デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

人前で緊張しないためにあがり症にならないための対策

お客さんの前で緊張してしまうことはありますか?
特にデリヘル初心者の方は、お客さんの前で緊張してあがり症になってしまうという方が多くいます。
接客するお客さんも初対面の場合がほとんど。
新鮮なプレイをするには多少の緊張も必要ですが、円滑にお仕事をするためにもある程度は落ち着いて接客をしたいところ。
今回はお客さんの前で緊張してあがり症にならないための対策をご紹介していきたいと思います。

質問をしてお客さんにしゃべってもらう

緊張していては、初対面の相手とはコミュニケーションをとることは簡単なことではないはず。お部屋で対面しても何を話したらいいのか分かりませんよね。
最初のうちはお客さんとの距離を縮めることからはじめるため、無理にその場を盛り上げようとしなくてもいいのです。
あいさつと自己紹介が終わったら趣味を聞いてみたり、休日はなにをしているのか、世間話やテレビの話など…。
思いついたことを投げかけてみれば、思わぬお互いの共通点が見つかるかもしれません!

知ったかぶりはNG!

デリヘルは客層が幅広く、平均的に30代〜50代のお客さんが利用します。
プレイ中心とはいえ、年代が離れているとトークの内容に困ってしまうことがあることも少なくありません。
もしも自分が分からない内容の話でも、興味をもって話を聞いてあげることが大切です。
ここで話を合せようと知ったかぶりをしてしまうと信頼性にも欠けてしまいますし、逆に相手に気を使わせてしまいます。
すぐにボロが出てしまいますから、「それってどんなものなんですか?」と積極的に知ろうとすることがポイントです!
お客さん側としても「興味を持ってもらえて嬉しい」と会話に花が咲きます。

無理に演じるのではなく、あくまで自然体で

デリヘルでは自分を売り出していくためにキャラクター作りをすることも必要になります。しかし、無理にキャラクターを演じていては意味がありません。自分が最も自分らしくいられるお店に入店することが第一です。

緊張して作った笑顔よりも、自然に出た笑顔の方が可愛いに決まっています。
「失敗したらどうしよう」という気持が失敗を呼んでしまうこともあるように、常にポジティブでいることもデリヘル嬢のスキルとして必要です。
あなた自身のステキな笑顔が、あがり症を克服する対策のひとつです。気負いせずに平常心でいることが、あがり症にならないための一番の方法かもしれません。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP