デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

夜泣きでお悩みの風俗嬢へ

子持ちの風俗嬢で、今一番お悩みなのが子供の夜泣きです。
なぜ、そんなに泣くのと 思ってしまいがちですが、実はよくみられることなのです。
悩み過ぎは、精神的にも よくないですよ。
本日は、そんなお悩みに答えるべく夜泣きについて疑問を 解消していきましょう!
夜泣きの原因 毎晩、襲ってくる子どもの夜泣きに悩んでいませんか。
どうして、毎晩続くのか、 もしかして病気なのとか、こんなに毎日だとおかしくなりそうとか考えていませんか? ご安心下さい。
夜泣きにも原因があるのです。本日はそんな夜泣きについてご説明 致します。
大体夜泣きがすごいのは、2歳くらい。
2歳児くらいになると日中の 出来事を記憶するという能力も発達してきますので、当然、いろいろな感情も出て、 大人と同じように「楽しい」「怖い」「悲しい」「寂しい」という気持ちで毎日を 過ごしています。
一人でいろいろな事ができるようになる一方、「感情をコント ロールする」ということはまだまだで、かんしゃくなどを起こしたりしてしまいますね。
この二面性が2歳児の特徴です。夜泣きが激しい子は感受性が豊かで記憶力が良い ので、”記憶”や”感情”が発達しながらも、その感情をうまくコントロールできない ため、たとえ楽しい事でも「怖い夢」になってしまいます。
また、どんどん成長 していく事が”驚き”と”不安”でいっぱいです。
無理もありません。 親は、「赤ちゃんは成長していくもの」と思っていますが、子供はそんな事知りません。
本人にしてみれば「な、なんなんだ~!! この変化は!?」と、日々バージョンアップ していく自分に驚き、不安になってしまうのも無理ありません。
これが夜泣きをおこす原因として考えられます。

夜泣き対処法

やはり、生活リズムをもう一度見直してみることが必要です。
決まった時間に起床し、お昼寝、就寝の時間も同じサイクルになるようにしていきま しょう。
日中に外など明るい場所で適度な運動や遊びをすること適度な運動や遊びをすることも大事。
あとは、夜に音・振動・光などで赤ちゃんの安眠を妨げないこと。
子どもに接するときは常に笑顔で接すること。よくかまってあげて、こどもの前で つらい・つまらない表情をしないことも重要です。
小さい子どもは、1日に約10時間の睡眠を必要とし、寝入ってから約4時間のあいだ(9時から12時ころ)に成長ホルモンが 他の時間の2倍も分泌され、明け方までの間にメラトニンというホルモンが分泌されます。
このメラトニンというホルモンは情緒を安定させる働きがあり、夜泣きに対してはこのメラトニンが最も重要と考えられています。
夜間に目を覚ますと、赤ちゃんの心身の発達における大切なホルモンの分泌が妨げられてしまいます。
赤ちゃんの健やかな 発育のためにも今一度、こどもの生活リズムを整えるようにしましょう。
でも、ここで重要なのは子どもが夜泣きをしたときのママの感情です。
風俗嬢をしているママは、仕事でもストレスを抱えているうえに家庭でもとなったら、精神的に参って しまいます。
もちろん好きなことや運動をする、子供を預けるなど、人それぞれ方法は きっとたくさんあります。ここでおすすめしたいのは、お散歩です。 でも、ただのお散歩ではありません。
子供と同じ低い目線で、いつものお散歩をして みることです。
お散歩のとき、子供といっしょに道端や公園で、子供の目線に なってみましょう。
目線を下げると、大人の目線では気づかない発見が、たくさん あります。
落ちている葉っぱや、木の実の不思議、虫や動物を見つけること。
ママがちょっと景色を見たり、携帯をいじっていると、子供が小さな手のひらに、 何かを握りしめて持ってきてくれたこと、ありませんか?
ママに見てほしくて、ママに分けてあげたくて、その何かを持ってきてくれる子供。
その歩き方や言葉など、2歳になれば「ずいぶん成長したなぁ」、と気づかされることでしょう。
この気分転換と、初心にかえること。そうして毎日少しずつ、ズレてきて しまった、心のバランスを取り戻しましょう

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP