デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

冬に気を付けたいお腹の病気

冬は、感染症が大流行します。その中でも気を付けたいのがノロウィルスです。
風俗嬢も、不特定多数の人と交流するので、特に気を付けなければいけません。
今日は、冬に注意しなければいけないノロウィルスについて色々とお教えしたいと 思います。

ノロウィルスについて

ノロウイルスは感染すると、24~48時間ほどの潜伏期間を経て感染症や食中毒を発症する と言われています。食中毒の場合は前日か前々日の食べ物が原因と考えられます。
おもな症状は吐き気、嘔吐、腹痛、下痢があげられ、37~38度ほどの発熱があります。
ノロウイルス感染は初期に微熱が出ることが多いのですが、大抵は、いきなり辛い症状が おこります。お腹がチクチク痛みだし、やがてこみ上げるような痛みや不快感、吐き気を もよおします。潜伏期間は1日から2日です。
我慢できなくて1日に何度も吐いたという人も大勢います。
吐き気がおさまると今度は下痢が続き、水のような便が出ると言われています。
ノロウイルスは冬場に多い「感染性胃腸炎」の一種ですが、健康な成人男性なら、 幸いにも1~2日ほどの比較的軽い経過で終わり、後遺症が残ることもありません。
免疫力の強い風俗嬢なら感染しても発症しない場合や、風邪のような症状でおさまる 場合もありますが、免疫力の低下した乳幼児やお年寄りの場合は症状が重くなったり、 長引くことがあるので注意が必要です。
ノロウイルス感染は下痢だけでなく、激しい嘔吐を引き起こすのが特徴です。
特に感染した子どもの世話や看病をした人が吐しゃ物などを介して二次感染するケースも 多く、適切に処理して消毒を行わないと感染を広めてしまう危険性があります。
アルコールや高温に対する耐性があり、乾燥や酸にも強く、水の中も平気と非常にタフです。
ノロウイルスに適切に対処するには「強力な除菌効果のある次亜塩素酸水」などで綺麗に 拭き取ることが望ましいです。

ノロウィルスにかかってしまったら

ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤はなく、通常、対症療法が行われます。
特に、免疫力の低い乳幼児や高齢者は脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしない ように水分と栄養の補給を充分に行ってください。
脱水症状がひどい場合には水分の 損失を防ぐために病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。 対症療法で大切なことは、強い下痢止め薬を服用しないことです。
無理に下痢を止める とウイルスが腸管内に溜まり、病気の回復を遅らせることがありますので使用しない ことが望ましいでしょう。
予防法は、感染者の便や吐物には大量のウイルスが排出されますので、二次感染が重要。? 食事の前やトイレの後などには、せっけんを使いしっかりと手を洗いましょう。
タオルなど共用で使用するものを避けることも必要です。
下痢やおう吐等の症状がある 方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。
食品中のウイルスは加熱により感染性をなくすことができます。
食品の中心温度が 85℃ 1分以上になるようにしっかり熱を通して食べましょう。
便や吐物の処理をする時は素手で触らず、必ずビニール手袋を使用しましょう。
汚物の消毒は市販の塩素系消毒剤(漂白剤)を希釈したものを使用してください。
周りの人が感染してしまったら、風俗嬢の皆さんも気を付けながら対処してくださいね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP