デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

風俗嬢と年金を考える

風俗嬢のあなたは、年金をきちんと支払っていますか?
年金は、もらえないから払ってないなんて人が本当に多いようです。
若いうちから、年金についてきちんと した知識を理解していることで、将来にむけてきちんとした生活をしようという 気持ちにもなっていきます。
納税の義務は、国民である風俗嬢の義務でもありますよ。

年金とは??

年金の定義とは、「年金とは、毎年一定額を、年金制度を運営する者が年金をもらえる 資格のある人に支払い続けていく仕組み」とあります。
しかし、一見、単純明快にみえるこの定義は、みなさんに新しい疑問を投げかけるの ではないでしょうか。
例えば、「毎年一定額っていくらなの?」とか、「年金制度って 言ったら国民年金とかのこと?」とか、「年金をもらえる資格って?」などなど。 実は、年金制度は、大きく3つに分けることができ、さらにその中に様々な種類の年金が あるのです。
そして、それぞれの制度や種類によってもらえる年金の額も違えば、 もらうための資格を得る要件も違うのです。
しかも、1人の人がいくつかの年金制度に 加入しているのが普通ですから、自分はいったい「いつ」から、「いくら」年金が もらえるのかを風俗嬢もきちんと理解しておく必要がありそうです。

年金の種類

①公的年金
国が社会保障の給付として行います。
国民年金・厚生年金保険・共済年金などがこれに当たります。
②企業年金 企業が従業員の定年退職後の生活を図るために設けた年金になります。
退職金制度から移行してくる場合が多いため有期年金(年金の支給期間が決まっています。 ちなみに公的年金は終身年金です。)とする制度が一般的です。
代表的なものは厚生年金基金や確定拠出年金です。 ?
(会社によっては企業年金のないところもあります)
③私的年金
個人が自分の責任と計画に基づき老後の所得保障の準備をする年金になります。
生命保険会社等の個人年金保険などがこれに該当します。
こちらは、実際に加入されている方も多いのではないでしょうか。

給付について

ではどんなときにどのような年金が必要になるのでしょうか。
よく「いざというときのために」というキャッチフレーズがありますが、年金が必要に なる場合の「いざ」は長期間にわたって所得を得ることができないときです。
例えば以下のような場合が考えられます。
年をとってしまった場合(老齢)、病気や怪我で 障害者になってしまった場合(障害)、一家の生計を支えていた扶養者が亡くなって しまった場合(死亡)。
各年金制度ではこれら3つのアクシデントに対応して 老齢年金、障害年金、遺族年金が主な年金給付として用意されています。
いざというときに備えて、この年金制度にお世話になるかもわかりません。
きちんと納めることで、後々自分へ返ってくることになります。
将来の蓄えを きちんと考えるきっかけになってのでは??風俗嬢の皆さん! 今から、きちんと納税しましょうね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP