デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

風俗嬢が賃貸契約をしやすくする方法

昼間の仕事と掛け持ちで風俗の仕事をやっている分には、賃貸契約のときになにも 支障はないのですが、もし風俗の仕事一本であれば入居審査の時点でアウトになりやすいことが多いのが現状です。

風俗嬢が賃貸契約を断られる理由

そもそも、風俗嬢が賃貸契約で断られやすいのはどうしてでしょうか?
オーナーの立場を考えてみると、オーナーは商売目的なのですからマンションやアパートが満室というのが理想です。
毎月の支払いが滞りそうな人は得てして嫌がられるのも、ごく当たり前といえば当たり前なのです。どんなに「毎月きちんと支払います」といっても、その人が勤めているところがどんなところか、毎月安定した収入があるかを見ているのです。
実際に風俗嬢できちんと毎年確定申告をしている女性は少ないといわれているので収入の確認がきちんとできないし、個人事業主として登録していない風俗嬢は無色扱いになってしまうのでより信用がないというわけ。
さらに風俗嬢というと浪費癖があって毎月きちんと払えなさそうというイメージを持たれたりと、かなり風俗嬢にとって不利な状況です。
そうなると、風俗嬢はどうしたらいいのか悩むところ。
大手の風俗グループであれば高級マンションを寮として住まわせてくれるところもありますが、必ずしもすべての店で寮があるわけではありません。

信用度アップのためにやるべきこととは

信用度アップのために風俗嬢は、「確定申告を毎年やること」「個人事業主として登録すること」が必須になります。
個人事業主として登録するときは、正直にソープ嬢やデリヘル嬢と伝える必要はありません。
審査を通ることが目的なので、モデルとかタレントとかいっておきましょう。
もし心配だったら、同じ店で働いているほかの女のコに聞いてみてくださいね。
確定申告の書類を毎年作るのは大変ですし課税されるので損した気にもなりますが、結果的には自分の信用に繋がるのでお得なのです。

そのほかの賃貸契約の方法

そこまでしたくはないという風俗嬢もいるかもしれませんね。
そういう女のコは、風俗嬢専門の賃貸情報サイトをおススメします。
といっても、若干お値段が高めであったり地域が限られるのですが、審査が通るというのが何よりのメリットですね。
最後に紹介する方法は、寮として入居できるマンションやアパート付きの店に入店することです。
面倒な手続きなどはお店がすべてやってくれるので、とても楽チン。
お店で働いている限りは、そこに住むことができます。
家具も一式揃っているところもあるとか。 風俗嬢によっても、家に何を求めるかによって、ベストな方法は変わります。
とにかく「安さ」なのか「どこに住むか」なのか、自分の譲れない条件を考えた上で、賃貸物件探しをする必要があります。
ちなみにひとり暮らしを始めると、親がどんなところに住んでいるか見にくることもあるのでそこも考慮したほうがいいかもしれません。
どこに住んでいるのかきちんと言わなかったら余計怪しまれるだけです。
賃貸契約は風俗嬢にとってひとつのネックでもありますがまずこれが上手くいけば大丈夫。
いい所が見つかりますように!

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP