デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

今話題!トリガーポイント!

今、トリガーポイントが話題になっていることを、風俗嬢の皆さんはご存じでしょうか??
肩こりや腰痛は、もちろんのこと自律神経にも、このトリガーポイントを使った治療法で大幅に改善するということも。 本日は、このトリガーポイントについて、一緒に勉強していきましょう!

トリガーポイントとは??

「トリガー」というのは文字通り「引き金」という意味で、ピストルの引き金を引くと、 弾が遠くまで飛ぶように、トリガーポイントを押すと痛みをそこから離れた部位で感じる事から名付けられています。
これは神経の走行とは関係のない所で痛みを感じるため、「神経痛」ではなく「関連痛」と呼ばれています。
トリガーポイントが起こすこの「関連痛」が、医療機関をはじめ、痛み医療に関わる方に知られていないため、痛む場所への治療に終始することとなり、長年痛みで苦しまれている方が多いことの背景となっています。
トリガーポイントの特徴のひとつとして「関連痛」を引き起こすという現象があります。
これは痛んでいる場所に原因となるしこりが見あたらず、痛む場所とは離れた所に原因となるしこりがあるという現象です。
また、この関連痛はそれぞれの筋に特有のパターンがあり、筋だけでなく、腱、靭帯、骨膜および皮膚の刺激によっても生じる事を報告しています。
トリガーポイントには、自発痛がほとんどありません。
痛みの多くの発生源は、関連痛を感じる部分から離れた場所に存在します。
例えば、頬が痛むというときに、ヒラメ筋のトリガーポイントを緩めることで、痛みが緩和するなんてことも・・・。これが、トリガーポイントの理論です。
「関連痛」が生じ始めますと、痛みを感じている領域の筋肉も影響を受け、トリガーポイントが形成されて行きます。
二次的なトリガーポイントが生じ、またこのトリガーポイント が関連痛を起こし始めると、三次的なトリガーポイントが生じてきます。
このように痛みが痛みを呼ぶという連鎖が始まりますので、痛みの元を早期に治療する必要があります。
しかし、関連痛の概念が無ければ、痛むところだけの治療となり、痛みを起こしている元へのアプローチがなされないため、痛みが拡がって行くことになります。

なぜ、トリガーポイントができるのか?

筋肉を過度に収縮や伸張させる事や外傷などによってできる微小な損傷が元になります。
また同じような動作を繰り返すことやずっと同じ姿勢を維持するなどでも、特定の筋肉を収縮させることとなり、エネルギーが不足し、筋肉が虚血(血液が足りない)状態となりトリガーポイントが形成されます。 トリガーポイントの治療法は、

①トリガーポイントに直接アプローチする方法

②トリガーポイントを含む筋・筋膜全体にアプローチする方法

③筋の神経的作用を使ったりバランスを整えるなど、間接的に治療する方法

などがあります。
今、注目されているのが、直接トリガーポイントにアプローチする方法として、局所麻酔注射や鍼治療です。
局所麻酔注射は筋筋膜性疼痛症候群(MPS)による疼痛の緩和において、まず第一に 選択すべき治療法と指摘する研究者もおられます。
これからは、トリガーポイント治療が主流となりますね。
風俗嬢の皆さんも、ぜひお試しくださいね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP