風俗嬢の子育て

デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

風俗嬢の子育て

風俗業をしていて、子育てをしている人はとても多いのです。
風俗嬢の子育てで一番の 難関は、イヤイヤ期。イヤイヤ期をどう乗り切るかによって、今後の子育てが楽になって きます。
本日は、イヤイヤ期の乗り切り方を伝授いたします。子持ちの風俗嬢は必見です。
ぜひ、この機会にイヤイヤ期の乗り切り方を一緒に学んでいきましょう。

イヤイヤ期とは??

風俗嬢の子育てにとって、ストレスになるのはイヤイヤ期と言えるでしょう。
そもそも、イヤイヤ期とはどういうものなのか?イヤイヤ期を乗り切るには どういうことが必要なのか?一緒に考えていきましょう。
イヤイヤ期とは、一般的に「第一反抗期」と呼ばれ、ママの意見と、子供の意見が ぶつかりあう時期のことを指します。
しかし、これは本当に「反抗」しているの でしょうか?違いますよね。
ママから見たら「反抗」ですが、子供から見たら、 「自己主張している」んです。
だからこそ、イヤイヤ期を私はこう呼びます。
「自己主張訓練期」今までは、ママからの発信(微笑みかけるなど)を受け取って、 笑ったり、泣いたりしていた受動的な赤ちゃんから、自分を表現する事を能動的に行う 「人」になるための時期です。
ママとの意見のぶつかり合い(やりとり)をしながら、 人にも同じ「気持ちがある」ことや、人の意見を聞く事、我慢する事、いたわる気持ち などを学び、自分なりの自己主張の仕方を学んでいく、成長過程にとても重要な要素の 入った時期なのです。
しかし、そうは言っても、毎日ぶつかり合いをしていては、イライラして子供に つらくあたってしまったり、子供といることが嫌になったりしてしまいますよね。
そこで、このページでは、イヤイヤ期を楽しく乗り越えるための、具体的対応方法を お伝えしていきます。この対応方法を知っていて、頭に入れた上で子供との時間を 過ごしていれば、子供と関わるのに必ずイライラしていたのが、「あれ?イライラ しなくなってる」という事に気づくはずです。

イヤイヤ期の対処法

風俗嬢にとって、一番大変なのは2歳くらいの時期だと思います。
2歳になると、 単語で気持ちや言葉を伝えられるようになります。
もっと言葉を覚えたいという 欲求が高まってきます。覚えたての言葉を嬉しそうに何度も言ってみたり、言葉と 意味をつなげるために、「○○?」と色々な物を指差しながら聞いてみたりする ようになります。
またこの時期は、自分で言葉に出せないだけで、話している 内容などはよく理解しているのが特徴です。
そのため、分かっていることと、伝えたい ことのギャップにストレスを感じています。
二歳児に最も多いイヤイヤが、このストレスからくるイヤイヤです。
「伝えたくても伝えられない」ということです。
どう伝えていいのかが分からないので、 ただ泣いたり、指差しなどで伝えることしかできないのです。
そんな時もまた、 前回に話した、「○○したかったの?」「▽▽を取るの?」など、いろいろなことを 聞いてみてください。
一歳児のときよりもこだわりが強くなるので、正解するまで 泣き続けることもあります。
是非、根気よく、聞き続けてあげてください。
それでもだめなら、「そっか、ごめんね。わからないんだ。」と言って、抱きしめて あげるのもありです。
それでもだめなら、最終的には、その場をゆっくり離れ、 子供が自分で納めることができるまで、ほっておいてあげてください。
泣いている子供をほっておくのは心苦しいとは思いますが、成長の一歩だと思って、 勇気を出して離れてみてくださいね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP