デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

住み込み風俗嬢

住む家がなくても風俗嬢になれるのが、風俗の魅力の一つ。
中には、高級マンションで備え付けの家具まで揃っているところもありますが、ほとんどの場合は店が契約しているアパートが多いよう。
もちろん、家賃は払わないといけませんが、別業種の系列会社で働いていることにしたりと大家さん対策もバッチリなのです。
しかも、家賃を払うといっても、普通に借りるよりかなり格安なので、お得ですよ。せっかく高収入なのに、家賃でたくさんひかれたくないですよね。

住み込み風俗嬢って?

これは恵まれたケースで、寮がないお店の場合は、住み込み風俗嬢になるコもいるとか。
住むところが決まるまで店に泊まるコのことを「住み込み風俗嬢」というのですが、個室内にはほとんど私物を置かないことが多いのでお客さんにも気づかれないそう。
住み込み風俗嬢なので、お金もかからないのでしょう。
家賃ゼロ。ただ、これをみんながやったらお店も困りますね、きっと。

なんともいえない違和感

住み込み風俗嬢をやっているコの中には、CDやら雑誌やらiMACやら部屋に持ち込んでいるコもいるのです。
だけど、その傍ら、部屋の隅には仕事で使うタオルが積まれていたりローションが置かれているわけで、プライベートな感じと仕事の感じが入り混じっている部屋はなんとも中途半端で、違和感を感じるらしいですよ。
これで、昨日の夜ご飯の魚やカレーのニオイが残っていたら、完全に「生活感」を感じてしまうのですが、風俗で働いているコは大体ご飯は外で食べるので、そういったニオイはほとんどないのです。だから、余計なんともいえない違和感があるわけです。

捨てられないプレゼント

そして、部屋に、お客さんからのプレゼントを色々飾っていたら、さらにごちゃごちゃした感じになります。
本当に自分のプライベートな部屋だったら、好きなモノや気に入ったモノだけを飾って、趣味に合わないモノは誰かにあげたり捨てることもできますが、仕事で使う部屋でもあるのでそうもいかないのです。
だから趣味に合わないものも飾ることになり、よりインテリアにも統一性がなくなり、なんとも落ち着かない空間になってしまうのです。
風俗嬢が住み込んだ部屋は、お客さんも落ち着かないと思いますが、 風俗嬢自身も落ち着かないのでは?と感じてしまいます。
やはり、仕事とプライベートは切り離したほうがいいもの。 お金を貯めて、住み込み風俗嬢を早く卒業できたらいいですよね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP