デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

熟女風俗嬢のネック

30代ともなれば、風俗の世界では立派な熟女。
熟女風俗嬢になりたくても働けないという人もいますが、 熟女風俗嬢のネックは、ズバリ、出勤時間帯です。

限られた出勤時間帯

既婚者の熟女は、夜遅くは働けない人が大半。
子供がいるとなると、帰宅時間を考えるとさらに働ける時間は限られてきます。
働きたい熟女は余るほどたくさんいるのですが、彼女たちが働けるお店の数の方が少なく、需要と供給のバランスが悪いのですよね。
熟女だから働けないというより、出勤時間帯がネックで働けないというのが、現状。
30代後半でも40代でも風俗で働いている人は、現にたくさんいるのです。
美人だからとか働いてほしいような人材だから、必ずしも働けるわけではないということ。
熟女風俗嬢のネックは、やはり「時間」なのです。
一般的に、既婚の熟女となると、風俗で働くとしても、10時から14時、遅くとも15時くらいまでがせいぜい。
子供が小さいと15時には帰宅するので、遅くとも14時まで、しかも毎日働くのは難しい。
となると、お店側にとっても戦力にならないし、採用するのは難しくなってしまうのです。
かりに採用されたとしても、女性も大して稼げず、これなら近所でパートしたほうがよほど稼げたということになってしまう。

お店側が望む出勤時間帯

では、熟女で働くとなると、どんな時間帯で働けると望ましいのでしょうか? それは、「遅番」です。
10時から14時くらいの時間帯は、充分すぎるほど熟女が出勤しているのですが、夕方からがめっきりと減ってしまうので、この時間帯に働ける熟女はほぼ採用してもらえるでしょう。
あと、土日祝日に出勤できる人も、ほぼ採用してもらえます。
でも、普通のパートでも、働くのが難しい時間帯ですよね。ましてや風俗になると、さらに難しい。
さらに、近場の店で働くと知り合いに見つかりそうだからと片道1時間くらいの場所で働くと、移動に時間をとられて働く時間が短くなってしまうのです。

風俗で働ける熟女とは?

風俗で働ける熟女には、いくつかのパターンがあります。
まず、一つ目は、子供を託児所に預けられたり、自分の親など預け先があること。
もしくは、子供を鍵っ子にして多少留守番をさせること。
これなら、夕方17時くらいまで働けるので、お店も歓迎してくれます。
そして、二つ目は、旦那さんが単身赴任をしていたり毎日帰りが夜遅い人、タクシーやトラックの運転手の旦那さんで、生活のリズムが違い、子供もいないパターン。
奥さんが昼間何をやっているかわかっていない旦那さんも多いようで、かりに聞かれても、適当に答えておけばそれ以上聞かれないので、風俗で働くのも問題ないのです。
まれに早番でも採用されることもありますが、遅番のニーズほどはありません。
よほどなんでもできるとか強みがないと難しいでしょう。
熟女が風俗で働くには、子供を預けるなどして夕方まで働けるようにするとか譲歩することも求められるということ。根気強く探してみたら、ニーズにマッチした店が見つかるかもしれないので、諦めずにまずは店探しから始めてみてください。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP