デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルで気をつけたい爪のケア

プレイのなかで直接肌に触れる機会があるデリヘルでは爪のケアが欠かせません。デリヘル嬢としてキレイでいるためにも、日頃から爪をケアしておくことは大切です。
デリヘルのプレイでは肌だけでなく顔や胸、男性器を触れるので、肌を傷つけてしまう可能性も少なくありません。お店でトラブルを起こさないためにも、爪のケアを行ないましょう! 今回は「正しい爪のケア」についてご紹介していきたいと思います。

爪のケアは保湿が効果的

デリヘルでも求められる爪のケア。最も効果的な方法は「保湿」です。爪が乾燥したままにしておくと二枚爪を引き起こしたり、爪が割れてしまうことも少なくありません。主な保湿方法は指と爪に肌に合ったハンドクリームを塗ったり、キューティクルオイルを塗ることで簡単にできます。
爪が乾燥したり弱っているときにマニキュアをすると悪化してしまうので注意が必要です。 仕事などでしないといけない場合は必要最低限にして、マニキュアを落とした後のケアをしっかりするようにしましょう。洗い物などの水仕事をするときはゴム手袋を着用するなどして、水仕事の後もしっかり保湿することが大切です。

こまめに爪を切ることが大切

正しい爪のケアとして特にポイントになるのが、「爪の切り方」です。爪が伸びるスピードは成人を基準とすると1日に0.1mm前後と言われています。
爪を切るタイミングは人それぞれ違いますが、切るタイミングは正式に決まっていません。
ベストなタイミングとしては、爪先の白い部分が1mm以上伸びていたら切るのがオススメです。爪の間にゴミや汚れがつまっていては清潔感に欠けてしまいますし、お客さんに対しても良い印象を与えません。伸びきってしまわないように、こまめに爪を切るようにしましょう。

爪の切り過ぎに注意!

爪を切るとき、最も気をつけたいのが爪の切り過ぎ(深爪)です。指先の肉よりも爪が短くなってしまうと、巻き爪や陥入爪といった症状になってしまうことがあります。白い爪の部分は全部切ってしまいがちですが、少し残しておくくらいの長さがベストです。

また、爪の角を短く切ってしまうことも巻き爪や陥入爪になりやすくしてしまうため、やらないようにしましょう。爪のケアをするときは、乾燥を防ぐためにお風呂上がりにすることをオススメします。

いかがでしたでしょうか?
デリヘルのお仕事をするときに意外に見られている爪。細かなところまでケアすることで、お客さんにも清潔な印象を与えることができます。日頃から爪のケアを心がけて、気持ちよくお仕事をしましょう!

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP