デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルの経営者

デリヘルの経営者って、どんなイメージですか?なんとなくチャラそうとか、 怖そうとかいろんなイメージがあると思いますが、どちらかというとマイナスイメージを持っている方が多いのでは。
実は、一概にそうではないのです。
今日は、そんなデリヘルの経営者が一般的にどんな人なのか、お話したいと思います。

デリヘルの経営者はこんな人

特殊な仕事に思われる風俗ですが、デリヘルの経営者になるタイプは2つあります。
一つ目は、キャバクラのボーイなど水商売からデリヘルの経営者になるタイプです。
二つ目は、ごく普通のサラリーマンからデリヘルの経営者になるタイプです。
後者は意外に思われるかもしれませんが、実は最近多いのがこのタイプだとか。
お金を稼ぎたいという人はもちろん、どんな世界か興味があったという人も。
確かに、この世界は特殊なので、仕事をすることで裏側を見ることができるので、好奇心旺盛な人でしたらデリヘルの経営者をやってみたいと思うのも納得です。

デリヘル嬢のメンタル面をケア

では、デリヘルの経営者の仕事って、どんなことなのでしょうか?
まず、デリヘル嬢をメンタル面でケアすることです。
本番行為を強要される可能性もあるので、妊娠や性病のリスクと常に向き会わなければいけない彼女たちは、精神的に病んでしまうこともあります。
そんな彼女たちのメンタル面をケアしてあげるのも、デリヘルの経営者の仕事なので、忍耐力も必要とされます。
彼女たちがいかに安心して仕事に打ち込めるか、その環境を作ってあげなければいけません。
そのために、彼女たちの話を聞いてあげたり、無理のない勤務スケジュールを組んであげたり、体調管理をしたり。
いわば、マネージャー的な役割ですね。こんなことまでするの?ということもするので、意外と地味な仕事と思った方もいるかもしれません。
さらに、女のコを教育するのもデリヘル経営者の仕事です。
自分が好まない客だからといって手を抜いたりしないように、またはお金ほしさに本番に応じてしまったりしないように教育したり、お客さんに満足してもらえるようなサービスをするように教えるのです。 次に、雑務も大事な仕事の一つです。
そして、雑務と一言で言っても、これがかなり幅広いのです。
広告媒体を決めたり、ウェブサイトの更新、キャンペーンの企画やホームページに掲載する女のコの写真撮影などお店の認知度を高めるためにいろんなことをやっているのです。
一般の会社で、やっていることとあまり変わらない気がしませんか? デリヘルの経営者って、意外と地味で、しかも忍耐力がいる仕事なのです。
見た目だけのイメージでやりたいと思った男性には務まらないかもしれませんが、 それだけデリヘルの経営者はデリヘル嬢そしてお店を支える大事な存在になる人なのです。
なので経営者がしっかりしている店は、デリヘル嬢たちも働きやすく、店をやめるコもあまりいないはず。
デリヘルで働くことになり、困ったことがあったら、デリヘルの経営者に相談してみてくださいね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP