デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

汗やムレは大丈夫?体のにおいが気になる時の対処法

気温の上昇が進み、汗をかきやすい時期になってきました。家を出て目的地に着くまでのわずかな間にドッと汗をかいてしまうという女性も少なくないはず。
人は体温調整のため汗をかきますが、この汗はデリヘル嬢にとって天敵になってしまいます。
「プレイ中お客さんににおいが伝わってしまったら…」
「汗だくってバレたら恥ずかしい…」
こんな汗の悩みを持ったことは多いのではないでしょうか?
お仕事中の汗のにおいを解決するためにも、今回は体のにおいを抑えるための対処法をご紹介していきたいと思います。

①汗をかいたらタオルでこまめに拭き取る

汗は人間の体温を調整するためにかくもの。
一般的にかいた汗はエクリン腺という汗腺からでてきます。このエクリン腺から出る汗は、かき始めの段階から臭うということはありません。?
皮膚に汗がついた状態で時間がたって、その汗に皮脂や垢が混ざり雑菌が繁殖することで、汗のにおいとして広がっていきます。
汗に雑菌が繁殖して、体臭へと変わる時間はおよそ1〜2時間とされています。
これを防ぐためにも1〜2時間ごとに汗をタオルで拭きとると、汗のにおいを抑えることができます。

②制汗剤やスプレーを利用する

デリヘルのお仕事をしていると、プレイ上お客さんとの距離は近くなります。お互いが近付いたときに「この子、いいにおいだな」と思わせるためにも、におい対策はしっかりとしておきましょう。市販の香りのある制汗剤や汗拭きシート、スプレーなどでも充分対処できます。
汗をかきやすい体の部分にスプレーをかけておいたり、制汗シートで拭き取るだけでも大きく違います。
好みのにおいのものを選び、常に清潔にしておくことが大切です。

③通気性の良い服を選ぶ

汗のにおいは着る衣服の素材に深く関係します。
日常的に見かけることの多いポリエステルなどの繊維には水分がたまりやすく、脇汗など部分的な汗がたまってしまいがちです。
綿を使用している服は、吸湿性が高いですが速乾性には長けていないと極端なものも。
衣服は自分の肌にあったものを選ぶことが大切ですが、最近では着心地の良いに優れた商品が出ています。
汗が気になる場合は、こういった服を出来る限り着用しましょう。
タイトな服装であると汗がこもってしまいやすいので、汗が蒸発しやすいようにできるだけゆったりした風通しのよい服を選ぶことをオススメします。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP