デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルで彼バレ対策はできるの?

近年アリバイ対策が徹底的にとられるようになったデリヘル業界で、彼や旦那がいても「彼バレせずに」デリヘル嬢デビューをする女性が増えています。
何かしらの理由ですぐに大金が必要になったり、収入が足りないなどさまざまな理由ではじめます。
しかし、万が一彼バレしてしまったら2人の関係に支障が出てしまう…というリスクを背負っている方がほとんどでしょう。
では安心してデリヘルで稼ぐためにも、どうやって彼バレ対策をすればいいのでしょうか・・・?

アリバイ対策万全のお店に入店する

デリヘルには、お店で働いていることを家族や彼、知り合いにバレないようにお店側が対策をとってくれる「アリバイ対策」というシステムがあります。
このアリバイ対策は、お店によって数多くの種類が完備されています。 主な項目は以下の通りです。

*一般会社の名前での名刺の作成

*アリバイ会社における給与明細の作成

*店内の受付でのモニター確認

このようにアリバイ対策が完備されているデリヘルに入店することで、彼バレのリスクを最小限にすることが可能になります。
心配事を抱えたままお仕事をするよりも、安心してお仕事がしたいですよね。
アリバイ対策が完備されたお店は面接の際に、どんな待遇があるのかスタッフに聞いておきましょう。

備品や名刺を持ち歩かない

デリヘルの場合、オプションなどプレイで使用するローションやバイブなどの数々の備品が必要になることがあります。
これらが万が一プライベートで使うカバンに入っていた場合、見られてしまうとすぐにバレてしまいます。
特に相手が彼となると、 「こんなのいつのまに買ったの…?」 「どこで使ってるの?」 と疑われてしまい、訂正がきかなくなってしまいます。
その他にもお店の名前が入った名刺が財布などに入ったままでは、ふとした時に見られた場合言い逃れはできません。
お店で使うものは外に持ち歩かず、お店のロッカーや自宅の見えないところに隠しておきましょう。

スマホやPCの観覧履歴

意外に見落としがちなのが、スマートフォンやパソコンのブックマークや履歴。
シフトの確認などで、勤務先のデリヘルのホームページなどを確認したあとに注意しましょう。
普段の会話でもスマホを一緒に見たりするシーンがあるかと思います。
なにかのきっかけで観覧履歴を見られてしまっては、彼バレにつながってしまいます。
いかがでしたでしょうか? 彼バレ対策は、自分の不注意で起こるもの。
無意識の範囲内の部分もありますが、しっかりと徹底することで対策をとることはできます。 細かいところで感づかれてしまわないように、ぜひ参考にしてみてください。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP