デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

いざ!という時に知っておきたい!医者見分け法

今や病院はセカンドオピニオンはあたりまえですよね。急病で医者に行かなければいけなくなったときに、やはり困るのはどこの病院がいいのかという事ではないでしょうか?
そんな時に役立つ、自分に合ったお医者様を見つける方法を伝授します!

いい先生とは??

病気はあっても、先生の対応をよければ、その先生を信頼しますよね。
その信頼こそが症状を和らげることもあるのです。お医者様がみにつける道徳して、病気や薬の知識を有するとともに、品行方正なものでなければいけないとなっています。
治療をするにあたり、人の満足を得られてこそいいお医者様といえます。
もし、医学に長けていても、人に対して寛大な心を持っていなければ、誰もその医者を信頼しないでしょう。それは、医者の知識は意味を持たなくなってしまうのです。
そして、誰も相談や治療にこなくなってしまいます。
だから、医者は品行方正でなければいけないのです。
医者に必要な事とは何なのでしょうか?皆さんと一緒にみていきましょう。
①患者に対して慈愛がある
患者は大なり小なり精神的な不幸感に見舞われている。そのため、患者は医師に出会ったら、救いをもとめて頼ろうとします。
また、自分の症状を明らかにする医師の説明に耳を傾けるのです。そんなとき、慈愛がある医師であれば、患者は喜びを感じ、幸福感に満たされるのです。
これにより、患者の症状も軽減されていきます。 
②利益を考えない
もちろん、必要な利益であるなら歓迎しなければいけません。しかし、作為的に患者を騙して儲けるようなことがあっては本末転倒ということになります。
誠実な医師であるなら、利益より患者の病気をみるべきなのです。
③ほら吹きにはならない
自分の知識以上のことを得意げに話すもの。自分がどんな病気を治したかでっち上げあげる。
どこにいっても自慢するもの。知ったかぶりをして物をいうものは、患者の信頼を得ることはできません。
④自分の無知を隠さない
医師は、患者に対し、症状を検討し、どんな病気であるか、何が原因か、治療はできるものなのか、病気は治るのかどうかを把握して診察しなければいけない。
患者は、その医師自身の知識と能力による治療をうけるのです。
もし、その医師が治療できない病気の場合、または治療に対する知識が足りない場合は、患者が他の医師を探せるようにその旨を告げなくてはいけません。
⑤他者の良い行為を隠さない
もし、他人の称賛を耳にしたら、これを褒めるべきである。相手がこちらの褒めた態度を知った時、こちらに友好的になるであろう。
こういう善徳は、人の集まりの中で伝わるものである。
⑥利益を他者に惜しまない
患者の治療にあたり、自分ひとりで治療ができないときは、たくさんの人に協力してもらうことが必要となります。
⑦恐怖やはずかしさを感じる
常に恐怖心を抱くことで、1つ1つの出来事を丁寧にこなすようになります。また、謙虚さも大事にするために、横柄な態度はしなくなります。
⑧心の中で熟考する
患者を診るときは、総合的に考えて診断する。薬はよく注意して処方する。系統だった知識にあてはめ、すべての事象に確信を持つ。
⑨酩酊しない
これはもちろんのことです。飲酒や大麻、賭け事はいけませんね。
この行為は、誰でも自己を失わせてしまいます。これらの習癖から避けるために
誠実な性格を常に備えましょう。いかがでしたか?医師だけに当てはまることではありませんよね。
お医者さまも人間です。そして、私たちも・・・・。人間として、誠実にいきていきましょうね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP