デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

クレームを受けないために!デリヘル嬢としての適切な対応

デリヘルのお仕事はホテルやお客さんの自宅に派遣システムで接客を行うため、接客面は重視されます。
接客だけでなく、プレイに関しても疎かになってしまうとクレームの発端になってしまいます。
なるべく避けたいクレームですがクレームを受け続けてしまうとお店に影響が出てしまうほか、自分自身の評価も低下してしまいます。
質の良いプレイ時間を提供しなければなりません。
クレームに発展してしまうとどのようなトラブルにつながるのでしょうか? 今回は、正しいクレーム対応についてご紹介していきたいと思います。

プレイの手抜きやはクレームのきっかけに…

お客さんのクレームで最も多いのが、接客態度やプレイ中のサービスの手抜きが目立つケース。
業務的な接客がマイナスということはありませんが、決して安くはない料金をもらっている以上、お客さんにはプレイ料金以上のサービスを提供しなければなりません。
お客さんに2人きりの時間を楽しんでもらうためにも、サービス精神も重要になってきます。
お客さんの立場から想像してみてください。
せっかくお店に来たのに、店員さんにそっけない態度や心のこもってない接客を受けたらどうでしょうか?「もうこのお店には来ない」となることもありますよね。
このようなことがあると、お互いが良い気分にもなれませんし、クレームの発端にもなります。 

過度なパネルマジックはNG

お店のホームページや受付で在籍している女性のプロフィール写真(パネル)を過度に加工するのはマイナス。
あまりに実物とかけ離れていると、実際に会ったときにクレームが来てしまうことがあります。
チェンジを求められることも少なくないのだとか。
ある程度の加工であれば問題はありません。
お店のスタッフと意見交換をして、自分が売り出したいキャラクターを定めることで未然にクレームの対応ができます。

デリヘルでクレーム対応するにはどうしたらいい?

デリヘルのお仕事はサービス業だということを忘れてはいけません。
大勢の女性のなかから自分を選んでくれたのだから、接客には真摯に取り組む必要があります。
お店のスタッフがいなくてもできる簡単なクレーム対応としては、イヤミなことや不満をもらしてくるという人はさらりとかわすことです。
相手にも嫌な思いをさせないようにする言葉が使えるかどうか、サービス業では大切なポイントになります。
深入りせずに笑顔で話すことを意識するだけでも、相手に嫌な印象を与えません。
自分が嫌だと感じても笑顔でさりげなく流すということも、デリヘルで成功させるコツにつながる場合もあります。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP