デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルでタバコを吸うデメリット

あなたは日常的にタバコを吸っていますか?
世代に関係なく、タバコを吸っているという女性は多いかと思います。しかし、デリヘルのお仕事をする上では当然ながら接客中やプレイ中の喫煙は禁止されています。
気分転換やストレス解消になる反面、タバコを吸うと健康被害も広がってしまうのも事実。
あまり知られていませんが、デリヘルのお仕事をする上でもいくつかのデメリットが生じてしまうのです。

①タバコによる口臭や洋服に染み付いたニオイ

デリヘルではキスや全身リップ、フェラなど口を使ったプレイが多数存在するため、お客さんと顔が近付くというシーンは多々あります。
このとき、女性の口からタバコの臭いがしてしまってはお客さんは幻滅してしまいます。
長期間タバコを吸い続けていると、口内に染み付いてしまったヤニが口臭の原因になってしまいます。積み重ねてしまったニオイを取り除くのは難しく、日頃からの口内ケアが必要になるというデメリットが…。

タバコを吸ったあとは口をゆすいで歯をみがき、口内洗浄を行って口内を清潔に保つように意識しましょう。

②指名の数が減ってしまうことも…

デリヘルに来るお客さんは色々なタイプの方が来店されますから、その中にももちろん「タバコが苦手(嫌い)」という方もいます。
最近では世間的に禁煙を推奨している背景もあって、喫煙者=マイナスイメージになってしまいます。
デリヘルでもお店によってはホームページ等の女性プロフィールに喫煙しているかどうかの情報を公開する場合が多くなってきており、喫煙者の指名率は非喫煙者よりも低くなってしまうなどの結果が出ています。
もちろん「タバコを吸うことが原因で全く指名が増えない」ということはありませんが、非喫煙者の方が健康的で清楚な印象が高く指名率も高いということがあるそうです。

③肌荒れやシワが増えてしまう

タバコを吸うことでデリヘル嬢の方にとってデメリットになってしまうのが「肌荒れ」。
お客さんと直接関わるため、やはりデリヘル嬢としての容姿も求められるので、顔がやつれていたり疲れていては好ましくありません。
目じりのシワが目立ってしまったり、乾燥肌になってしまいほうれい線が目立ってしまうこともあります。
せっかくメイク等で綺麗に仕上げても、このような肌荒れや症状があってはお客さんに良い印象は与えることはできません。
タバコを吸うにしても本数を減らしたりケアを行なうなどして、上手に付き合っていくことが大切です。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP