デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

今後増える可能性アリ!!外国人旅行客専門風俗店

2020年の東京オリンピックに向けて、外国人旅行客も年々増えてきそうですが、それに伴って外国人旅行客専門風俗店も増えそうな兆しです。

外国人観光客の利用を禁止していた理由

これまで日本の風俗店が外国人観光客の利用を禁止していたのは、トラブルを避けるためです。
日本にくる外国人のほとんどが日本語をきちんと理解してないし、加えて風俗店のスタッフや風俗嬢は英語が話せません。
となると、円滑なコミュニケーションもできないのは当然のこと。
さらに、一般的な外国の風俗店は本番アリがほとんどなので、日本でもOKだと誤解をしてくる外国人も少なくないようです。
ソープに限っては本番OKですが、ほとんどの風俗店ではヘルスサービスがメインということをわかっていないのです。
そんな状況でこれまではお店の方も避けてきたのですが、オリンピックに向けて日本にどんどん外国人が来るようになると、これはある意味お店にとってのビジネスチャンスでもあります。
新しいお客さんとしてのターゲットが外国人客なのです。
店舗数が多いデリヘルでは、外国人客OKにしたりするお店も増えてきました。

日本人女性の魅力

なんといっても、日本人女性は海外でも大人気。
「控えめでおしとやかで可愛い」。そんなイメージがある日本人女性は、特に欧米人に人気があります。
外国の女性は体も大きいですが、それに比べると日本人女性は小柄で細くて、なのに胸は大きい女性も多いのは確か。
確実にニーズがある外国人旅行客専門店はこれからどんどん増えて、人気が高まっていくでしょう。外国人でもOKとの女性は、いかがでしょうか。

外交人旅行客専門風俗店で働くなら

英語はできるにこしたことはありませんが、かといって語学力がないと働けないわけではありません。ただ中学校英語レベルは理解できた方がいいでしょう。
ただほかのコと差別化を図るには、英語が話せると強いかもしれません。
そして、もちろんコンドームは必須なので安心してください。
外国から新たな性病をもらうことになったらそれこそ大変なので、マウスウオッシュやシャワーなどもきちんと行いましょう。まだ栄えていないジャンルの店ですが、将来が大いに期待できることは間違いありません。
働くお店がフェラチオありかどうかは、外国人客の場合はかなり大事なポイントになります。
というのは外国人の方が得てして男性器が長かったり大きいことが多いからです。
フェラチオありの店だと、ジャンボサイズのものを加えてばかりということになり、それもかなり大変そう。 外国人観光客にとっては、まちにまっていたかもしれません。
お店が増えるにつれて、外国人観光客の利用も増えるはず。
英語も少し話せるようになるかもしれないし、一石二鳥なので要チェックです。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP