デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

風俗のタイプ

風俗には、3つのタイプがあります。
セックスができる風俗、疑似的なセックスができる風俗、射精を伴わないけど性的なサービスをしてくれる風俗。
セックスができる風俗といえばソープや本サロ、疑似的なセックスができる風俗はヘルス、性的なサービスをしてくれる風俗は性感エステなど。
日本の風俗ほど、バラエティ豊かな風俗はないでしょう。
マニアックな性癖の人も満足できるモノから定番モノまで揃っていて、次から次へと新手の店が出てきます。
1980年代に、ノーパン喫茶やのぞき部屋、SMクラブなどが一斉にできましたが、それを機に様々な風俗ができ、今やソープやデリヘル、ちょいの間、ピンサロ、イチャキャバ、韓国エステ、イメクラやオナクラなど増える一方。
当然これだけあると、働く女性の年齢層も幅広く、自分に合った風俗のタイプが見つかりやすいはず。
主婦の方だって、素股も本番もしたくない方も、風俗のタイプがこれだけあれば大丈夫!「これだけはやりたくない」というのがはっきりしたら、ある程度できる仕事は見えてくるでしょう。
まずは、セックスができる風俗・疑似的なセックスができる風俗・射精を伴わないけど性的なサービスをしてくれる風俗だったら、どれがいいか考えてみては?

シチュエーションを楽しむ

セックスそのものを楽しむというより、様々なシチュエーションを楽しみたい、自分の性癖を思い切りさらけ出したいというお客が多いのかもしれません。
本番だけが目的だったら、ピンサロやヘルス、イメクラなどにお客さんが通うこともないですし。
電車の中でのプレイ、寝込みを襲うプレイ…。自分がやってみたいシチュエーションものがある風俗店で働くのもいいかも?
日本はサービスが徹底していますが、風俗でもそうなのかもしれませんね。
それぞれのニーズを掴み、あの手この手で楽しんでもらうよう甲斐甲斐しくサービスをする女性をみると、外国人のお客さんは感動する人もいるとか。
大和撫子魂は、ここでも支持されるようです。

風俗に何を求めているか

お客さんは、色々なことを求めています。
ただ抜きたいだけの人もいますが、癒されたいと思っているお客さんがとても多いのです。
日々仕事で疲れた身体を優しく癒してほしい。自分の心と体を解放したい。
時代の流れと共に、風俗に何を求めるかは変わる可能性もありますが、それを察知して、すぐ取り入れていくことができるお店が生き残っていけるのでしょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP