デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

風俗嬢におすすめ食材

秋と言えば、秋ナス!秋ナスこそ、風俗嬢に食べてほしい一品です。
なすは、カロリーが低くてヘルシーな食材です。
また抗酸化作用があるため、 血液サラサラ・・・今、話題のアンチエージングにもつながりますよ。

風俗嬢は秋茄子を食せ♪

秋ナスが一番美味しい季節になりましたね。ナスの旬は晩夏~初秋です。
現在では一年中出回っていますが、露地栽培の収穫期は7月~10月頃です。
「秋茄子は嫁には食わすな」ということわざにも登場する秋茄子とは、 旧暦の秋を指し、現在でいう8~9月に収穫される茄子のことです。
皮が薄く、実が締まっていて実においしい。
晩夏から初秋はまさに茄子の旬です。
体の熱を下げるというインド原産のナスは高温多湿を好む代表的な夏野菜です が、昼夜の温度差が大きくなる夏の終わり頃から実が締まって美味しさが凝縮すると言われます。
7、8世紀頃に伝来し、日本人の好みに合った茄子は、 奈良時代には既に栽培されていたとされ、現在では100種類を越える品種があります。
ナスの特徴の濃い紫色を、日本では「茄子紺」と呼び親しまれていますが、 世界的には白色、緑色、くすんだ紫色など様々な茄子があります。
風俗嬢のみなさん!知っていましたか? なぜ、「秋茄子は嫁に食わすな」なの?秋茄子がとくにおいしいといわれるのは、 秋になって昼夜の温度差が大きくなり、果肉が締まってより一層おいしくなる からです。
では、「嫁に食わすな秋なすび」――なぜ秋茄子を嫁に食わさなと いうのでしょう。
これにはさまざまな説があります。
 秋茄子は、身が引き締まっていて大変に美味である。 「憎い嫁なんかに食わせてやるものか」姑の嫁いびりの有様。
② 秋茄子は美味だが、体を冷やす作用が大きい。 「子供を生んでほしい大事な嫁が体をこわしてはいけない」 という戒めあった。
 秋ナスには種がない。 これは「子種がない」につながる。 「嫁に食わせて、子宝(跡取り)ができなくなっては困る」 ので食べさせないようした。
④ ナスの花には必ず実がなる。 「親の意見となすびの花んいは、千に一つも無駄がない」 という諺もありますが、ただでさえ子沢山で貧乏しているのに、 これ以上「実がなって」子供が増えては困るから食わせないようにした。
⑤ 鎌倉時代の和歌集に 「秋なすび わささの粕につきまぜてよめにはくれじ、棚におくとも」 とあり、これが「秋茄子は嫁に食わすな」の語源といわれています。
*わささ→若酒・新酒のこと
秋茄子は大変においしいものであるが、体を冷やす作用があるので、可愛い大事な 嫁が体をこわして、子供ができなくなるのを案じて、たくさん食べさせないようにした姑の思いやり言葉、という説をとりたいものです。
おいしいからといって、冷え症の人や、特に体を冷やしてはいけない妊婦さんは 「なす」の食べ過ぎに注意しましょう。
なすの選び方は? 風俗嬢は、外食ばかりで自炊している人は少ないようです。
だから、なすの選び方 なんか知らないというひとがほとんどです。
これを機会になすの見極め方を学びましょう! なすの選び方
・実がふっくらとしており、首までしっかりと太っているものを選びます。
・ヘタが鮮度を見分けるポイントです。色は黒く、筋が見え、トゲが痛いくらいのものが新鮮です。
・皮の色は濃く、ツヤがあって光っているものを選びます。
・なすは水分がたっぷりと含まれている野菜です。
触るとハリと弾力があり、ずっしりと重量感のあるものを選びます。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP