デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

子供の情緒の育て方

子育て奮闘している方にとって、こどもの育て方には四苦八苦している日常だと思います。特に1~3歳のお子さんをお持ちの方は、とても大変だと思います。いやいや期も真っ盛りでもあるので、対処に苦労することもあるのでは??
そこで本日は、子供の情緒についてお話したいと思います。子供はまだ!という方にとってもきっと今後役立つ知識になります!

子供の情緒を育てるには??

子供の情緒は、1~3歳の間に変化するとされています。それぞれの発達段階として、大事なことがあります。それは、親の指導と制限の必要性となります。
子供によい行動と悪い行動の区別を教えて、自分の感情を理解しコントロールできるようにお手本を見せることが大事になります。そうしないと、子供は自分の強い感情を持て余してしまうのです。特に子供は強い制限や限界に直面してしまうと不機嫌になって、感情の暴走を経験します。子供は、一旦感情が暴走すると何が起こっているのかを理解できずに、気持ちがどんどん止める力がないのです。当然ながら、感情が暴走しやすい子供は、社会的にもはみだしっ子になりやすいのです。誰でも思い当たることだと思います。
自分の気持ちをなだめたり、どういうふうに向き合うのかを教えなかった結果です。最初から人より感情が高ぶりやすいという子供もいます。感情の暴走は、慢性的ないじめにつながりやすかったりもしますので、注意が必要になります。いじめこそ、コントロールされない感情の暴走が他人に向かったものなのです。
いたずらを叱れば素直に聞きます。自分のものを喜んで貸せるし、他の子におもちゃを差し出したりもします。家ではたとえば、おもちゃの片付けのような親の頼みにもぐずぐず言わずすぐやります。こういう子は、リーダーの気質があります。自分で求めたりしなくても他の子供達が自然に惹きつけられるのです。子供の社会生活を心配する必要はありません。とても自然に状況に応じて適応します。一方、家庭では平静で、怪我をしたり、疲れたりした時以外は必要以上泣いたりしないという子供もいます。他の子達のことも注意深く観察しています。自分のおもちゃをいじめっこが欲しがれば、他の子がどんなふうに脅かされたかをみているのですぐに渡します。敏感な子ほどは怖がりではありませんが、どういう状況かを親が見てあげる必要がありそうです。
他の子や新しい環境に慣らすときは、まず子どもと一緒にそばでみるようにします。子供がひとりぼっちだからといって、親が心配を口に出さないことです。

子供の情緒を育てるには2??

他にもあります。子供の特性を考慮した情緒の育て方。なかにはデリケートな子もいます。些細なことで感情を乱れさせてしまいます。そういう子は、赤ちゃんの時もよちよち歩きになってからも、まだ抱っこされている子供がそうです。新しい環境では、親にひっついているのが好きです。遊びブループでは、ママの膝に座って他のこどもを眺めています。なかなか交流しようとしないし、なかなか泣き止みません。他の子が近寄ってきたりしても、おもちゃに手を出したり、親がよその子に注目しただけでも機嫌が悪くなります。めそめそしがちで甘やかされがちです。とても感情をかき乱されやすいので、怒りっぽい子もいます。こういう子には、親がじっくり時間を与えて、新しい環境に慎重にならすことが大事です。
また、自己主張が強くて、攻撃的な面が強い子もいます。幼児は何でも自分のものと考えがちですが、このタイプの子はより強くそう思うのです。強くても体も器用に使える特徴があります。欲しいものを得るためには、叩いたり蹴ったりと力を使えばいいとすぐにわかるようになります。親が一人締めしないようにいうと、泣きわめいてしまうということもあります。そういう子には、活発に遊ばせてエネルギーを発散させることが大事です。何が子供を暴走させて、コントロール効かなくなるサインは何かを親がよく知って、かんしゃくを起こさせないようにすることを念頭において接しましょう。癇癪を起こさせないことが何よりも重要です。しつけには、よく応えるのでよい行いにはよくほめてあげてください。このように、子供の情緒を育てるには、こどもの性格を理解することが何よりも重要なこととなります。
大変だと思いますが、今しかないこの時期のお子さんの成長を楽しみながら、子育て頑張ってください!

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP