デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

風俗嬢は腱鞘炎に注意!

仕事で手を酷使することが多い風俗嬢なので、腱鞘炎になる人が結構多いようです。
腱鞘炎は、治るのか、予防できるのかなど不安が募ると思いますが、注意さえすれば 完治でき予防もできますよ。本日は、腱鞘炎についてお教えしたいと思います。

腱鞘炎とは??

関節を動かすのは筋肉ですが、筋肉の力を四肢の先端に伝える紐状のものを腱といい ます。
この腱は、腱の浮き上がりを抑える腱鞘というトンネルの中を通っていて、 この腱と腱鞘の間に起きた炎症を腱鞘炎といいます。
親指を反らせたり伸ばしたりする時に使う筋肉のうち、第一伸筋腱区画と いう同じトンネルの中を通っています。素人が簡単に手で触れられるのは 短母指伸筋腱ですが、その下に微妙にもう一本の腱に触れることができます。
この第一伸筋腱区画部分が炎症を起こす腱鞘炎をデケルバン病と呼びます。
このデケルバン病は、風俗嬢に最も多い腱鞘炎になります。
治療方法は、生き物ですから治癒力があるので自然に退いていくのを待つ、薬で強制的に 炎症を鎮める、手術で通過傷害を起こしてる腱鞘を切開すると共に、これまでの炎症で 傷ついた組織を撤去するという方法になります。

腱鞘炎の予防法とは?

予防方法は、いくつかありますので、ご紹介致します。

①冷やす暖める

なんか、痛いと感じたときは、やはり冷やして炎症を鎮めます。
15分~20分くらい が目安になります。暖めるのは、逆に使用後時間が経過した場合。
使用前も温めると よいです。この場合腱だけではなく腱と繋がってる筋肉も温めると効果的。

②動かす

基礎体力は大事なので、動かすことは最大の予防になります。
ウォーキングや筋トレを してください。そして、その前に充分な準備体操をすることをおすすめ致します。
ストレッチや手首を回す、振る、などして血行をよくして筋を暖めると予防効果が高い です。

③定期的な受診

仕事に支障をきたすようなときはステロイド注射を打ってもらう。
それ以外のときは完全な予防&悪化防止。痛みが出たり筋肉が張っていたり すると、その場所がどういうときに使う筋肉かを説明してもらう。

④キーボードやマウスの使用は避ける

同じ体勢を維持することで起こりやすいので、どんなに人間工学考えてますってデザインの 商品でも、こういうかっこうで持たないと使えませんって融通の利かないデザインは よろしくないです。なお、キーボードも製品によって無駄な力を要するのものもあり ます。
キーボードに限ったことではないですが、ちょっと疑問に思ったら我慢して使わず に違う商品を探してみてください。日々のビミョーな無理が大きな被害をもたらします。

⑤固定する

よりもっとお奨めは、腱をサポートしながらも動きを完全に束縛しないテーピング。 キネシオロジーテープを使います。薬局に売ってます。

⑥整骨院へ行く

固定なども詳しいので、マッサージがてらテーピングの仕方を聞くのもいいかもしれ ませんね。

⑦湿布や塗り薬

整形外科でもらった湿布や薬を使うのもいいですよ。
ただ根本的な治癒にはつながりません のでご注意を。
風俗嬢の皆さん、いかがでしたか?やはり、使いすぎは何でもよくないですよね。
ご自身の生活スタイルをもう一度、見直しましょうね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP