中には、しっかり休める日をつくりたい人もいます。このようなタイプは平日の仕事が終わった後に、風俗店で働くというパターンが多いです。事務職の場合は夕方5時など比較的早い時間に仕事が終わるというサイクルのことが多いので、平日の夜6時から終電までという働き方もできます。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP