デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

仕事が合わないと思ったとき

いざ風俗の仕事を始めてみたものの、思っていた仕事と違っていたとか想像以上にハードと思うこともあるかもしれません。
事務の仕事などでもそう思うことがあるかもしれませんが、風俗の仕事ならなおさらその可能性があります。
スタッフとどうしてもうまが合わない、同じ店で働く女のコたちの雰囲気が悪いという理由もあるでしょう。
なんでもやってみないとわからないですが、風俗の仕事をやってみてどうしてもあわないと思ったらどうしたらいいでしょうか?
「合わない」「やめたい」と思うときは、ついその思いが先行して、衝動的にやめたくなるもの。でも、それはやめましょう。
お店に多大な迷惑をかけます。最低限の社会人のマナーとしても、やめる一ヶ月前までにはお店に伝えなければいけません。
そして、お店に伝える前に本当にやめていいのか考えてみましょう。
一時の思いだけではないか、もう少し頑張ってみようか…と。
それでも、気持ちが変わらなかったら、二つの方法があります。
業種は変えずに店は変える方法と、業種も店も変える方法です。

業種は変えずに店は変える場合

仕事内容は問題ないけど店の環境が悪いというときは、店を変えるのも一つの選択です。
女のコたちから執拗にいじめられているとか店のスタッフから嫌がらせをされているなどの場合は、まず次のお店を見つけてから今の店にやめたい意思を伝えましょう。

業種も店も変える場合

仕事自体が合わない場合は、店も業種も変える必要があります。
もちろん風俗でなくてもいいのですが、お金をためるまではこの仕事と決めて入った人が多いと思うので、せっかくですから貯まるまではこの仕事を続けてみましょう。
まず、何に不満があるのか、何を優先するのかを考えます。
お給料が思ったより低いのが嫌だったのか、ノルマ制なのがプレッシャーだったのか、そこをきちんと見つめることで、次の店の業種も決まるはず。
たとえば、デリヘルの仕事は性病が心配だからオナクラにするとか、ソープは本番がいやだからピンサロにするとか、短期集中でがっつり稼ぎたいからソープにするとか、自分の求めるモノによって選択肢は異なります。
ただ優先順位を決めなければいけません。あれもこれもは無理です。
収入を優先するならばどんなにハードであっても本番アリでも我慢しなければいけないし、フェラもしたくないのであれば収入にはあまり期待できないし。
風俗に限らずどんな仕事でもすべてが上手くいくということは、ありません。
「これだけはというモノだけはゆずらず、ほかのことは譲歩して折り合いをつけていく」。
仕事が合わないと思うときは、そんな考え方で臨んでみることをおススメします。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP