デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

風俗嬢の大敵!紫外線をやっつけろ!

紫外線がお肌に悪いということは、風俗嬢の中でも常識です。
ただ、紫外線が肌にどの ように作用しているのか意外に知られていません。
正しい知識を得ることで、紫外線のケアがより簡単になります。

紫外線とは?

冬でも紫外線に気をつけなければいけないことを、風俗嬢の皆さんはご存じでしょうか?
もちろん、それだけではなく、人は太陽の光を浴びることでビタミンDの合成を促進し、 カルシウムの吸収を助けるため、骨が強くなるのだ。
また、太陽の光がなければ作物や 草花は育たないし、動物や鳥たちも生きることはできない。
これほど恵みの多い太陽の光ではあるが、太陽光の中に人に都合の悪い光成分が 含まれていることが明らかになってきた。
それが「太陽紫外線」なのである。 紫外線は、シミしわをつくり、老化を早めます。
日本でも北と南では、年間の 紫外線量が1.5~2倍ほど違っているので、例えば、鹿児島に住む女性は秋田の女性より シミで約20歳、シワで約6歳ほど早く発症すると言われています。

日焼けの仕組みとは?

風俗嬢は、日サロでガンガンに焼けてる人が多いのですが、日サロに行く行為も 紫外線を浴びているので、もちろん肌には悪いのです。
皮膚は表面から深部に向かって「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなります。
そのなかで、紫外線などの有害な刺激から体を保護しているのが「表皮」です。
この表皮の基底部に存在している「メラサイト」といわれる色素生産細胞が、 日焼けにおいて重要な役割を果たしています。
どんな働きをしているかというと、皮膚が紫外線を浴びると、「角質層」が紫外線を 反射? して、体内に入り込む量を少なくします。
「角質層」をくぐり抜けてきた紫外線は、 さらに皮膚の内部に入ってきます。
それを防御する役割をしているのが、「メラサイト」。 紫外線をキャッチするとメラサイトが黒色の「メラニン」を生産し始めます。
黒くなるのは、メラサイトが「メラニン」を生成しているからなんですね :o
そのため、メラニンが存在すると紫外線が表皮内で吸収され、細胞へのダメージを 抑えることができます。
そして、なんとこの「メラサイト」は、 紫外線を一度浴びたら、 一週間はメラニンを作り続けるそうです。

日焼け止めの仕組みとは?

日焼けの仕組みは、素晴らしいですよね。ただ、できれば日焼けはしたくはありません。
では、なんで塗るだけで日焼けを防いでくれるのでしょうか?
日焼け止めは、2つの働きで防いでいます。
紫外線を反射させている!
日焼け止めには、「紫外線散乱剤」というものが入っています。
紫外線散乱剤は、肌の表面を金属酸化物の粉で覆い、鏡のように物理的に紫外線を反射、 散乱しています。なんと、金属を肌に塗っていたのですね。 おどろきです。
すべてのの紫外線と、可視光線を効果的に反射、散乱するのです。
また、肌へのダメージの 強い赤外線による熱も反射し、肌の適切な温度を保つことにより、熱害から起こる光老化 現象を防ぎます。
紫外線を熱に変えている!
もうひとつ含まれているものが、「紫外線吸収剤」といわれるもの。
紫外線吸収剤は、肌の表面で 紫外線を吸収し、それを熱エネルギーに変え放出する ことで、肌に紫外線が届かないようにします。
こんな仕組みで、日焼けを防止していたとは風俗嬢の皆さんもかなり驚いたのではないでしょうか? きちんとした紫外線の知識をもって、毎日生活していきましょうね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP