デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ
濡れやすい体質になるために>

濡れやすい体質になるために

風俗で働くならば、「なかなか濡れない」というのは結構深刻に悩んでしまうもの。
濡れない=気持ちよくない、ではないのに、お客さんに誤解されてしまったら困りますよね。
やっぱり男性客からしてみたら、濡れやすい女性のほうが感じていると思うのか盛り上がるようです。
女のコ自身も、なかなか濡れていないのに指入れされると痛いし、濡れているかおかまいなしに強引にい指入れしてくるデリカシーのないお客さんもいます。
そして、濡れない体質だからやむを得ないのに、自分を責めてしまい落ち込んでしまう女のコも。
とはいっても、濡れようと思って濡れるわけではないので、風俗嬢はどうしたらいいのでしょうか。 男性とキスをしたりスキンシップをすると、リラックスした状態になり、さらに性的な刺激が加わることで、濡れてくるのです。
もちろん、個人差はあります。すぐに濡れてくる人もいれば、なかなか濡れない人もいます。

濡れない原因

では、女性が濡れない原因を考えてみましょう。
第一に、「リラックスしていない」。 濡れにくい体質の女のコは、濡れなきゃとプレッシャーになっていて、リラックスできていないこともあるかもしれません。
風俗は、限られた時間で気持ちよくならないといけないから、なおさらリラックスが難しいのかかもしれませんね。 次に、「体内の水分が不足」。
水分をできるだけ摂るようにする。これに尽きます。水分をできるだけ摂ることは、便秘を防ぐことにも繋がるし、身体にもいいからおススメですよ。
そして、「ホルモンバランスの崩れ」。 不規則な生活やストレスがあると、ホルモンバランスが崩れて、濡れにくい体質になってしまいます。
風俗嬢の仕事柄、どうしても不規則にはなりがちですが、できるだけ早寝早起きを心がけてください。

潤滑油やひとりエッチで濡れるアソコに

この3つを心がけても、なかなか濡れないという風俗嬢へおススメなのが、潤滑ゼリー。
これならお客さんに指入れされても痛くありません。潤滑ゼリーは膣内に直接入れるものなので、「洗い流さなくていいもの」「カルボ系・ポリクオタニウム系の成分」にしてください。
ウェットトラストが風俗嬢の定番潤滑ゼリーのようです。
また、一人エッチも、濡れやすい体になるために欠かせません。
このとき、ローターやバイブを使用せず、指でソフトに触ってくださいね。
自分で触ることで、気持ちいいポイントがわかるし、何よりリラックスしています。
濡れないから」といって、自分を責めたりするのでなく、一つずつ試してみてください。
いつの間にか濡れる体質になっているかもしれません。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP