デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

新人として働く際に注意すべき点

どの業界でも始めは誰もが新人です。風俗界でも例外ではありません。では、そんな風俗界で新人として働くときに、どんなところに注意して働けばいいのか。いくつかの注意点を挙げていきます。

お客さんの口車には絶対に乗らない

多くのお客さんは紳士的で優しいかたが多いです。ですが、中には少し悪質なお客さんもいます。

事例としては、本番行為が禁止にも関わらず「本番行為をしないと指名なんてもらえないよ」などと嘘のことを言い、本番を要求してくるお客さん。これはデリヘルの仕事をするとなれば、100%体験すると言っても過言ではなくらい、この事例は本当に多いです。

デリヘルは本番行為は禁止です。もし本番行為に応じてしまうと、これはれっきとした法律違反となります。お客さんも、そしてそれに応じた女の子も共犯扱いとなってしまいます。ただ、女の子の意向を無視して、強要で本番行為をされた場合は、男性だけに罪がいき警察沙汰になることもあります。

デリヘルは本番行為は禁止なので、誘われた場合はきっぱり断って問題ありません。デリヘルで本番行為は禁止というのはわかっている上で、お客さんはそのようなことを言ってきたりします。その後にお客さんとの間で何か問題が起きた場合や、不安なことがあったら必ずお店のスタッフに報告することを忘れないでください。

お店側も働く前にこういった事情はきちんと説明してくれます。特にお客さんに新人と打ち出す場合は、あえて新人ばかりを狙ってくるお客さんもいるので、十分注意をして働きましょう。

性病には敏感になる

新人として働きだした頃は、どんな性病があって、どんなことがきっかけで移るか、まだわからないことも多いと思います。例え、本番行為がないとしても、肌と肌が密着する仕事柄、普通の仕事と比べて性病に感染するリスクは高いです。

また、女性の場合は男性と比べて、性病に感染しても自覚症状がわかりにくいというリスクがあります。放っておくと、子宮関連の病気になったり、子どもを産む際に問題が生じることもあります。

必ずお客さんにシャワーを浴びてもらってから行為を始めるなど、仕事をする際は清潔感を保つように意識しましょう。お店によっては定期的に性病検査をしてくれることもあります。お店で検査をしてくれないところでは、自分自身で定期的に検査をするように注意をすることが大切です。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP