デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

入店しても大丈夫な店を見分ける方法

いきなりですが、風俗の求人情報には結構でまかせも書かれています。
確かに正直に、オプションでハードプレイ希望、歩合制などと書いたら、 ほとんどの女性がきてくれなくなります。
まず女のコが面接に来てもらうためには、 求人情報で本当のことをすべて書くわけにはいきません。

口コミ情報を参考にする

といっても、女のコもどこが嘘か、この店が信用できるのかがわからなかったから、応募して面接に行くのも心配になりますよね。
そんなとき、一つの目安にしてほしいのが「口コミ」です。
スマホで「○○ 口コミ」と検索したら、すぐに出てくるでしょう。
お客さん(男性)の口コミも、チェック。本番ナシの店なのに本番できちゃったとか、トラブルが起きていないか、接客態度はどうか、などを確認することで、その店が客観的にどう評価されているかわかります。
ただあくまで参考程度にし、鵜呑みにしないように気を付けて下さい。

求人情報の探し方

ところであなたは、風俗の求人情報はいつもどうやって探していますか? 携帯やLINEの求人情報で探しているという方は、要注意です。
求人情報サイトの高収入系の所から仕事を探すようにしましょう。
なぜかというと、求人情報サイトでは「風俗営業届」をきちんと警察に提出している店しか掲載していませんが、携帯やLINEの求人情報に掲載されている店はきちんと届出をしていないということなのです。
例えば、過去に風俗店を営業していたけど不法行為をして営業停止になった人や、店舗の設備が不完全であったり、未成年だったりとなにかしら問題がある店なので、入店したらあなたの身に危険が及ぶ可能性だってあるのです。
得体のしれない人たちが経営している店ですから、どんな無茶をさせられるかわかりません。最悪の場合、その店で働いていたというだけであなた自身が逮捕されてしまうこともあるのです。そんなことにならないようにするためにも、掲示板の求人情報はスルーしましょう。

男性向けサイトと内容比較

一般的にお店のホームページは、女のコ向けの求人情報ホームページと男性向けホームページのふたつがあります。
女のコ向けのホームページと男性向けのホームページで内容が違っているときは、要注意。
反対に内容が同じであれば、その店は信用できるということ。
福利厚生に関しては女のコ向けのホームページにしか掲載されていないので、見落とさないでくださいね。 最後に判断するのは、自分です。
自分が働くところがどんなところかしっかりと確認し、信用できるところで働きましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP